ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

ワーホリ有益情報 コネタ

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  


渡豪時期についてちょっとかいてもいようと思います。
僕がつかんだ情報によれば
一番適した時は9,10月。
適さない時期は6,5,12,1月です
まず6,5月は決算期が6月なのでちょっと忙しいです。オーストラリアが。人事の動きが鈍いので仕事を待つには辛抱とお金が必要だと思います。
 この時期にセカンドビザを申請をしてもやはり遅いです。僕は6月に申請して3週間後でした。つうじょうよありも2週間ほど遅いそうです。
 12,1月は言うまでもなく年末年始なのでオーストラリア全体が動きません。
クリスマスホリデーという長い長い休みが1.5ヶ月つづきますので渡豪は2月のほうがよさそうです。
 しかし実際のことを言うと年末年始は人が動きます。
労働力の大半がワーホリメーカーで占められているこの国はバックパッカーが年末は移動するので求人はでます。でも人事が動かないので内定の通知をもらうまでは時間がかかりそう。
 小さなところでは関係ないようですが。
9,10月は夏が始まる少し前なのでリゾート地がハイシーズンを前に人を募集しだします。ケアンズなんかはねらい目?っぽそうですがハミルトンアイランドやドリームアイランドでハウスキーパーが無難でしょう。
結論は・・・年末年始だけは避けて行きたいと思ったときがタイミングだ!!!というコネタでした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA