ワーホリ仕事の情報!日本人でフルーツピッキングに行くなら必須!ハーベストブックの秘密

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  


DSCN4647[1]
ハーベストブックの正しい理解の仕方

どうも、オーストラリアワーホリアドバイザー 島田です

 

ここ一ヶ月は12月に渡航を考えておられる方や来年の渡航に関しての相談が混み合っており、記事の更新が不定期になっておりまして申し訳ありません

 


以前問い合わせをもらってから実はハーベストブックの秘密に気づく・・・

 

前回コメントをくれた人へ

 

おそらくアップデートか何かで削除された模様です。現地に行っておらず更新についていけずにすいません。
ただウールピッキングだけはちゃんとありますので安心してください。そして今回はハーベストブックのその昨日に管理人が書き忘れていたので書くよ!




ハーベストブックって結局のところHPの断片である

DSCN4649.jpg 
ハーベストブックの本当の価値ってなんなのか?

 

管理人は確かパースに滞在していた時に「漁船の仕事」を探している人と少しパースに滞在していた時がありまして。その人はずっと探していたけど、時期が時期だったからダメで、その後NZにワーホリに行ったんだけどその人はものすごく過酷な仕事、「漁師」を探していた・・・

何度か触れているけど、韓国人は飲食店、フランス人はなぜか過酷で稼げる一攫千金の仕事の情報網を持っている・・・

 

fisherman で検索したら出てくるよ


時期としては3月から5月くらいの時にダーウィン当たらりから船が出るという情報だけ。実際は既に応募した時には船が出てしまっており遅かった・・・確か6月くらいだった。ピッキングが終わってすぐだったから。
でも2週間海の上にいて一日だけ陸の上で休むという過酷なものですが・・・

 

ハーベストブックについて

DSCN4654.jpg 

 

さて、話を戻して「ハーベストブックは情報の断片」ということを書いたんだけど、ようはハーベストブックというのは、政府が運営している求人情報を目につきやすくするために本当媒体で無料で配っているだけ、っていうのが狙いであり、あとはオーストラリアの問題点、農業という主要産業に従事するOZがいないから過疎地の労働力をまかなうという目的でセカンドビザなるものを作り、過疎地の働き手の不足を補うということをしている。

 

その求人情報の一端が「ハーベストブック」こと
なにがいいたいかって?
ハーベストブックの裏表紙を見てごらんよって
別に表紙でもいいけど・・・

amazonkindle_html_43893921

 

URLがあってhttps://jobsearch.gov.au/harvesttrail/
というURLを見て欲しい。

実はこのサイトからちゃんとみれば結構情報はあるんだよね。本にはワークホステルが書いてあるけど、結構農場に住み込みで働くという求人が出ていたりする。

農場持ちのアコモデーションの情報もあるから無理してワークホステルに止まる必要もないのかな?と。でも管理人的な予想だけど結構求人の間口が広くても求人の絶対数はそれほどないのがオーストラリアだからね。

 

そしてタイトルと見ればわかるけど「harvesttrail 」要は旅しながら農作業で稼ぎませんか?というワーホリの人向けのニュアンスです。実際にケアンズのインフォメーションセンターで根掘り葉掘り聞いてしまった(笑)

 

管理人は思うんですよ、実はハーベストブックを通じて政府の求人情報のサイトであるhttps://jobsearch.gov.au/harvesttrail/ というHPを広めて行きたいのではないか?という狙いがあると踏んでいる。

だってハーベストトレイルっていうネーミングがセカンドをとってもらうのが目的だからその気がプンプンしている・・・

じょうきのURLを見てみればわかるけど実は本に書いてあることが全てではなく、URLを使ってもらうことが主たる目的なような気がしてならない。


しかしそこまでみんなが見ないから情報がかぶってみんな同じ所に行っているのではないかと思っている。

しかもキーワードが「picking」で探せばいっぱいあるから、しかも16人とか具体的に募集人数を書いているからむしろ、というか本当にワークホステルにイチかバチ家で行くということが本当にナンセンスな気がする・・・ 

 

 

◆インターネットを活用して仕事を探す

amazonkindle_html_3860fd8a
https://jobsearch.gov.au/findajob/job.aspx?CurrId=2251662630


上のURLは検索キーワード 「picking]で検索した例だから是非とももっと活用して欲しい。
以上小ネタですまん・・・


でもピッキングで精神とお金がギリギリの状態で働くってはっきり言って僕には耐えられないからあんまりおすすめしません
日本人女性ならなおさらやめたほうがいい。精神力に自信があるなら話は別現地に行っても渡航する前でも参考になるから損はない


そしてピッキングの難点としては仕事があるかどうかが天候によって左右されるということ

だからあんまり経済的ではないと思うし、単純作業とスピードが求められるからあんまり僕個人はお勧めしない職種

 

単純に僕は嫌いだから


そしてワーホリの最中では銀行を使うことによってお金を増やしながら行うことができる裏ワザが存在する

 

オーストラリアの銀行口座で開口しないと苦労する三つの口座

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA