ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

おれの今まで

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

f二十七になり、今はオーストラリアでひっそりと英語付けの日々。

オーストラリアにきたのは残高証明がいらないから。それと自分で仕事を探す自信がなかったのと、ワーホリのプログラムで仕事紹介プログラムがあったから。

それとセカンドがあるから。元々去年はニートをやりながら青年海外協力隊に応募してたっけ。そんで二回とも落ちたっけ。

そのあとやけくそでボラバイやって稚内いってそのあとパリいってせどりやっていまにたる。元々家での癖があったんだよなおれ。

小さい頃家の裏に駐車場があって、なんか嫌なことがあるとそこにずっといたんだ。 必ずお母さんが迎えにきてくれて一緒に帰ってた。なんか必ずお母さんがきてくれるってわかってたし、それを期待してた。それに必ず応えてくれた。この二年は、貴重なものになるし、しなきゃいけないな。おれ何もしてないからさ。何干渉に浸ってんだか。

ばか

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA