このブログの方向性とお詫び

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

さて、つかこの文章の入り方多いな。。。
まぁ書くねたが今のところ尽きていてかまっております。

ブログのメッセやフェイスブックのめっせからここの詳細を送ってくださいとか直接紹介してくださいなどのコメント依頼がありました。
 

が期待に沿うことができなくて申し訳ないと思っているこのごろです。
 この間ブログで書いたとおり、ここも派遣エージェントを使い出して以来バックパッカーの雇用率はほぼ0です。

(ネイティブのバックパッカーを除いて)
ガチで
3月からケアンズはハイシーズンに入るためにやはり6ヶ月は働いてもらいたいという意図が見えます。

 バックパッカーでは2ヶ月が限度です。ビザの期限が迫っている人にがギリ6ないし5ヶ月は働きます。駆け引きですね。
この間非常にむかつく書き込みがあって以来しかも管理人しか見えないコメントという手の込んだことをしてくれやがってありがとうございます。
 

これをモチベーションにどんどん書いてやるよ!!!
ワーホリとは何時までがワーホリなのか!??
遠足のときかつて先生は言いました。
「家に着くまでが遠足だよ」と。

ならばワーホリは???
YAHOO知恵袋を見る限り仕事の不安がいっぱいかかれています。
 しかもベストアンサーはほとんどが経験者ではない知ったかぶり、想像に現実味を帯びさせた理屈でしかないものばかり。

 しかしただしい。
しかしすべてではないのですよ。
すなわち、おれ自身が仕事を新しくえる、もしくは志事、もしくは独立することを前提にこのワーホリは進めています。帰国後にね。

それかカナダワーホリ。
カナダワーホリは可能性は凄く低くなりましたが。
それと平行してキャリアアップとしてのワーホリにも触れて以降と思っています。
しかし、YAHOO知恵の回答のログにある限りみんな、僕も含めて新しいことをしたいがためにワーホリを考える人もいるようです。
しかし、それはキャリアチェンジとキャリアアップは別物と思えてきました。

(当然か)
キャリアアップとは前職の職歴のまま海外で働いてこそキャリアアップだよな・・・
 でもキャリアチェンジとは???
ニートをやり、仕事も3ヶ月以上続かず職歴を書けば限りなし、しかし書こうと思えば大学卒から以上!!!ってかいても差支えがないほどのドアホウな私。

そんなやつがキャリアチェンジ??
そんなキャリアねぇくせに。。。
逃げだろう??
しかし英語によって何かが変わるか??
もし資格を取って何かが変わったとすればこのブログはワーホリにかけている人の支えになることは間違いがないわけですよ。

 僕はそこを切り開いていきたい。わかってくれとはいわない。
わかった人だけ読んでください、それとぽちを忘れず。
これからアイエルツ、ケンブリッジを8月に受けます。
日本におけるアイエルツ、ケンブリッジの評価はいかほど???

そんなことを書きたい。
実益があるかどうか?
それを判断して読んで下さい。メッセでもコメでもフェイスブックからのめっせでも何かリクエストがあれば答えます。
僕の経験から言える範囲なら。

かつてブログからメッセで質問をしまくったりフェイスブックからメッセしまくりコネや仕事を譲ってくれないかどうかを聞きました。
でもからっきしだめ。語学学校つながりというものの強さに勝てず。

見ず知らずの他人だもんね。

中には同朋意識から話をオーナーにしてくれる人もいました
 ワーホリ
コネ社会を生きるためには?

ということにはいい勉強でもあると思っている。
それとお金の使い方。
かつて金持ち父さん貧乏父さんにはマリ、せどり、アフィリエイト、FXという現代の3種の神器とも言って過言ではない副業を本業にするということに敗れてきた私。

お金を増やすにはお金を使うこと。
この箱入りワーホリで学べたと思っている。
自力でワーホリをして苦労の末仕事を取って仕事の大切さを知る。
絶対いいと思う。
しかし、ナンセンスと僕は言い切ります。
僕はかつてエージェントを使わないとワーホリはいけないものだ!!!!

 というかわいそうな子羊でした。来て見てびっくり、そんなものはお金を落とさせるための情報操作でしかなかった。。。

怒りからそのもとをとるために行動と英語の勉強を始めた。
英語が堪能な状態で来ていたとしてもオーストラリアの僻地へ言って人と違うワーホリをできるか?
むしろそれすらできないと俺は思う。

何度も言うけどKCSをどうやって探す?どうやって探せるというのだ。
かつてはここに履歴書を出して偶然雇われたという2人の女の子と一緒に働いていた。

僕は一週間履歴書を改ざんしながら送り続け、半切れ気味のキムから電話を受けここへきた。これと同時にマウントローレーの違法サンドイッチ屋の、無給トライアルを丸投げした(爆笑)ちなみにここは日豪プレスでも取り上げられた日本人が経営する店だ。

日本人のくせしてもぐりしてんぢゃねぇよ。
他は400ドルと引き換えにKCSや他のところへ言っている。
話を戻すけど、エージェントを使うことのリスク。

それは必ずしも自分の望みが叶うわけではないということ。
しかしメリットも大きい
 
自動的に仕事が入ってくる仕組みを手に入れれるということ引き換えに。
たとえばエアーズロックで働くことを諦めたこと、スターナイトとーカーを諦めたこと。

後悔ではあるが、もしすべてをかけるならエアーズロックのパイオニアバックパッカーというところで待機をしながら待つということをすべきだろう。
 しかし、エアーズロック、NTの物価の高さを僕は知っている。

その中で何時来るとも知れない自分の順番を待つということは無謀である。
 地獄の沙汰は金次第。
ワーホリの終わりもそれ次第なのだ。
妥協をしてここFITZROYに来て入るが妥協してなおお金が手に入るということは精神的な安心である。
 

ただ有給ホテルインターンエージェントを使うならやってはいけないこと。ハウスキーピング。
ここでも何人かいるが、一日3.5時間程度の仕事では話にならない。

せめて歩合制のハウスキーピングであれば話を飲むべきだろう。
キャンベラは韓国人がかなり首になっている・・・スーミンがいっていた。(HRマネージャーね、俺が使ったエージェントの)
ちなみにホテル有給インターンではセカンドは取れない。

それとお金を払ったからといって紹介が受けれるわけではない。

HRマネージャーとの面接で英語の能力を証明できなければお金は受け取ってもらえない。
かろうじてとおっても仕事の幅自体が狭く紹介までの時間が長くかかる。
英語の能力に自信がない人こそSHAKE HAND WITH OZだろう。
仕事紹介とかいってウーフを紹介してくるから気をつけろ。

断るという姿勢をもってお金を払った以上は選ぶという姿勢を忘れず。
  しつこいけど。かつてフルーツピッキングを紹介されそこで僕は頭にきて自力で情報を探し始めた。
 あたりとはずれが大きく、それでも400ドル。
仕組みとしては一番優れているのは確かだがいかんせん雑。

 情報と実際に働いているところの時給や手取りが違うということがいっぱいあるから。
 自力でやりつつだめなら困った時の切り札は???という精神的な安全はかなり保障される。
 不安なら400ドル、もしくはA TO Zを通していった人は1100ドルだったかな?

 領収証を意地でも発行してもらいましょう。この1100ドル、もしくは400ドルは仕事のための経費としてタックスバックの対象であることは間違いないです。

 もしタックスバックに含むことができれば民間のタックスリターン代行をしている弁護事務所に何かと相談できると思うし、法律に精通しているので何かしら話が違うのに何も取り合ってくれないのであればこの弁護事務所から法律的な処置をしてくれる場所を紹介してもらえることは確率高いと思っている。

 領収証でなくても銀行の振込み履歴からでも証拠になるなるよ。
 日本人は主張することになれていなさ過ぎていると思う。もっと頭を使うことが必要だと思う。
実際ZESTYにも領収証は出させました。これからタックスリターンの詳細を書きます。今は準備中。

SHAKE HAND WITH OZに関しては僕は領収証を発行してもらっていませんが。
 これに気づいたのは去年の確定申告後のあとだったので遅かったんですよ。

私の悔やみ・・・
フルーツサラダツリーをリアルタイムでレポートできなかったこと。
HPならアップしてあるから誰か、誰か、僕の意思をついでほしい。
 

ちなみにどうやって探したか??
かんたんです。
GOOGLE MAPに企業の名前を入れて後はローラーです!!!
これでオーストラリアの地名、企業、場所などの正確なスペルさえわかればワンクリックでそこのHPへ飛んで連絡できます。

そんなことでわかるんだったらエージェントに払った金は?????????
授業料です。
これがなければ、紹介されたフルーツピッキングがなければここまで自分が発奮することはなくここまでコアに調べるということはなかった。

授業料とは、払った後にもとをとる姿勢を養う努力をするかしないか。それによる。
手放したもの以上を手に入れることができれば元を取ってかつそれを自分に取り込んで糧にできるんだな。っておもう。
 ・・・なんか俺のワーホリが終わったような文章・・・
まだつづくよ!?

俺のワーホリ!!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA