ワーホリ中の永住挫折小話~ 永住ポイントって気にしていますか?

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  


世界のワーホリの入国規制が変わっている? 

rp_t02200165_0640048013218401219.jpg

 

バッキューン!!

はい、どうもオーストラリアワーホリ トータルアドバイザーの島田です!最近は焦っています・・・

何がって?

カナダワーホリを人生最後のワーホリにしようかと思っているけど何やらビザの申請をするコンパスが未だに開けない・・・

自力で申請しようかと思ったけど、ビザだけは代行に任せようと思っている今日この頃・・・

 

 

シドニーでの立てこもり事件があってから入国の規制が変わったきがする・・・

 

 

オーストラリアのワーホリビザって実は僕が渡航した当時は270AUSドルくらいだった・・・・2011年のことです。

でも今ではなんと420AUSドルってありえない・・・

 

 

やっぱり何かしらのkハードルは上げていかないといけないようになっているね。シドニーの立てこもり事件以降は。

しかもカナダのワーホリビザの申請料金も250カナダドルになっているしね。早くとっておけばよかった・・・

話を戻して、永住に関する話の続きをばいたします

※あくまで今までものは僕の主観です

 

 

 



永住に必要な永住ポイントって何?

 

blog_import_54d863899abf9

まずは自分が「永住するために必要な「永住ポイントについて」知っておく必要があります

海外での仕事をした経験や学歴に対してつくぽいんとがあり、2011年に改正になっていてます。そして語学力にも永住ポイントが付きます。

永住にはこれらのポイントが総合的に加算されていき、合格していればなれる可能性があります。

あくまで可能性があるという言い回しにした理由は、オーストラリアの職業リストの都合のためです。

例えば最近では復活したり消えたりしている「くーカリー」という調理師の資格、技能で永住しようとしている人を例に挙げます。

基本的には「移民」というものは「オーストラリアの国益に貢献できる有能な人材」ということと考えています。単純にはオーストラリアの国民ではできないことをしてもらえる外国人というイメージです。

少し違いますがね。。。

オーストラリアが欲しいとしている人材です。



ポイントの解説



まずは改正になったあとの解説をします

改正後<
br>18~29歳 30点
30~34歳 25点
35~39歳 20点
40~44歳 15点

というのがまずポイントになっています。これって何を指しているの?というところを話しますね

 

 

 

海外での職歴

 

 

 

海外での職歴に対する評価
申請日から遡ってオーストラリア国外で永住リストの職業にリストアップされている職業での職歴がある場合は

過去5年のうち3年以上ある場合→ 5点
7年中5年以上→10点
10年中8年以上→15点

という加点がされます。

 

 

 

◆英語力◆

IELTS6点は最近では必須です。以前は5.5点があれば申請のポイントが貰えましたが最近では最低点が6点取っても永住ポイントの加点はされません
6点取れないと申請するしないの土台に上がれないんです。

(ちなみに僕は5.0でした。以前は15点もらえたのですが2013年は既にもらえないレベルでした゚(゚´Д`゚)゚)

 
IELTSのスコアが

7.0点⇒10点、

8.0点で20点の加点ボーナスが貰えるという基準になっている。

(たかい・・・)

 

 

 

◆日本の教育機関は認められないのか?◆

日本人に関して一番大きな変化は、

単に日本の大学を卒業(学士号)をしていただけで与えられた言語ポイント5点が無くなった点でしょう。NAATIレベルでないと加点されない。

 

 

 

━━━━━━━━━━━

NAATIレベルとは?

━━━━━━━━━━━

NATTとは英語のレベルが翻訳のレベルにあることの証明です。はっきり言って僕には無理でした・・・

当時はメルボルンに行ってとろうかとか甘い考えでした・・・

階級は4つに分かれており(無視してもらっていいです)

等級2
Paraprofessional Translator
Paraprofessional Interpreter
等級3
Translator
Interpreter
等級4
Advanced Translator
Conference Interpreter
等級5
Advanced Translator (Senior)
Conference Interpreter (Senior)

そして何が変わったかといえば日本の大学を卒業するともらえる学士号を持っているだけでは5点のポイントがつかないのです。

オーストラリアの翻訳と通訳の機関では日本語は評価をされないようですね。

これらのポイントが60点になると永住がでいるというものです。永住ってこのポイントで審査されるから本当にあっちがいらないなら無理です。

ちなみに狙い目の職業としては

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

美容師(Hair Dresser)

※オーストラリアで、永住権をこの職業で取る人はいです。調理師より人気です。しかし床屋はめちゃめちゃ見かけるんですが、腕は悪いので競争には勝てると思います。

永住権Skillポイント 60点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

調理師(Cook)※オーストラリアでもこの職業の需要は飽和しているんです。はっきり言っておすすめしません。
永住権Skillポイント 60点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
看護師(Nurse)※日本で看護師を持っている方は期間が短くなるので永住権を目指します。最近看護留学が流行っているのもこの理由でしょうか?
永住権Skillポイント 60点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
製版・出版(Graphic Pre press)※意外としられていないですが、この職業も永住権ポイントは高いです。
永住権Skillポイント 60点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会計士(Accountant)※実はオーストラリアでは、昔から人気の職業です。しかしOZはめんどくさいのを嫌うので主にここら辺は移民がなっています。シドニーのシェア名とのインド人やパキスタン人はこれらを目指しています。ものすごい数のインド人がこのコースにいますので飽和になるのも時間の問題?なような気もしますが未だに需要アリです。

永住権Skillポイント 60点

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通訳者(Interpreter)※この職業がオーストラリアでは、一番永住権ポイントでは堅いです。僕もこれを目指しましたが・・・TOEIC320程度ではまず不可能ですよ゚(゚´Д`゚)゚

永住権Skillポイント 60点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
冷蔵庫・エアコン技師(Refrigeration and Air Conditioning Mechanic)※オーストラリアでは重要なこの家電修理、職業需要も高いです。
単純にメカニックはメカに弱いのでほぼ治すことが出来ません。(#^.^#)

永住権Skillポイント 60点

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まずは移住ポイントが60点というのが大まかな目標です。あとは学歴や海外での職歴があればなおさらいいです。

さて続きは次回です。

 

◆ほかの記事もどうぞ

北海道のトマムの記事

 

北海道稚内のボラバイト編

 

フランス滞在編
記事下の目次リンク
青年海外協力隊に落ちた時の話

 

アリススプリングスでこんなことしていました!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA