オーストラリア 税金申告書の書き方 taxation decralation

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •   
  •   
  •  
  •  
    1
    Share

DSCN4422

 

どうも!オーストラリアより帰国しました!!島田です。

今回は 小ネタ「Tax file number declaration」の書き方についてです。誰しも必ずオーストラリアで働くならこれを書かなくてはならず、書き方を間違えると税金が容赦なく取られます!

ワーホリで少しでも資金を貯めるならここは押さえておきたいところです TAX FILE DECLARATION ってなんでしょうね?ビジュアル的に分 かるように写真を載せますよ

 

 

 

 

 

給料をもらうために必要な書類その2  

早い話が絶対に上記のようにチェックをつけてください 左側はTFNと住所を書く欄なので割愛です

上記の写真の上から

従業員の区分→casual にチェック

「あなたはオーストラリアのレジデンスですか?」→ YES

このカジュアルという区分は短期的な滞在者のことを意味します。2014年7月から賃金が3パーセント上がっており税金も上がっています。

ワーホリメーカーは何と!32.5パーセントも税金払っています!!!

そしてカジュアルという区分にしないと、実は永住者と同じパーセントの税金を取られます。それは20.5パーセントです。

なので確定申告の時に「永住者ではないということがばれる」と10パーセント分の追加徴税が発生します。これが確定申告するとお金が出ていくという都市伝説の正体です。

質問の9番以下は全てNOで構いません。

この質問を見る限りかなり外国人労働者に依存をしている国なんだなって思います。でもこれはこれで超重要ですよ。

小ネタでした!

 

 

ワーホリ時代の記事目次

 

ワーホリ帰国後の鳥取移住編目次はこちら

◆キングスクリークステーションで働くとこんなにワイルド(;´Д`)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA