I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

私のFX歴

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
どうもイズです。ようやく自分のコンテンツ作りが進めるようになりました。つくろうと思って作れなかったFXに関しての固定ページです。
いろいろなことをふらふらしてまたFXに戻ってきました。
さて、僕の20代前半はマーフィーの自己啓発本ばかり読むやつでした。とりわけなにかしたいけど何をしたらいいかがわからないという困った奴で本屋に入り浸っては自己啓発本を読みあさる毎日を過ごしていました。
そんななか、ある一冊の本が目にとまります。「FXで月100万円儲ける私の方法」という本を手にしました。この時FXというものを初めて知りました。この時に家にあった一体型デスクトップにFXのシステムをダウンロードして初めて為替というものをやり始めました。25歳くらいの時です。
しかしながら結果はなんとなくしかできずやめる。なんとなく減らすのと当時札幌で交通誘導員してた月給15万をなくしてやめてしまいました。。。。ゴールデンクロスでdeathってしまっていました。。。本には勝てるって書いてあったのに・・・

その後一旦副業を作ることをやめてオーストラリアワーホリに

ワーホリから帰り、何を本気でやるかを決めるためにせどり、FX、アフィリをかじったうえで本気でせどりに取り組むも1年で燃え尽きる。在り方としてあってなかった。「検索行為はおやめください」という店員に敵意をむき出しにしてせどってた。あれはだめだよ。40,50にもなってそんなじゃタダのクソジジイでしかないから
物の数とその商品によって多少行動範囲が狭まるのとお金がないけど出ていき続けること、梱包と発送作業が嫌だから辞めました。実家の6畳間がダンボールで埋まり、そこで寝て、ものに囲まれる生活は嫌で、会社作って倉庫を作った人もいるけどそこまでやる気がない自分がいました。
その後起業コンサルとかに手を出し情報商材売るけど全く売れず(笑)
一旦普通の人並みに戻る努力をしました。

でも体を拘束されて稼ぐ収入ともう一つの収入っが欲しくなった

FXに戻ってきた理由として、せどり塾みたいにノウハウ晒してもそれをした人が死なないから。
せどりは「こんな商品売れますよ」ってせどりコミュとかサークル内でやっちゃうとそこの講師や周りの人がそれをアマゾンに送るから結果として値崩れして自分も死ぬんです。
FXはそれしてもできる人はできてできない人はできない。そのノウハウを公開した人も、公開したことによって損害出ませんからね。

 

 

今までのように我流でやらないことを念頭に置く。一つのことに絞り、やりきり、深く掘ることをする

 

 

今までもFXの本はかじってきましたが、純粋にローソク足に関して書かれた本やローソク足をもとにしてエントリーをする、決済をするなどの具体的な本はなかったです。

 

僕がこの本を見るまでに出会った本はオシレーターを基本二つ以上表示させて、それらの買いすぎや売られ過ぎのオシレーターが揃った時にエントリーというもの以外を見たことがなかったんです。

 

 

この本を見たときに確かになー、っていう程度のものの見方しかできなかったんですが、何度も落とし込むことを試みてくると、読み解けなかったマーケットの魔術師とかの内容が腑に落ちてきます。過去におそらくこの本の理論ぽいことを感覚的に言ってた人っていたと思います。ジェット証券?だったかな・・・

 

今はもうない証券会社ですが、南緒トレードっていう古い本だったと思います。借金をFXで全返済したっていうある種のFXカイジみたいな人です(あくまで僕の主観)

 

平均足を4つくらい表示させて、その平均足の直近の色が揃ったらその方向へエントリーっていう感じのことを書いてあったと思います。後にこの人はディーラーとしてスカウトをされたと本の中で言っていました。日足レベルの押し目を待ってそこらへんでローソク足を短時間のものに落としてエントリーをしていくと、この理屈がなんとなくわかってきました。順張りって奥が深いんですね。

 

 

あとこの本を読むまでは60分足とか、短い足のローソク足も同じ通貨の値段を表示させているはずですが、正直言って同じ通貨の値段としてみることができなくて、別物と考えてしまっていました。でもこの本を見て、短時間足と日足や週足の長時間足の関係性がなんとなくわかってきたのでものすごく重宝しています

 

 

FXは僕にとって空家を買っていくための一つの収入源になるまでやっていきたいものです。今は20万から12万円くらいまで減らしてしまいましたが、将来は50万を元手にFXに取り組みたいです。

 

 

【勝率87.5%】鉄壁FX 月収35万ディフェンス強すぎトレード

 

 

トップへ