初めてのワーホリ シェアハウス選び IN パース!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

初めてのワーホリ シェアハウス選び IN パース!

オーストラリア ワーホリの最中に何度か経験したシェアハウス選びのうち初シェアハウスです。

やっぱり日本人がオーナーであって欲しかったのもありまして、甘えてしまった感があります。

でも早く見付けるに越したことはありませんでしたし、なんと女の子と相部屋!!刺激的な?シェアハウス生活をとくとご覧あれ!

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 
パースではあまりシェアハウスで苦労したことはなく、結構一発で決まったんです(笑)
 
以前フルーツピッキングで 一緒になった人が電話番号を持っていてその番号にかけたんですね。そしたらつながってその人の
事務所に行き、空きが2週間で出るからそれまで待てるかどうかを聞かれてもちろんOK!!
 
 
 
パースって結構小さい町だからシェアハウスって飽和しちゃうんですよ。特に日本人は日本人のオーナーを好むから尚更です。
 
シェアハウス事情は人種ごとの差はあります。
 
オーナーを選ばなければそれなりにハウスはありますが

、詐偽や騙すやからや、女性に対してセクハラ目的のオーナーがいる
のはどこの都市も一緒です。
 
だから余計オーナーは日本人がいいんです。ちゃんと管理するし、掃除も手入れもするし、ハウスルールが徹底しているからこっちも安心です。
 

特にこの管理人が泊まったケンウィックのシェアハウスですが、やっぱり失敗があるらしい・・・

過去西洋人に貸したことがあるらしいですが、やっぱり扱いが雑で汚いので西洋人にはかさないというポリシーでやっています。

 
ここは日本人と韓国人オンリーです。なので安心できるかもしれません。
 
だいたい中はこ
んな感じ↓
 
 
SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA
 

この時はKCSに行きたくて行きたくて仕方がなかったためにあんまり写真取れていないです。外見は写真撮っていなかったのであんまり伝わらなくてすいません。

左上の写真から時計回りに行きますが、共同にキッチンは実はIH入っています。ガス代もありますが、あんまり使うとガス代の請求が高いからあんまり使うなとか言われた記憶アリ。

次が洗濯物を干すスペースです。屋根があるので雨でも干せます。洗濯機は小さいのであんまりかぶらないように使うのがポイントです。

 

管理人の部屋です。だいたい9畳くらいの部屋を二分割して使っていました。ドンちゃん(一緒に暮らしていた韓国人女性)は朝早く出て、9時くらいに帰ってきてまた午後パートに出ていくという不規則な生活です。

SANYO DIGITAL CAMERA

でもオーストラリアに6年くらい住んでいたんだよなー・・・すごいよ・・・

最後が外の物干しのスペースです。時期によってはスコールが突然来るから注意したいです。

 

ケンウィックってどこ?

ここケンウィックはパースから2 ZONE離れた場所です。当時の家賃は85ドル(週)でしたが今は値上がったかもしれません。

2012年8月あたりから公共交通機関の値上げに関する告知が出ていましたので今はもっと高いと思います。

 

そしてパースでは公共交通機関の15%割引を得るために「スマートライダー」 を作っておいたほうがいいです。

絶対に安いですし、交通機関の値段設定もありえないくらい現金が高いですから(^^ゞ


そしてお世辞に治安がいいとは言えないところです、管理人が夜帰ってくると駅の近くに駐車場があるんですが、そこで喧嘩していたり結構危ないです。そこんトコロは気をつけましょう。
 
韓国人女性とルームシェアとこのシェアハウス
 
 
 
 

なんとここで僕が済んだシェアメイトは韓国人の女性です!いいのか?って思いましたがここは基本的にわけないようです。

そのようなところもあるということを初めて知りました。

 
彼女は当時既にPR(永住権)を持っていたのでずっと詳しかったです。
 
そして彼女は熱心なクリスチャンで、実は彼女は奇跡を持つ女の子でした!!
 
このことは結局仲良くなったので結構あっちこっち行ったりしました。協会のミサとか、パースのキリスト教って結構みんなバンドができる!

イエスをミサではなくロックンロールでたたえているんですね、ここ。写真がないのが残念ですが・・・
SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA
 
 
 ドンちゃんの祈りと軽いヒモ生活と無料英会話
 
 
 
シェアハウスにいるあいだは何故か彼女が朝ごはんとかを作ってくれて?キリスト教の韓国人系の協会だったり、パースには日本人協会
というところがあり、無料で英会話の授業もしている教会もあります。
 
ここで教会や宗教に関して日本との違いがあったので書いておきます。
 
以外に勧誘がしつこいわけではなく、以外に誰でも歓迎なところが普通です。しかもあっさりしているので気軽に行けます。
 
パース通信とか実はニュースエージェンシーや日本人向けの留学エージェントのオフィスには紙媒体で置いてあったり、

ウェブからでも
見ることができるこのようなチラシには必ず無料でやっている英会話の教室が書いてあるので行ってみたらいいと思います。
 
そこでのワーホリメーカーとの交流が絶対にいい情報を交換できる場所です。
 
 
ただで英語も情報も手に入るというまさに一石二鳥という場所です。
 
話が脱線してしまいましたが、この韓国人の女性の方のおかげで視野も広がって、しかもKCSにいけたんでは?
 
なんて思っています!!(実はこれは本当です・・・たぶん)
 
通称ドンちゃんっていうんですが、彼女はものすごく信仰が深いんです。なので枕元にイエスキリストのイラストが書いてあります。
 

そして僕が実はKCSにいきたいんだということ、そして実は

毎日履歴書を送っている(笑)

ということを伝えると僕のために本気で

 
(本当に!!!)祈ってくれました!!そのおかげか、

ちょうど一週間後にKCSから連絡来てソッコーで行きました!!そんなエピソードがあります。
 
 
 
 
パースのシェアハウスの相場 管理人的総括
 
 
 
 
 
パースのシェアハウスの事情としてはやはり理想的にみんなZONE 1 に住みたいというのが理想だと思います。
しかしここら辺だと週130,140,150が平均的です。
 
どうせ定期代を含めてしまえば家賃が高くても交通費であんまり変わらないという現実です。家賃が高い代わりに通勤時間を節約するかどうか?
 

ここら辺が駆け引きだと思います。

シェアハウスに失敗し時の悲惨な記事

◆ほかの記事もどうぞ

北海道のトマムの記事

 

北海道稚内のボラバイト編

 

フランス滞在編
記事下の目次リンク
青年海外協力隊に落ちた時の話

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA