ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

oh my shit!!  シェアハウスが売られる・・・

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  


さて、今上旬の仕事のオファーを2件断ってから苦しい日々が続いております。

エアーズロックへの思いからケアンズとキャンベラを断ってしまった・・・これはあからさまに痛手だったということに気づきだした今日この頃。

なんと今日はイースターのために休日、そして土日と休みで3連休!!

 そして17日がちょうど一ヶ月のめどの日。17日を過ぎたら僕は6ヶ月という働ける時間を失うので自動的にZESTYでは働けない。

 結構韓国人くびになっているためにプレッシャーがあります。

そんなやつの後釜!?

はチャンスあり、またケアンズのオファーこないかなぁ。

 普通仕事は選ばないのが基本というか絶対のオーストラリアバイトの掟。しかしジャパレスでは生理的に働けないというこの事実を受け入れてしまった今、やりたいことだけをやるという自己規律をここオーストラリアで作ってしまったという後悔に駆られている最中。

なんかトライアルに行ったとき、体に力が入らなくて、「心底ダメと思った。俺には向いてない。」

こんなやつがオーストラリアでは、海外ではやっていけないよな。

さて、今はエアーズロックではなくどこでもいいよと妥協をしました!!!

そんなときに1400ドルでMY STAGEというところも有給インターンやっているし、3ヶ月から申し込みできるからそっちのほうが良かったかな?なんて思う。

 このZESTYはこの商売を始めてから6年という若い会社。6という数は僕の何かと園のある数字。

クラスの出席番号

高校のクラス

仕事が決まる、もしくは何かが決まる日は6日、16日、26日。

なにやら占い師に言われてから6という数字が僕についてまわる。


もちろん僕がオーストラリアについてからも仕事が決まって移動する日は6日。

何じゃこれ。6って何だろう?

まぁ、英語の勉強をするしかないか。

さて、いきなりオーナーがこのシェアハウスを売るとか言ってきやがった!!

理由は一番下の子供が空軍の指令センターで研修をすことになり、しかも給料はあるんだって。

だからオーナーが家族の家と自分の家とこのシェアハウスを確定申告のときに相殺をするときに、このシェアハウスが邪魔になったから売る、しかもオーナーが家族と一緒に住むための家を買うのに10パーセントの前金を作らねばならず、その資金にこの家の売上金が使われる。

なんかタイミングが重なるんだな。不思議と。。。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA