ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

ワーホリ仕事情報総括!!!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

ながかったなぁ、ようやくまとめられたかな?かなーりアクセスを集めるようになってきた子のブログのタイトル。アメブロの段位をあげることで新しい奥義が見れるようになってきたことでちょっとはまりつつあります。
ちなみに1位になったらニートから脱出できるって本当?
さてもっと深く掘り下げていこうかな。
ではワーホリ仕事情報今年のおさらい+α
仕事斡旋有料エージェント編 (性質は派遣に近い)
1 橋口進 さんっていうひと。
この人はCHEERSでかなり不定期にシドニー周辺のスイートコーン缶のライン仕事や、フルーツピッキングなどの仕事を募っていたりします。
やはり最近はこのサイトを使っていないのか、別にパイプがあるのか新しい求人はのっておらず、コンタクトは取れませんでした。
誰かコンタクト取れた人!!情報もとむ。
ちなみにこの記事の仕事しょうかいりょうは365OZドル
2 SHAKE HAND WITH OZ
なかなか日本人の中では有名なのでは?
ちなみにこの派遣会社は日本の有料エージェントもつながっており、一つの場所〔仕事の紹介料〕が一律400ドルとなっております。
 一つは有名かな?IICというNPOの有料エージェント。
おおよそ2010年からこのプログラムは始まったらしい。私はこちらを使い渡豪。委託というなの丸投げでは?という疑問を抱きつつ授業料という意味合いで払ったと自分に言い聞かせております。ちなみにここを使うと強制的にホームステイがついてしまうため、43.5万ほど払う必要があります。この会社はEARTH BEATという会社です。主にブリスベンでホームステイを斡旋しているようですね。ここのホームページからもこの仕事斡旋プログラム?への参加はできようです。
もう一つ、A TO Z AUS
こっちを早く知っとけばよかったなぁ・・・なんていう後悔がたらたらですよ。ここは日本の書籍で「オーストラリアDEワーキングホリデー」という超ドストレートなタイトルの本を出しているSHOさんという人が書いていて、今ではゴールドコーストに住んでおり、ワーホリ1期生の人。ここはタックスファイルナンバーの取り方、やもろもろの手続きを実際に渡航者の人に教えてくれる、そして渡航者の人にやらせてくれる!!!というところらしい。実際に本のEメールアドレスからコンタクトを取ったけどなぜかすべてデーモンメールで帰ってくる・・・どうやらルーターかなんかを変えたらしい・・・
この人がワーホリサポートブログというものを書いており、SHAKE HAND WITH OZともつながっております。
こちらを使った場合、手持ちは20万とかで行っても大丈夫らしい・・・ただ保障はできません。今働いているところにもATOZのメンバーがいてその話を聞いた限りです。お金はあったらあった分だけいいです!!!
SHAKE HAND WITH OZ 補足
実際IICのカウンセラーは「半年でみんな独立して自分でワーホリをするんだよ。」といいますが実際は・・・?
あとセカンドをとって二年間お世話になったという人にも会いましたしそういう人もいます。やはり探せるか探せないかという部分では強みを持っているのです、ここは。
 ブログを見てもセカンド取れるよって言っといてそこを出る直前になって実はここ取れないの、とか言う悪徳ファームもあると聞く。のである意味での手堅さはあるね。
ちなみに日本のエージェントではワーホリの仕事に関してサポートを行っているエージェントはIICとA TO Z、ここだけです。僕が知る限り。
 例え300履歴書を配ってようやくウェイターの仕事をゲットなんてやってらんないので、しかもそれなら日本から出る必要はないと思いました。
これは明らかにアドバンテージであり、利用する価値は絶対にあります。ただこの派遣会社に依存をしすぎるというのは問題があります。仕組みをうまく使って自分のワーホリの目的を達成するための手段としてうまく使うというのがベストと僕は思います。
あとこぼれ話としていくつかの取引先から実はお金を取っているらしく、SHAKE HAND WITH OZは労働力確保の最終手段として使われているようです。実際ここでもこのメンバーはかなり首になっています。
 お金を払って買った労働力が話にならないというリスクは雇用する側にもあるので事故的にバックパッカーが履歴書を出して雇い主がその人を雇った場合、この派遣会社を使っている人の話がすべるというのはざらにあります。お金を払ったからといってすべてが自分の思いどおりにならないということは多々あります。何をとるかは自分しだい。デメリットはあれどそれを差し引いてなおアドバンテージはあります。用は使い方しだい、くどいけど
日本語が通じる派遣会社編
1.NM australia pty ltd staff service Australia
2.Advantade partnership
3,nihon brain center
上記は主にオフィスワークが専門になるため語学力、職歴、何らかのPCスキルは不可欠、かなり敷居は高いです。
地元のローカル新聞
WAはクオッカタイムズやあとひつあったけどわすれた・・・そのような新聞の求人欄からの応募のほうがはっきり行って効率がいいです。
というのも大抵履歴書配っても何回か同じところへいって「その後どう?」みたいなアフターケアが必要。
しかも履歴書はコピー代高いのに配っても返事がこない!!というのはあまり効率がいいとは思わない。
 かならず受かったか受からないかの返事は来るのが新聞の求人欄。しかもクリーナーなら簡単にゲットできます。まずお金がマイナスにならないように食いつなぎながらいい仕事を探しましょう。僕も実際ここが受かっていたのと同時にクリーナー受かってました。
ちなみに恐らくどこのシティ周辺でもそうだと思うけど、ワーホリメーカーというのは同じ情報を元にいろんな人が履歴書を配ったところにいくので仕事がゲットできるのは運とよく言われます。
違います、目の付け所を他人と違うところへつけることでいくらでも仕事はあります。
 シティからちょっと外れたところにもそれなりに栄えているところはあるのでそういうところへ行った方が効率、確率はかなり上がるでしょう。あと過疎地のほうがよほど確率高し!!!
次回はサイト編ですよー。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA