みそじのワーホリ!だから費用は安くいこう!オーストラリアワーホリでとこう資金を節約

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

 

オーストラリアワーホリアドバイザー 島田です

 

ここ一ヶ月は12月に渡航を考えておられる方や来年の渡航に関しての相談が混み合っており、記事の更新が不定期になっておりまして申し訳ありません。現地でのピッキングのことやハーベストブックのことなどでなかなか問い合わせをいただいているのでここら辺をサポートできれば・・・と思ってやっている


やはり過酷なピッキングでは首になる人が多い


女性の方からは安心してワーホリしたいというような問い合わせも来ている
特に仕事が見つかるのかどうか?


体力的に自信がない人でもピッキングができるかどうか?
そんな問い合わせが来ている

 


でもね

 


セカンドビザ=ピッキングという選択肢しかないの?

SANYO DIGITAL CAMERASANYO DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

っていう考え方と視野の狭さがかわいそうでならない

実はもぐりのところだけど、ホスピタリティでもセカンドビザを出しているところはある


それはここ→僕が愛してやまないアリススプリングスの仕事場所

 

シェイクハンドウィズOZという会社がここに日本人を派遣しているが、実は自力で応募したほうが採用の確率は高い


なぜなら


労働力の紹介手数料を実はこの職場はシェイクハンドウィズOZに払っているから、その紹介手数料を払わなくて済む自力応募のバックパッカーは優先的に雇用される

この事実は僕がすでに体験済みだから本当の話。ここに来るまではパースのフルーツピッキングでお金だけすり減らして後悔してしまった
だからこの会社を使わないという決意のもとここを自力で探し出した


僕のように痛い目を見てからひとりでワーホリを進めるもいい


ただ自力という趣旨に関しては何度もいう


僕が思うに0か100というわけではなく、30を自力でやる、70を自力でやる、というような幅の効く情報提供をするというのが僕の目的なわけですよ。人間30歳って何かと焦燥に駆られるときなんでしょうね・・・何かに目覚めてくる、自画に目覚める時が30だろ。ワーキングホリデーというチャンスが無くなる最後の時間だから

ギリホリという言葉出てきたほどだから


僕がワーホリしている最中に出会った人はギリホリと呼ばれる30歳、もしくは31歳の人が多かった
それを逃したらいけないからだし、アラサーを迎えたら何かが目覚める

 

僕自身も自分の在り方を見つめることができたから

 


みんな人の下で働くのがしっくりこないというほんとうに単純な理由で起業をしている人たちの下で働けたのはよかったし、ガッツがある・・・
のんびり働かないOZの印象だけど、社長は日本人より働いているよ


そんなわけで動画の内容・・・

rp_blog_import_54d85b6739cd0.jpg
まずは日本にある有料エージェントがすべてではないし、現地に日本のエージェントは委託していることが多く、そこらへんはすっ飛ばして現地ですべてのサービスを申し込んだほうがいいという結論


これにさえ気づければな・・・という後悔


しかも英語の敷居って考えるほど高くない・・・


三十路男子のTOEIC330 点ワーホリでも素晴らしいことになっているからきっとあなたも素晴らしいものになっている。ただ気づけるか、と感受性の鋭さが物を言う


しかも日本人というだけでオーストラリアの仕事探しは有利だからね!
もちろんおみそ女子!


現地にはいっぱい無料のエージェントがあって実は本当に安く渡航までならいけるんですよ、動画である通り。日本国何のエージェントがこういった情報を隠すのもこれがおおっぴらになったら彼らの存在意義がないから


あとは渡航したら自力でやるのか、お金が余った分有給インターンに行くのか?もしくはその他の仕事を紹介してもらうところへ行くのか?
はたまた語学学校へいき、市街地で履歴書を配り始めるのか?


あとは自力でホームステイも探せるのでまったりのんびりするのか?そこが自力でやれば実はそんなにお金がかからない・・・実は知れば知るほどに選択肢が広まるのがオーストラリアでもなんでもワーホリ!知らないからその代償としてお金が知っている奴のもとに転がり込む。

 

これが気に入らなくて調べて調べまくっていたあの当時・・・


そして今はオーストラリアの仕事探しと履歴書の添削、そしてオーストラリア政府がワーホリメーカーのために設置したオーストラリア版のはらーワークのようなものがあります!


インターネットは使い放題!履歴書の添削は無限にやってくれました!仕事の探し方、実際に探している求人を探してくれる心強いオーストラリアのエージェント!


日本のエージェントに30万払ってやってもらうサポートが本の200ドルで受けれる!そんな場所をこっそり教えます!
知らないから本当にお金が出てしまう。・・・・本当にこれが損するところ


30万払って使えないエージェントのサービスを受けるよりも、
たった2万円で使えるオーストラリア現地で優れたサービスが使える秘密の場所が実はある

blog_import_54d861976cea2

 

そこはオーストラリア政府がワーキングホリデーで渡豪した人たちのために作ったところで日系のエージェントでも何でもない

実際に僕は希望の職場を探すにはTOEIC320点と語学力が絶望的に低く、職場を探すアイディやひらめきが出なかったし、どう職種があるのかさえわからなかった。そんな僕でもたった3日で希望の職場を探し出すことができた、かつ日本語で相談可能なところがあるとしたら?


すでに渡航している人は時間の節約になると思わないだろうか?


これから自力で80万円ほどで渡航しようとしている人は心強いと思わないだろうか?

仕事以外でももちろん法律のトラブルなどの解決方法も教えてくれる


日本の留学エージェントは仲介手数料さえ取れればどうでもいいという人たち

そんな人たちに150万単位でのお金を払う必要があるのだろうか?
50万円、80万円単位でオーストラリアワーキングホリデーに行きたいと思っている人への提案出し、僕はここのおかげでワーホリが終わらずに済んだ
経験を持っている

 

だから自信を持ってお勧めする


しかも、ニュージーランド、カナダワーキングホリデーにも役に立つという場所だから知っておいて損はないし、知っておかないと得もできない
留学エージェントのぼったくりに泣かされてほしくないから、このブログを読んでくれているあなたにこっそりと教えたい
30万払って使うエージェントなんかよりも2万円ではるかに使える秘密の場所を知りたい!

 

それとオーストラリアワーキングホリデーのことがすべて帰国まで分かる無料PDFを作りました!そのダウンロードはこちらから!!上記の場所の情報はこのPDFに含まれています!

オーストラリアワーホリのすべてがわかる!無料PDFを僕の体験から作りました。実際に使ったホテル有給インターンや銀行座の解説すべき3つの講座など実践的な嬢が満載のPDFです!僕の体験から必要なところだけを抜いて自動でダウンロードできるようにしました!

そのほかマイニングの仕事のつき方やローカルの仕事場所のURLも載せましたのでぜひ手にとってみてくださいね!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

無料PDF⇒ダウンロードはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA