カタジュタカルチャーウォーク!エアーズロックのツアーに参加!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

SANYO DIGITAL CAMERA

 

どうも!ニュージーランドワーホリか田舎移住か・・で揺れている島田です!

年末までにNZワーホリに行くのか?田舎に行くのか?それを決めないことには人生が定まらないという危機を感じています!伊豆でスキューバダイビングのCカードを取ろうと思っていたらなんと今夏は既に予約で埋まっているという残念な結果で9月には取らないとダメっす!!

 

ニュージーランドでダイビングの資格を取ってダイブマスターになったらそのまま世界を放浪しながら働けるのか?なんていう幻想を抱いています笑 ワークパーミットがどんだけ厳しいか分かっていないですね。

 

さて今回はタダでエアーズロックにいき、ツアー代金だけでしたという記録のカタジュタツアー!宮崎駿もここに来て風の谷のナウシカの舞台に決めたという元祖風の谷?「カタジュタ」のカルチュアるウォークの模様です!!

 

◆日中はかなり日差しが強いので水は持ってこよう

SANYO DIGITAL CAMERA

 

さて、サンライズが終わったら今度はカタジュタへ行きます。バスがついたら結構な距離を歩いていきます。結構と言いましたが、僕が言ったのは1月でかなり気温が高く、汗が止まらない本当にしんどい季節でした。結構ブログで言われているハエに関しては全然いませんで、快適でした。おそらく季節でしょうね。

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

えっちらおっちら歩き風の谷へ突入!!ものすごく壮大な景色ですからね!僕は興奮です!!

 

海ではなく山派の僕はすごくウキウキしていました。近くまでくると遠くから見てもでかいのに近くまでくると本当にでかい!!!

 

SANYO DIGITAL CAMERA

この日差しの強さはかなりのもの。オゾンホールに入っているオーストラリアは紫外線ほぼ100%の日差し。気温は6月とかでない限り40度に近い。(僕が行ったのは1月だったので)ガイドさんいわく水は必ずボトルでもってこないと脱水症状で倒れてしまうから気をつけろ!!ということはかなり強く言います。本当にその通り!連日40度以上の砂漠の中で働いた僕は言えますし、同感です。

 

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

ここが風の谷。この岩のあいだは風がビル風のようになっていて、風が本当に強くなります。といっても涼しかったですね。それ以上に日差しの方がしんどかったからなぁ・・・

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

岩の表面はこのように穴があいています。でもどうやってこんなになったのか?

 

わかる人、コメントください・・・

SANYO DIGITAL CAMERA

 

この谷の先に行くと水が溜まっているとこ(多分地下水?)があり、植物が生えています。砂漠の植物は基本的に上に伸びず、したに値を長く張って生きています。それも順応性ですね!

SANYO DIGITAL CAMERA

 

実はアリススプリングスって洪水の傘を図るインディケーターが道路に設置されているのを知っていますか?あれんもいっていましたが、洪水いなることもあるらしいい。そしてその水はすべてエアーズロックやキングスキャニオンの方に流れてしまうようです。そして地下に水が溜まってそこに蓄えられる。そんなかんじで

 

ここに来るまではこんな感じで風が結構吹いています。ただ・・・バッテリーが充電できないのが本当にしんどかったですね・・・

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA