ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

Do not back again!!! Go ahead !!!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

Now,this song around my head,今を描く鉛筆をくれよ、ついでに未来を描く鉛筆をくれよー

野狐禅 地獄

I want make my future, but I am afraid seek my future.Please give me pen for write my future, and please give me a pen for write down now.

自分の中には勤勉さと怠惰、真面目さと不真面目さ、相反する感情があることに気付いた。意外に真面目で意外にだらしない。

ただ楽天家だけはいないようだ。頭で考えるではなくて実際にやって感じたい。今いるセシルプレインにはずっといてもいい。

大事な物って仕事と家族だけだよ。ここにいる人たちはシンプル。日本にいると雑音に流されて自分を他人の基準に合わせて苦しむ。自分の基準が弱いから。    

また髙橋歩の本をよんでるけど、道端から一生懸命走るランナーに声援を送るのはつまらない。俺は一生懸命走るランナーになりたかったんだよな。

今はゴールを探してさ迷ってる。今をどこにつなげればいいのか?ここ数年、眠りが浅いな。ずっとー青年海外協力隊に春夏応募したことがあった

。一年ニーとやってた。でも落ちた。ボランティアが好きといい続けていた。でも内心はお金が欲しかった。心ないボランティアのうちに自分が属してることを知って恥ずかしくなった。母親の愛情というものが僕の首を絞めてきた。

いなくなってしまいたい時もあった。目的や目標無く漂うように生きるのは俺にはできないようだ。  オーストラリアにきたこと。正しかった。

自分の姿がよく見えるよ。なにかいてんだか。未来を見るのが怖いのか?振り返るのが一番怖いよ。何もないから。

今をなおざりにしても怖いよ。何にも繋がらないから。ニュートラルな自分はどこに行ったんだ?もっとオーストラリアにいるうちに心を開いて感じないとな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA