振り返るワーホリ!! シドニーのキャッシュジョブとインド人のネット通販は怪しすぎ!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

20130312085940

シドニーでキャッシュジョブ!インド人の仰天通販!!

この話は一時帰国をしてシドニーのシェアハウス に住んでいて、仕事を探していた時にシェアハウスに住んでいた人に
紹介をしてもらった仕事です。
相手はインド人でキャッシュジョブです。領収書は発行してもらえませんでしたが一日120ドルでした。
まぁそこらへんの違法なレストランよりは絶対にまし!!っと思ってやってみました。

さすが驚きと仰天の国のたみの商売だ・・・なんて思いました。
ある日仕事を探していて、ナディンという、確かパキスタン人だったと思います。
当時は19歳で将来は家族をオーストラリアに呼び寄せ、一緒に暮らすというすごく立派なやつ!でもあんまり私生活の
中では気があわなかった。
家の中で大音量でDJミキサーをかけた時は管理人が本気で切れました・・・
そんな彼ですが実は顔が広い! aurburn一帯で仕事を日雇いながらも出してくれる人がいて、その人を紹介してもらったんです。
彼の職業はクラブDJ。しかしナディン自体はその人にあったことがないという・・・
実際インド、パキスタン人、タジキスタン人の移民たちは表立って求人広告を出しません。クチコミの感覚で人を募ります。
やっぱり求人広告を出すと税金とか従業員の年金を払うのがネックなので。
何はともあれ仕事は仕事なので僕は3日間だけ行きました。
場所はfirefield という場所です。
そしてこの依頼主はインド人で、内容は倉庫の中の整理と、アダプターの改造でした。

そしてシドニーの移民の仕事事情ですが、基本的にOZはパキスタン人やタジキスタン人、インド人は雇いません。ナディンやなディンの友達からも聞きましたが
やはりOZは中東の人たちを嫌っているようです。理由はわかりませんが。
静かに、水面下で表沙汰にならないような差別はあるようですね。
シドニーには工業地帯があって、そこは車がないと本当に行きづらい場所です。
firefield という場所が有り、ここはシドニーの中でも有数の工業地帯で、日本人でも車を持っていればできるような単純作業の仕事があります。
コスメ用品のパック詰とか何かしらの箱詰作業で時給は20ドルが保証されています。下手にジャパレスで働くよりもいいと思います。
でもこの店の理念はひどすぎる!!この写真を見て欲しい

そんなの責任もって売れや!!っていうツッコミが入りましたとさ・・・

ワーホリにもこんなんだグラウンドがあります!

オーストラリアワーホリのすべてがわかる!無料PDFを僕の体験から作りました。実際に使ったホテル有給インターンや銀行座の解説すべき3つの講座など実践的な嬢が満載のPDFです!僕の体験から必要なところだけを抜いて自動でダウンロードできるようにしました!

そのほかマイニングの仕事のつき方やローカルの仕事場所のURLも載せましたのでぜひ手にとってみてくださいね!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

無料PDF⇒ダウンロードはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA