ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

住民とのバトル!シドニーのシェアハウスでの国際経験?

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 さて続き。

普通明日更新するけどね。

そのミキサーを持ってきたと思われる人物、19歳にして渡豪、学生ビザにして州1300ドルはざらに稼ぐというつわものでぼくに日雇いの仕事を紹介してくれた人なのだが、

彼のPCに馬鹿でかいミキサーをつなぎなかなかの大音量で聞き始めた。

 即ぎれ。

間髪いれずにイヤホンで聞けと切れ気味にいうがこの局が終わるまで1分だからこの局だけといってきたがかぶせ気味に今すぐやれといった。 

が彼はそのあともイヤホンは使わずにボリュームを落として聞き続けた。

そのあとものの5分もしないうちに徐々にボリュームを上げ始め俺が振り向くとボリュームを下げるという実に幼稚な行動に出る。 

しかもボリュームを上げたり下げたり「俺を挑発してるか?」ぐらいの勢いでそれを始めた。

大体こいつらの行動の中に

「相手をを思いやる」

「こうしたら迷惑になるだろうな」

というような意図というか申し訳なさ?というか、ちょっと言葉で言いにくいな。

ニュアンスをわかってほしい。 

ちなみにこいつは朝の4:30くらいまででかい声でスカイプをしている。それがうるさくてぼくは日中はイヤホンで英語のリスニング、寝るときは耳栓をしないと眠れない。

おまけに常に冷房を入れて秋口なのに部屋は冷蔵庫張りの冷気がのこり、熱いなら布団をかけるなというと「布団をかけて寝るのがすきなんだ」いいかげんにせぇ。

話を戻し、行っても聞かない、イヤホンを使わないでこっちの妨害?をしているやつに切れました。スピーカーを外に出すという行動に出ました。するとそっこーステレオを家の中に戻し、俺とバトル。

俺  「ここはお前の家じゃないんだ、それとここは共同スペースなんだからお互いの迷惑を考慮しろ」

やつ   「昼だからいいだろう、この張り紙を見ろ、今は絶対静かにしないといけない時間じゃないからいいだろう?」

俺 (ぶちぃ)「お前がどう思うかじゃない、こっちがどう感じるかだ。屁理屈をいうな。」やつ(隣のベトナム人に話しかけ)

「な?うるさくないだろう?いい曲だし期行ってるだろう?俺は音楽をかけてみんなをたのしませているんだ。いいだろう?」

俺 (はっきりものを言わない隣にぶちぃ!)「彼がうるさくないとしても俺はうるさいんだよ!!」

やつ「わかった、次は英語の曲をかけるから・・・」(思いっきりかぶせて)「give you shit!!」その後の夕飯を僕が食べている最中に彼は謝ってきました。まだいいほう。何であの時わからんのだ?という疑問が残るけど。

次は今日のバトル。。。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA