ワーホリの渡航資金を考える~50万で渡航するとしたらどうしますか?

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

年金が帰ってきた通帳

オーストラリアワーキングホリデーアドバイザー 島田です!

初めての海外、初めてのオーストラリアでのワーホリ、そしてそれが最初で最後になる・・

あこがれを実現できるチャンスは30過ぎたらありません。それがワーホリです

さて、実際に寄せられた悩みに対して僕が回答したことを書いていきますよ!

埼玉より留学エージェントがカバーしない部分を徹底暴露!留学エージェントに聞くよりもまず僕に聞いてくださいね

今回はみんなの永遠のテーマである

「渡航資金、費用」

に関して書いていきますよ!

渡航にかかる資金が150万、200万も必要か?

まずなんで100万単位で書いたのか?

実は僕が渡航する前には大手のエージェントに行っていました

もちろん情報収集とプランを聞くために

でもね

はっきり言って話にならない

あっちから僕を見ても、こっちからあっちを見ても・・・

もちろん新大久保にある大手に説明会を聞きに行って2分で帰ったことがあるんですよ

もともと80万で渡航しようかと思っていたんですが、少し駆け引きして

「50万で渡航しようと考えています」

といったところ・・・

(ため息をついて)「ワーホリの相場は150~200マンと決まっていますよ」と留学カウンセラーがいい

「じゃいいです」

と終わった説明会・・・

今振り返れば、渡航者は日本の留学エージェントの

「情報操作を受けすぎである」

要はエージェントが欲しい利益を取るのに作られた相場にお金を払いすぎって感じがするんです

はっきり言って50万でも行けます!

ファームで知り合った日本人の女性は

「15万握りしめてきた!」って言っていましたから

時間とお金と仕事の駆け引き

個人的なワーホリの格言としては?

地獄とワーホリの沙汰も金次第!

というのが本音です

お金が底をついたら強制送還が待っていますし・・・((((;゚Д゚))))

資金の大きさ=選択肢の数

になりますので少ない資金で渡航するなら語学力と仕事の応報は事前に持っていったほうがいいでしょう

資金の大きさがオーストラリアに滞在できる時間とほぼイコールになる感じを僕は現地では感じていましたから

結論としては

50万の資金であれば十分可能になります

しかし、現地についてからは仕事探しが優先的になります

のでこちらの記事を参照にしてください

まずオーストラリアのちゃんとした雇用主を見抜くすべを身に付ける

その他ただいま無料プレゼントを差し上げています!

30万払って使う日本国内エージェントのサポートが実は2万円で使える秘密の場所を教えますと言ったら知りたくないですか?

実はあります!日本のエージェントを使うよりもオーストラリア政府が作ったワーホリメーカー向けのサービスの方が全然いい・・・ワーホリに行くなら最大限ワーキングホリデーの滞在に資金を使いたいと思いませんか?

 

オーストラリアワーホリのすべてがわかる!無料PDFを僕の体験から作りました。実際に使ったホテル有給インターンや銀行座の解説すべき3つの講座など実践的な嬢が満載のPDFです!僕の体験から必要なところだけを抜いて自動でダウンロードできるようにしました!

そのほかマイニングの仕事のつき方やローカルの仕事場所のURLも載せましたのでぜひ手にとってみてくださいね!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

無料PDF⇒ダウンロードはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA