ワーホリへの費用を作ろう!渡航資金をできるだけ作る方法その2~不用品は高く売って処分する

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

一生に一度なら自分のワーホリにお金を使いましょう!

国内有料エージェントに多額のお金を払うのはナンセンス!もっとやすくいける!

現地での節約術や違法な仕事につかないための方法だってあるんですよ!?

 

ニュージーランドワーホリと田舎移住を睨んでいる、オーストラリアワーホリから帰国した島田です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アラサーを迎えた人!30歳を機にに海外生活への夢をかなえようとしている人!

ギリホリに駆られている人!

渡航資金がたまらずに悩んでいる人!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は渡航前にワーキングホリデーの資金を作るすべを伝えています

 

◆僕がやった渡航資金を直ぐにつくる手段、ネットで不用品を売るということ

 

それはずばり

「ヤフオク」もしくは「モバオク」

 

 

です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

なーんだ、いま巷で流行っている「せどり」や「転売」のはなしですか?・・・いやいや違います。

 

単純に僕が渡航前にやったことを書いているだけですよ。まぁ帰国してからチャレンジして頓挫しましたけどね笑

 

 

要は不用品処分の仕方ですね。これが一番お金をそれなりにつくることに関して手っ取り早かったわけですよ。個人的にね。

 

そこらへんのブックオフやハードオフ、セカンドストリートに売ってしまえばいいんですが、それだと二束三文ではたかれておしまい・・・特に就職のときや大学の入学式のために買ったスーツが、買った当時は35000円だったのにハードオフに売ったら

200円だった

 

のがショックだったけど売ったことがいい思い出になっている笑

 

そのほか、友達あkら4万で譲り受けたギターは売らず、自分で買ったモリス(morrice)のギターを35000円で売ってオーストラリアワーホリに行きました。帰国して稼げるようになったら買い戻す!!という決意虚しく既に売れてしまっていたのが悲しかったわけですが。

 

 

話を戻しますが、

 

自分の不要品をなるべく高く打って渡航費用にする場合はオークションで売ってしまうのがいい!

発送の手間があるのは確かにしょうがないけど、この手間が払えるなら払ったほうがいい!

 

これは多少の手間を払ったほうが絶対に特ができるという体験でした。

 

◆そのお金で必要なものを揃えることもできる

でも意外に渡航するとなったら費用とか出費って出るんですよ。僕の場合、傘が嫌いだし、エアーズロックで働くということは絶対に外せない・・というか働くつもりでいたから必然的にGORE-TEXの(キャンプとか山上りでよく着ていく化学繊維のシャリシャリしたやつ)上下のセットととかが必要になって買ったんだけどこれがまた高いんだ・・・

 

DSCN1200 DSCN1199

しかし費用対効果は抜群でした。

 

ケアンズでは地味に日本でいうゲリラ豪雨なんてしょっちゅうだし、その都度折りたたみ傘を買っていたのではお金が飛んでいくわけですよ。これってどうこと?っておもったひとがいるとおもいますが、僕の見解と体験を交えて話しますね。

 

まずオーストラリアの傘は使い物になりません。折りたたみ傘が30ドルはします (°ω° )

 

シドニーのチャイナマーケットでは折畳tミカサは本当に高い!しかも面白いほどよくこわれる・・・コスパフォーマンスに見合わない脆さが頭にくる程の脆さ。壊れるたびに30ドル払えるなら別にいいですが、本当に節約したいなら、かっぱでも買ったほうがいいですよ本当に

SANYO DIGITAL CAMERA

なんでかというと、GOREは多機能性が個人的に荷物の量を減らしていると思います。

 

まずこのかっぱを買った理由としては

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ハンズフリーになる雨具が欲しい

・実はジャケットとしても使えるので防寒具としても機能する

・気温の格差に対応でき、使い勝手がいい

・ピッキングで使ってみて、タフな作業にも耐えられる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

というマルチに使えるところ。もちろん車でのラウンドの最中でも寝具としても機能しますし、砂漠などの急な温度変化にも体を守ってくれます。

 

買ってみて本当にお世話になりました。特に朝方のフルーツピッキングは作物の木のはに夜露がついているのでそれにたいして濡れないということも体験しています。

 

ちょっと街中で、特にメルボルンであれば重宝しますが寒いな、と思ったときにさっと羽織れて熱くなったらさっと脱げる、しかも雨が降ってきたらさっと来て雨具にもなるし。

 

まぁこれはほぼアウトドアになってしまうので女性はあまり好まないチョイスですね。めんどくさがりな男性諸君!!参考にしてくれ!!といったところですね。

 

◆貯金することに魔法はない!節約とタバコはやめろ(僕は吸えないけど)そして住み込みで働いてしまうのがいい

 

blog_import_54d860fcb7717

まぁ、あとはリゾートバイトで住み込みで3ヶ月位働くというのが王道ですね。無難には半年ではないでしょうか?結局出国日によっては最後の一ヶ月分お給料は持っていけないことが多いです。しかし、僕が働いた長野県の熊の湯スキー場ではなかなか英語を使う機会が多く、英語を日本にいるうちから鍛えておきたいということであればリゾートバイトで長野県のスキー場や北海道のトマム、ニセコのスキー場に行くと英語を使う機会がかなり多くなります。

 

日本にいながら英語の環境や英語を使う機会を作りたいという人は使ってみてはいかがでしょうか?

 

しかしj北海道のスキー場やトマムリゾートのスキー場は結構雑魚寝の宿泊になったり、枕カバーを一日80円とか寝具のレンタル代で中々お金がたまらないので条件をよく読んでから行ったほうがいいですね。実際に北海道は最低賃金がワースト2位という低さなので条件によっては稼げないということが多々あるので長野か関東、特に水上あたりがいいかもしれませんね。あとはサービススタッフをやるなら北海道のニセコに限ります。

 

英語の資格があれば時給が上がったりしますのでワーホリに行く前にホスピタリティの職歴を作れてオーストラリア現地でのホテルの仕事に就くのにものすごく有利になります。こういった職歴があれば僕が使った有給ホテルインターンを使わずとも簡単にホテルの仕事、特にF&Bにはかなりの確率でつけます。

 

僕はホスピタリティの仕事に関しては経験が皆無だったのでホテル有給インターンシッププログラムを使わなければならなかったわけです。(僕が使った現地有給インターンを紹介してもらったアイエス留学ネットワークはこちら

 

上記のものを購入しました!流石に2着は僕のしゅみだったのでどうなおの?という部分ではあります。実際2着入りませんでしたけどね・・・

 

季節ものではないのでアウトレットで買ってもかなり高いですが・・・

 

でもそれなりのメリットはあるんですよ、本当。

 

ただ目先の出費を惜しむかそうでないかです。もちろんとこう資金の都合にもよるので一概に言えないものです。

 

今回はとこう資金の作り方と持っていくと助かるものでした!

 

では

 

僕自身も高橋歩は好きで、オーストラリアにワーホリに行く前にエージェントにお金払わなきゃ!!とすごく焦っていた時期がありまして(苦笑)

その後自力で渡航できるということに気付いてがっかりだったんですがね

 

現地に行っても「オーストラリア クラシファイド」というサイトや、

gum tree というサイトでものの売り買いができます

ガムツリーに関しては月額料金がかからないオーストラリア版のヤフーオークション?みたいな感覚だったな・・・

写真が紛失していますが、売れたものとしては

PC・・・かなり前のXPだった記憶あり

上の写真はアンダーシャツ

これがまた4000円くらいになったから本当に助かった

高校時代のユニフォームとかも地味に7000円とかになったから、空港までの交通費は出るか安くなるよね?

本当にワーホリの沙汰は金次第!

渡る世間も鬼だし、オーストラリアは外国だから余計そんなニュアンスが強い

初めてオーストラリアワーキングホリデー、最初で最後のオーストラリアワーキングホリデー

そしてエージェントを使わずに自力で渡航して仕事を探す、かつ僻地で英語環境で働くために必要なプレゼントを用意してあります!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

オーストラリアのワーホリ中はこんなことしていました!

シドニーのYHAフォトギャラリーはこちら

 

キングスパークのギャラリーはこちら

 

ドニーブルックのギャラリーはこちら

 

ケアンズのギャラリーはこちら

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA