ワーホリの本当の終わり ケアンズでワーホリの幕を閉じる オーストラリアは素晴らしい!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

2年は本当にあっという間でした。

今日の午前中にアイエルツの結果をとりにいってきました。

結果は5.0というギリギリのライン。

数々の失敗を犯しつつこの点数を取れたのはものすごいことと思う反面、2年やってきてこれか。。。という落胆の色があります。

しかし思い起こせば僕が英語をなぜか習い始めたのが25です。そのときは4000円のグループレッスンのチケットを買って毎月ではなく2ヶ月に一度しか買えなくて、でも待ち遠しく、行くとグループレッスンはしゃべったもん勝ち!!といわんばかりでブロークンイングリッシュを喋り捲り、俺国際人とか言う自己満足に浸ってた懐かしい時代。
 そのあとはスキー場のバイト、警備員、ボラバイトを繰り返し引きこもりに。
それを機に青年海外協力隊に抱いていた憧れに触れて今はここにいます。だいぶ違うけど。

でも外国でやっていけるかどうかなんてわからなかった。周りは海外派だね、なんていうもんだから木に上ってみて下りられないから上れるとこまで上るしかなかった。

 しかし、ワーキングホリデーって誰でもできるものじゃない。

決断すること、実行すること。これがまずワーホリする人としない人の差だと思う。

例外はワーホリという言葉すら知らない人。この人はこのような機会を求めないから。

実行したら
どこまでがんばれるか?


2年はいるという目的はほぼ達成できた。

英語を持って帰ると言う目標。

IELTS5.0

まあ、最低限のラインだね。本当は6.0とか期待していた自分がいる。


でも英語の勉強ができる基礎が手に入ったのではないか?とか思っている。最初は通訳士とか翻訳をしたかったけどそこまで届かないことがわかった。


さて、IELTSの内訳。

リスニング 5.0

リーディング 4.5

ライティング 5.0

スピーキング 5.5

以外に平均的にバランスが良かったんだな(笑)ムラガなくてwww

さて、あとは年金の申請と派遣に登録に行ってどうなるか?正確にはどうやってあしらわれるか?それを確かめておく必要があるな???

派遣コーディネーター大嫌い!!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA