西オーストラリア パースフォトギャラリー

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

SANYO DIGITAL CAMERA

 

どうも!ただいいまニュージーランドワーホリと田舎移住と+アルファを模索している島田です!!

 

今回はパースの町のフォトギャラリー+僕が感じたパースへの見解です!

基本的には北海道の札幌市のような都市機能という印象です。なんでかというと僕は大学卒業後、7年ほど北海道に住んでいたからこのようなたとえをします。電車もコンパクトで、シティキャットという無料で乗れるバスもそれほど広範囲に出いるわけではないし、それだけ生活に必要な機能が密集しているという場所です。

 

基本的にシドニーやケアンズ、アリススプリングス(は特殊か?)ダーウィン、ブリスベンなど僕が滞在したところは基本的にすべてが同じような街の構造であり、生活圏をベッドタウンがきっぱり分かれているような感じです。企業があるところには飲食店があり、そこらへんを起点として仕事や何かしらの施設があるという感じ。

 

基本的にドイツ人やフランス人たちは口々にしてこういいます。

 

「町がどこも同じ過ぎてつまらない・・・5カ月で十分だ・・・」

 

といいます。確かにそれはうなづけますね・・・

 

僕のような冒険やローでない限り砂漠にずっといたいとか思わないでしょうね笑

 

ではフォトギャラリーと僕なりの見解を示します!

 

 

◆世界一住みやすいといわれるパースってどんなとこ?

SANYO DIGITAL CAMERA

まずは海辺に面したとてもきれいな場所です。基本的に海に面しているし、海岸沿いにランニングコースや健康器具が無料で置いてあるので日本の会社で福利厚生というような感じでフィットネスクラブの優待とかははっきり言っていりません!本当に健康的な場所ですね!

 

SANYO DIGITAL CAMERA

上の写真はランニングコースとサイクリングコース。少し頭に来るのは後ろから来た自転車が追い越す際に気付かないとこっちをにらむということでしょうか?

 

正直「お前の前方不注意だろう?」という険悪なムードにもなりましたね。どうやって気を付けろっちゅうねん!むしろお前は気を付けていないだろうが!!

 

こういったところは自己主張しかしない西洋人的な人たちですね。実際にオーストラリアでは自転車と車の衝突事故が本当に多く起こっており、日本の自動車の教習所では必ず巻き込み確認はするように言われますが、こっちで破損あの教わりません。あくまで「こっちは車運転するから気を付けろよ」的な感じで突っ込んでくるから頭にきますね(-_-メ)

 

譲るという文化ではなく主張で成り立つ文化だから衝突してばっかなんですね(;´・ω・)

 

あとは自転車というのはオーストラリアでは本当に嫌われていて

 

道路上のゴキブリ

 

と言われています。

 

基本的に車は巻き込み確認をすればいいだけなんですけどね・・・なんでそんなにしゅちょうしかしなんだろう?という日本人の感覚すれば小言が大事になっているだけなんですが・・・あとは自転車が主張しすぎというのも問題です。なんでゆずらないかな・・・・

 

◆話を戻してパースの町の「すみやすさ」について僕が思うこと

SANYO DIGITAL CAMERA

まずは住み心地ですが・・・・ワーホリのような短期滞在者に限って言えば


 

 

・まずは最低時給が高いということが言われていても2016年以降ワーホリ税が導入されてしまえば仕事の時給次第では家賃や交通費が値上がりを何度もしているので住みづらいと僕は感じます。(パースセントラルに住むならあまり住み心地は良くないです)

 

◆なぜなら僕が済んだKenwick のシェアハウスは一週間86ドルと激安でしたが、この駅はZONE2にあるので交通費を換算すればパースのセントラルに住むよりもわずかに安いだけです。あとは仕事の場所がパース市街地でなければ(Cannington)とかのデリバリーのほうがよほど生活に活にかかるコストが低く抑えることができるからです。

 

 

・基本的に物価が高めでそれに対しての最低賃金を払ってくれる仕事場を探すのは結構至難の業

 

◆基本的にマウントローレーあたりは比較的仕事が見つかりやすく日本人たちの資格になっています。しかし、頭のいい人はミクシーなどの情報収集力があり、そして意外にオーストラリア絵店を出している人たちはミクシーユーザが多い(2007年あたりのセカンドビザがきっかけで永住している人たちが多いから)のも特徴で掲示板よりもジャパレスに限って言えばミクシーを見ていたほうが求人を探すことができる。

 

実際に僕もトライアルのみを確かカフェ、どーにーというところで受けましたがトライアルの分の給料は出ず、賄だけでした。結構ちゃんと市t亜賃金払っているところってあるんだろうか?寿司屋くらいではなかろうか?という感じです。僕がパースの短い滞在の中で感じたところは。この後念願のキングスクリークステーションに行ってしまったので。

 

◆パースの反対側のサウスパースには一軒のレストランしかなく、高級住宅地になっているために土建の仕事くらいしかないと思います。パースにもブルーカラーピープルという土建の仕事をしたい人向けのライセンスを発行しているところがあるのでここに行ってみるのも手です。

ブルーカラーピープル

 


 

 

◆個人的結論

SANYO DIGITAL CAMERA

基本的にお金持ちしか住めないところと思います。永住するならですよ?サウスパースの高級住宅地は2013年当時は建設ラッシュでしたが今はどうなのかわかりません。パースの好景気はいつ終わってもおかしくないということがいつも言われていますからね。

 

基本的に家がきれいなので見た目はいいかもしれません。しかし、収入がそれほどないワーホリメーカーにとってははっきり言って住みにくく、僕は飽きると思います。結局都市の機能が一極集中しているので。唯一の救いは日本食レストランがSなら6ドルくらいで食べれることでしょうか?あそこは人気の食堂ですね!(名前忘れてすいません!!)

 

 

個人的にはパースセントラルに住むよりもそこから少し外れた、少し栄えたところがベストと思います。

 

あとはバイトの掛け持ちでなんとか・・・という次第ですね。当時のワーホリ女王、さお様  がパースでワーホリしているときに連絡してその後とシドニーであえたことは本当に感激でした!なんともがつがつ行くあの姿勢!これこそワーホリメーカーとしての鏡です!

 

ラーメン屋に入っても「実は一番星に行きたいんですけどどこか知っている?」とかまるで

 

マクドナルドの店員に「モスバーガーってどこ?」と聞いているようなも

のです

 

あの積極性が必要ですね!

 

話がそれているので結論繰り返し!

 

◆ 飽きっぽい人にはすぐ飽きるところ

◆ 稼ぎたい人にはあまり向かないところ(いい寿司屋を探せるかどうかは運)

◆ 海が好きな人には本当にはまるところ

 

です。僕の見解でした!3週間しか滞在していないからんなこたぁねぇよ!!!という人もいるでしょう!あくまでの僕の個人的な見解です!!

 

◆パースフォトギャラリー!雑に行きます!!

 

 

 

シドニーのYHAフォトギャラリーはこちら

 

キングスパークのギャラリーはこちら

 

ドニーブルックのギャラリーはこちら

 

ケアンズのギャラリーはこちら

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA