ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

11/1ふと~思ったこと

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

俺ってクリスチャンじゃないんだど、一時期聖書にハマった事があるんだけど、精神的に弱くなるとこう言う宗教にすがるというのは本当っぽい。

でもふとおもった。 有名な所だけだけど、イエスは敵を愛するために敵の鎧を持って2マイル余計歩いたらしい。

これは考え方のヒントであってそのまま読んだのでは理解できないらしい。結構比喩が多いらしいから。

この事実からは1 鎧を脱ぐと言う事は相手が警戒心を解くこと

2鎧はかなり重いはず、これは自分に負荷をかけると言うこと

3歩いている途中で他愛のない話しでもいいから話すこと

。僕の場合相手が異文化の人間の場合、相手の言葉を勉強する事が上記に当てはまることだと思う。じゃあ、相手を理解するためには?

求めよ⇨あたえられるだろう。恐らく手段が。。。

探せ、見出すだろう⇨僕の場合英語なのか?

扉を叩け、開けてもらえるだろう⇨検定とかの認定書かな?相手が英語圏なら、英語をまなび、他言語ならそのほかの言葉をまなびなさいと言う事。

これを現実に当てはめると、英後の資格とる。⇨就職に有利⇨資格手当てとかがつく?⇨儲かるor扉が空く?それか独立。

世の中の全ての答えは全て聖書中にあると言うのは本当らしい。もうかるヒントさえも・・・

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA