シドニーのアウトドア教育施設!日本人がいっぱいここに来ている!!アラサーワーホリで学んだこと

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

オーストラリアワーホリアドバイザー 島田です!

 


こブログではオーストラリアワーホリの悩みや相談も行っております!


・インターンって本当に仕事がもらえるのか?
・仕事を紹介するエージェントってどうなの?
・実際に現地に滞在するイメージがわかない
・ワーホリの準備ってどうしたらいいの?
・現地に行ってどれくらいで仕事が決まったりシェアハウスが決まるの?


などなどなど


ワーホリのホントの現実

ワーホリアル

 


をお伝えしています。

 

さて、シドニーのウーフの施設のヨートファームです!

SANYO DIGITAL CAMERA


 

今回はなんでマイクさんがこのヨートを作ってボーイスカウトを受け入れて野外教育をしているのかに触れます。


「Back to basis」

 


これがマイクさんのコンセプトであり、ここヨートファームで伝えたいことであり、現代の人が忘れかけていることです。 このデジタル化が進む時代にあえてアナログなものを推進することで本当に今の便利なもがどれほど便利なものかがわかります。



上の写真はヨートにあるキャビンです。基本的に6角形で中は意外に広いのが特徴です。 そして天井に必ず穴があいています。天井の穴これはどの小屋にもついています。

 

(この小屋は星が見えませんね、、、すいません) なぜなら、この窓に頭を寄せてねることで星が見えるからだそうです。マイクさんはよく行っています。 「TVはゴミだ!!」と・・・


これに関しては僕もそう思います。日本に帰ってきてから、というか大学を卒業してからでしょうか?僕も全然見ていません。はっきり言って面白くないので。 

SANYO DIGITAL CAMERA

ウーフハウスのとなりの部屋もちろんここも屋根に穴が・・・天井の穴 ちょっとここもダメか・・・
ここのように穴があいています!これは宿泊用のヨートに必ずあります!

(写真整理しときゃよかった・・・) シドニーや都心部に暮らす人たちはほとんどデジタルなものに依存をしてしまっていてこのようなところに来てもなにもできません。

結構ひどい人はチェックインしても火が起こせなくて寒くて帰ってしまった人もいます。 確かに日本の野外教育団体はありますし、火を起こせるからなんですか?って話です。そんなことを履歴書に書いたからといって就職できますか?っと言われたらまず間違いなく落ちます。


でもそこじゃなくて、ヒラメキが出来るかどうかが重要だと思うんですよ。 何も決まったことがないから逆に自分で全てを作るということが苦痛に感じます。


自分で決める、自分でやる。


しかも結果は成功するとは限らない。


失敗したら自分でどうにかする。 そういうことをマイクさんは教えています。流石に安さに釣られて来ても設備が悪いという理由で帰る人もいます。確かにありが多すぎるということも・・・

 


 


今の豊かな生活だったり、便利なものが便利になる前はどんなものだったのか?そこが重要なんです。この理解がないと本当に困った人になるよな・・・

 

グロ注意!!

 

ここでは半自給自足の生活えマイクさんは生きており、豚を買っていて、ちゃんと自分でさばいてその肉を市場に持って行って売っていたりします。その時に初めて・・・豚の心臓を素手で触ってみた!!

 

 

rp_blog_import_54d85e9921970.jpg

本当に初めて豚の心臓を触ってみたんだけど・・・少し臭いな・・・

 

くらいしか思わなかった僕hあへんたいかな?

 

 

 

 

個々で野外の体験をしに来ている子達は釘を打てない子がいたり、むしろ釘を知らない子がいたりして僕は焦りました。過保護もここまで来たかと・・・

パンケーキは実は鉄板が汚かったりするけど・・・

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

でもちゃんと面白いものも用意していますよ。例えばゴーストヨートとか↓


blog_import_54d8624329554

 

 

このゴーストヨートは一味違います。 ボーイスカウトや子供の団体が来るとここら辺で肝試しをします。それが面白くて僕は結構張り切っていました。 このゲート付近のこの小屋の前をとってしばらくするとゴーストヨートがあります。 あちゃ、マットレスとかどかしてなかったし・・・もれなく天井にも穴はあります。しかしこんな不気味なところに泊まりたいとは思いませんが・・・ そしてこの小屋のエピソードを一つ。

◆実はディズニーランドの「The Haunted Mansion」がモデル

blog_import_54d86242b1ce1

(ホーンテッドマンションをモチーフにして作ったんだって!!)

 

マイクさんいわく、いろんなヨート(キャビンのこと)がないとつまらない!ということでディズニーランドのホーンテッドマンションをモチーフにして作ったんだって!。

 

ちなみに使っているものは実際のモノよりはるかに怖くてこっちのほうが夜になったら本当にいやだなぁ・・・

 

お金を全くと言っていいほどかけていないこのヨートファーム。マイクさんとこれまでここに来たウーフの人たちの手間暇はかなりかかっています。そこに味があるんだよね。デジタルなものが一切ないこの場所。マイクさんはTVとかPCが嫌いで、PCなんて未だにタイプライターとか言っていた・・・最初はなんだかわからなかったけど。


 

◆世界一周とワーホリについて思ったこと

 

SANYO DIGITAL CAMERA

本当に僕自身そうだな、って思うことがあります。
それは

「世界一周よりもワーホリの方が難しい」

そんな気がします。僕も実はここオーストラリアに来る前にフィリピンのボランティアプログラムだったり、フランスへ行ったりしていました。ただ滞在期間さえ短ければそれほど嫌な思いはしなくて済むということです。
気に入らなければ国から出ることがすぐできるから。 

 

ただいい面も悪い面も知ることができないんです。

 

世界一周したことがない奴が言うなよということですが。・・

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA