世界陸上でジャマイカとボルトを勝手に応援してる?鳥取県。移住がしやすいし移住したいと決めた3つの理由

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

SANYO DIGITAL CAMERA

どうも!ただいいまニュージーランドワーホリと田舎移住と+アルファを模索している島田です!!

今回はようやく鳥取の記事を書くことの余裕ができてきました!カワードプレスに引っ越して以来、過去記事の直しに終われており、「いや、これ見たことあるから!」ということを思った読者の皆様が多くおられたと思います。ようやくオーストラリアワーホリからこれからの新しいステージのことを書いて行けるので飽きさせない記事をお届けできると思います。

 

◆ 1 前回の記事より・・・田舎のほうが先進的なライフワークのバランス(ダブルワーク)がとれるしそれに寛容なのが鳥取 DSCN5421

先月のお盆に田舎移住の下見を兼ねてとおとりの岩美に行ってきました。そして9/6日に東京の移住交流ガーデンで鳥取から実際に移住を果たした人たちと交流ができるという機会があったのでのがつがつ質問してきました笑。本当に聞いたもん勝ちだね。基本的に就職するよりはナリワイを作っている人たちのほうが多い印象です。

 

半農半Xというような兼業のスタイルは島根県が発祥というように言われていますが実は鳥取が先に始めていたんだって。夫婦で何かしらの収入源、もとい仕事をしているというような風習は鳥取が一番先進的です。基本的に仕事の掛け持ちが文化として根付いている。都会では副業がばれたら即追い出し部屋生きなのにね。前回の記事で紹介したLASSIC という企業のこともあるけど、夏はカヌーガイド、冬に起業に勤めるというライフスタイルを認めている会社が日本にあるんですね。

 

実際にそうやって生きている人に会ってくることもできましたね。やっぱり職歴に対しての能力も必要ですけど・・・

 

実際に地域おこし協力隊員のかたで隊員の任期が終わった後を見越して漁業権や船舶免許を取っている方もいますし冬場は酒蔵で蔵人をやっている人もいますしそういった求人も見かけます。実際に高知県の乗りの養殖は熱い!!って思ってしまったりもしたんですね笑

 

船舶免許があれば結構いろんな選択肢も増えるのかな?って思ったりもしました。あとは夏はカヌーガイド、それ以外は鳥取のしないでパチンコの店員をしているという人もいました。こういったことは過疎地で人がいないからこそできることですね。人を一つの組織で拘束してしまうと回らないことになる・・・ここら辺の寛容さや柔軟さが鳥取のいいところですね。その他林業をしている人も朝5時から12時に仕事が終わるので午後から畑をしたりというダブルワーク自体がスタンダードになっているのが面白いと思いました。

 

何かと生き苦しい都会よりも鳥取のほうが面白いですね。副業がばれ内容にやる都会よりも生きやすいかもしれませんね。

 

◆ 2  固定出費が安く済む

 

DSCN5442

 

 

写真は僕が実際に泊まった旅人NOTEの正面です。ふつうに一軒家です。全国空き家ネットで岩美の空き家情報を見てましょう。→空き家ネット

 

ほとんどが交渉ですが、基本的に鳥取市の一番安い家賃相場は2.9万です。なのでそれ以下で借りることが絶対といっていいほどできると踏んでいますし、実際に現地に行って空き家を見てその家の持ち主を探して直接交渉したほうがいいですね。平均2万円で借りれるようです。ただセルフリノベーションは必要ですけどね。

 

あとはWi-Fiですが、これに関しては電波が届くかそうでないかのエリアがわかれていますので、気を付けたいところ。固定出費を減らすはずの話ですが、ここら辺は自分お収入源と密接にかかわってきますので投資したいところです。

 

あとは冬の間にガスがどれほど節約できるのか?にかかっています。基本的にソーラーの発電も試せるところなので自然エネルギーも視野に入れておきたいです。いかに光熱費の節約をするかどうかがポイントになるようですが、収入源さえ確保できればなんとなく行けそうな感じがするのが今のところの僕の見解です。

 

 

◆ 3 実は仕事って回ってくるケースが多い

 

DSCN5768

 

写真は島根の酒蔵ですが、冬の間はこういった季節労働の求人が結構あります。なので季節労働をしながら生きていくことができます。これは僕にとってありがたいことで、空きが来ないのが大きいです笑

こういったライフスタイルがあるのは本当に大きいですね。あとは玉掛とかとれば林業でも重宝されるはず・・・ユンボとかも1日でとれるし。とにかく選択肢を多く持っていくことが今の僕の過大かな?って思っています。あとはダイビングも鳥取砂丘でラクダに乗るのもパラグライダーもできる!!という僕のよこしまな考えです。でもこういったライフスタイルが実現したらどんなにいいでしょうか・・・

 

その可能性は大いにあるのが鳥取です!

 

その他若桜町というところでは冬の間は農家の人たちはスキー場のリフトスタッフやスキーのインストラクターをして冬場の数乳を得ているようです。自動的にそういった情報が回ってくるのが地方ならではです。わざわざりぞーとバイトをしないでも済むというのがいいところですね!!

 

ネットでは探れないものが多く眠っているのが地方の魅力なのでやはり行ってみるしかないというのが僕の結論です。(当たり前か・・・)

 

そのほか山村シェアハウスなどでは実際に夏場働けるというようなものがあるのでそちらを体験してみたらいいのでは?ッと思いました。僕も夏場にその情報を知っておけばな…という後悔でいっぱいです。今月の大型連休は島根に行ってきます。(休日出勤を回避!!?)

 

やっぱり体当たりで目で見て確かめてこそですね!!

 

ちょっと今回は鳥取の動画をぼちぼち紹介です!旅人民宿NOTEに泊まった時の動画です!!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA