ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

オージーは怠け者なのか?

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

なんかここへきてうれしいことがある。仕事がみとめられること。

やっぱり日本人は仕事が早いらしい。ここのしゃちょうが日本人をやとってから7.8年くらいなのかな?

でもかなり長いようだ以前アメリカ人やフランス人を雇っていたらしいが暇を見つけるとすぐに喋ったり、すわりこんだりするらしい。

英語力は僕はないけどここはちゃんとわかった。しかも注意すると仕事がないからしょうがない、そんなにいうなら仕事を持って来いというから生意気でいやらしい。

しかも遅い。やっぱり日本人はきんべんです。でもここは単純労働です。誰がやってもできることだと思います。ちょっと力がいるけど。  そんなことでもみとめられるのは嬉しい。今年のクリスマスまでいろとか冗談でもうれしいのだ。

おれも首になったことはあるからさ。ここのw社長はオージーなんだけどオージーは働かないからだめといってあまり雇わない。今月の頭に高校生がきたけどすぐに座る。

これはある意味もんだいでしょうか?雇用は自国の民を優先するのが常識。カナダがワーホリVISAの申請に上限設けるように自国の雇用は守らなければならない。

実際そうだと思う。日本のようにニートとという人種がいるのかわからないが。ここのw社長は土日関係無くはたらいてるよ。俺ら休みでも。数字と勝負をしてる人には関係ないんだね。

俺は下っ端だけど、ここにきて広い視野もててうれしい。過程を気にするようになってから少し謙虚になれたきがする。いくらで仕入れて失敗したら損失がいくらになってとか。

今までが自分本位すぎた。それじゃあ弾かれるわな。自分の中にも忠誠心や勤勉さがあって安心した。でも日本のようにタイムカードを切った後に働かされるとかはごめんだしそういうところには態度も口もわるいだろうな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA