ニュージーランドワーホリに向けて~英語のお勉強開始!!TOIECとIELTSの本質的な違いを31から理解する!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  
1436012675445
 (写真は見づらいけど555点でした!)

はいどうも、ディープなワーホリメーカーの島田です!

 

ただいまニュージーランドワーホリを目指して貯金中!!またNZの国の仕組みも暴いていこうか? ・・・というような腹積もりです。もしいけたらとしたらの話ですが・・・

 

でもね、行くか行かないの話だだkら僕の覚悟の問題です。 正直身の振りというのを考えざるを得ない状況なのが痛いですね ☆⌒(>。≪) でも仕方がない。世間から見て正しい方を選ぶのか、自分が楽しい方を選ぶのか?自分と対話して、 自分のココロと向き合って、自分の本音から目を、耳をそらさずに生きていきたい。そんな胸中です。

 

◆一番ワーホリで気にあるモノってお金と???

 

 

さて、みんなワーホリに関しての気になるランキング上位に入ると思われる

 

英語

 

これはどのように勉強しているのか?

 

基本的に人それぞれだと思いますし、現地に行ってからの勉強を初めてもいいと思います。かつて僕は語学学校ではなく、仕事に趣を置いていたので、仕事を紹介してもらえるエージェントを頼って渡航し、 結果的に渡航6日目にして仕事にありつけましたが、語学ができないなら誰とも喋らない、短調でつまらない仕事しかありつけません。

 

 

唯一の救いは時給が高く、僻地なので貯金ができ、そこで働くのが終わった時にどうやって動くかの計画を立てつつじしゅうになりますが、英語も自分のペースで勉強できます。いっぱい5ドルのビールを勉強代にしてパブやバーに行って注文や会話を聞く、実際に話しかけられるとピンチですが、そこで潜在能力を出してしゃべりましょう!

 

 

ではおかねがないなりに英語の勉強ができる方法を僕のやっていることから書いていきます!!

 

 

東京英会話クラブでワンコインでグループレッスンを受ける

1433802341350

 

 

さて、最初の写真は僕が未だに使っている電子辞書のTOEICの模擬でした! 予想スコアは555点、最後の文章の問題の読解ができておらず、かなりもったいないy内容になっているのがわかりました。そして僕は、IELTSのスコアのを持っていますが、基本的にTOIECはかなりマイナーな言い回しをテスト出されているので、実践的かどうかよりも、知ってるかどいうかを試されているような感じ。 いわば、

 

英語のトリビアをどれだけ知っているかどうか

 

 

の部分がスコアに関わってくるような気がする。


◆まずは日本人どうしでも喋る人と関わろう◆ 1433651244097

 

さて僕の地元にある「蔵里」(くらり)は小江戸川越の観光名所ひとつ。ちょうどクレアモールの終わり際辺りにある、川越駅から一本で行けるところ。結構わかりやすくて行きやすい。

 

参加費用は500円という破格のグループレッスンだし、しかも中上級はほとんどの人が海外勤務から立ち寄ったとか、もともとワーホリしていたとかそんな感じでぺらぺらだし、人の言葉を聞いているだけで自分のボキャブラリーも自然と増えていくし、困ったときの日本語頼み?的に「今言った言葉の意味ってどういう意味ですか?」というようなこともできるのは日本にいるうちだけ。 実際にはファシリテーターが会の進行をしてくれてその都度、自己紹介や、ゲームのお題も出してくれます。

 

 

あとはどれだけ自分が積極的にしゃべるかどうかですね。

 

川越英会話クラブのHPはこちら

 

 

それと東京英会話クラブや神奈川はこちら

 

 

 

いずれも500円と交通費等リーズナブルな価格で日本人でも英語の話せる人たちがじつはたくさんいるということを知っていくということはかなりの地震につながるということになると思うし、いきなりネイティブの発音についていこうとしなくてもいいと思う。日本人の英語で何を言っているのかがわかるというレベルでもかなり通用するから。

 

 

 

あくまでこのブログは「ワーホリに特化している」ものだからこのものさしで話を進めるし、記事も書いていく。

 

もし、その程度ではなく、国際的な通訳、貿易事務などの高みまで行きたいのであればこのブログはあなたの役には立ちません。どうぞブラウザをとじてくださいね。僕ではお役にたてませんから・・・

◆グループレッスンでまずは言葉のレパートリーを増やそう

rp_blog_import_54d85b635812b.jpg

 

 

渡航当時はノート5.6以上は勉強したんですけね。 結果はIELTS5.0でした。今なおせっかく勉強したのに衰退するというもったいない状態。しかも僕の英語のベースはあくまで英検というものなのでネイティブからすると少しえらそーに聞こえるよう。 あとは僕がとこう当時に確かめた事実としては

 

・英検は準2級程度がわかれば日常英会話に支障はない

 

実際に僕は準2級を受験して正当率は50%でじつは落ちていました・・・そんな状態で行ってもなんとかいけました。あの当時は単語こそそれなりに知っていましたが、てんが線になっていなかった状態だったからあまり意味がないように思いましたが、以外に現地に行けば情け容赦のない

 

「英語のシャワー」

 

が僕の英語の単語の知識を強制的に線にしてくれましたね 笑 まず渡航する段階では会話力よりも単語力があったほうがいいと僕は思います。 もちろん資格で測れるくらいの結果を持っている人はそれなりの英語力があるということなのでそれに越したことはないですが、一番の問題は

 

 

「ワーホリに行きたい人はまず行きたい気持ちが先行している」

 

 

ということが挙げられます。でもこれが仕方ないですね。僕もそうだったから笑 だとしても自分に正直になっていくべきだと思います。 仮にTOEIC900点あったとしてもその人のバランスが極端に悪いと、例えばスピーキングがものすごくできないと面接でもからなず落ちますし、リスニングがあまりにできないとほぼクビになります。

 

基本的には受身で英語の理解ができる、言われたら理解できる程度の英語力が最初としては理想ですね。まず理解できることが前提です。

 

 

◆最低限の英語力ってどの程度さ??

 

 

だいたいそうですね。僕の英語力からの体験から書いていきますと

 

おおよそ

 

 

・英検なら準2級 (これ以上はいらない。この理由は後で説明します)

・日本からオーストラリアに行くならIELTSを日本で受けたほうがいい

 

・英語の文法はケンブリッジ英検参考書の初級で十分

 

というのが僕の持論です。 渡航してから気づいたことです。僕の屍をげしげし踏んでいってくださいね!!

 

 

◆ネイティブに英検を見せてみたところ・・・

blog_import_54d864792965e

 

渡航した当時、英検準2,2級、順1級をじつは持って行きました。そしてホストファーザーに見せてみました。 すると順2級の教科書から上に行くに連れて徐々に正解率が下がっていき、準1級はほぼわからないし、 「お前は政治家か?」 とまで言われる始末。これはどういう事なんでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1 単純に英検自体は最終目的が学術論文を読むようなゴールんあっていることであり、国連英検と少し似ている問題が1級クラスになると出てくる

 

2 もともと会話というよりは英文事務、や通訳(学術的な)に精通しているような気がする

 

3 海外でも通用する、留学できるとHPではうたわれているけどやはり進学はIELTSのacademicが重宝される

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

うーん3は要りませんでしたね。要するに用途が華光バエティに飛んでいるんですがあまり多様すぎるし、IELTSのように特化していない、かつ使用目的がかなり高度なので結構一次試験で落ちる人たちの方が目立ちますね。僕もそのうちの一人ですが。 日本国内の企業は英検の方が評価が高いですね。

 

 

◆英検をぶった切った形ですが結局どこに評価されたいか?を選ぶことと、実際に話せるかどうかを重視する企業であればバツに資格はいらない◆

 

 

まず僕がワーホリから帰国してからであった現実として、

 

「IELTSは日本では評価をされない」

 

という現実があります。

 

 

渋谷のヒカリエの最上階にある派遣会社に登録しに行ったんですが、IELTSをごり押ししてアピールしたけど コーディネーター 「IELTSってなんですか?多分TOEICを受け直したほうが企業様の方にとっても優しいのではないでしょうか?」 という感じでしたね。 派遣コーディネーターを相手にしても仕方がないですね。

 

やはり帰国間際にTOEICを取るほうがいいようですね。もし日本で就職をするなら、の話ですよ。

blog_import_54d8621d43e7c blog_import_54d861f687b98 blog_import_54d861f5115ba

 

 

あと上の写真は一時帰国して帰った時に日本で買って渡航中に勉強したもの一式です。 未だに日本でのIELTSはほとんどがアカデミックのものしかないんです。しかもgeneralとacademicは区別されておらず、海外の認識度から比べると理解がうすいかなおざりにされているような感じが拭えません。

 

 

しかも日本語で書かれた本がgeneralに関しては一冊しかないし、物足りなすぎる内容となっております。 頑張って洋書のIELTSの参考書を買ってしまったほうがいいですね。渡航前に「英語でしか英語を勉強できない」という現実を前もって知っておくいい機会かもしれませんね。 なにはともあれ勉強・・・ あとはニュージーのスラングとかも覚えておこうか・・・ 金がたまらんな・・・

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

2 件のコメント

  1. 通りすがり 返信

    ブログに致命的な欠陥があります。
    文章が長いと全てが表示されてなくて何が書いてあるかわかりません。
    一度サイト全体を見なおして全てが正しく表示されているか見なおしたほうがいいと思います。

    • love-aus-is 投稿者返信

      どうも、ご指摘ありがとうございます!

      最近アメブロから引越しが終わって今は体裁を立て直している最中です。

      徐々にやっていきます!すいません・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA