ケアンズの皿洗い!稼ぐワーキングホリデーにはうってつけ!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

DSCN0760

 

オーストラリア ワーキングホリデーのグランドフィナーレは

「有給インターンシップ」

という最後の最後まで依存をしたワーホリに終始しました(笑)

ここまでエージェントに払ったお金は・・・1200ドル+1400で・・・2600ドル!!

こんな軟弱なワーホリですが稼いで終わることができていますよ!

そんなでもかなり稼いで帰ってきました!5つ星のホテルの仕事内容を書きます!

 

管理人最後の仕事場所 FITZROY ISLAND 

DSCN0992

 ここは最後に使ったエージェント「ZESTY」という韓国人系のエージェントのつてできました。 (

アイエス留学ネットワークと提携しているところです) ロケーションは本当にいいです!海が好きな人はぜひぜひ行ってみてください!

ちなみに自力で応募することも可能です!

www.fitzroyisland.com/  [contact us]から連絡を取ってみてください!人事部に掛け合ってくれますよ!

 

 

アイエス留学ネットワークはシドニーの無料エージェントの部類なので親切丁寧にオーストラリアのしどにーの生活に関しても丁寧に教えてくれます。基本的には海外のエージェントというのは物事の本質を教えてくれるので、不親切な親切で教えてくれます。結局のところは自分次第というところなので少しだけ内省をして自分のワーホリ中の在り方を明確にしてから行ったほうがいいです。僕はもっと個々の部分をしっかりさせてから行ったほうが良かったと思います。

 

アイエス留学ネットワークのHPです。問い合わせもスカイプで日本からできますよ!

  基本データ!豪華な時給

DSCN0997

 

  さすが!5つ星レストラン!時給もちゃんと5つ星の高さでした!!時給には満足でしたが同僚とシェフのプライドの高さに見合わない料理の腕と人使いの下手さと荒さがほんとにムカついた場所でした!

でも稼げたからそれで良し!


 

 Kitchen steward position

基本給 21.86ドル

土曜日 26.23ドル

日曜日 28ドル(四捨五入)

そして祝日はなんと時給が2倍!!ちゃんと払われます!!!


 

※そのほか従業員特典としてシュノーケリングはただでできます

シーカヤックもただで乗ることができます。

5ツ星の海をご堪能あれ!

しかし、あえて英文の記事を載せますがこのようなことになることもあります

 

 

シーカヤックをしていて波にさらわれてそのまま未だに行方不明になった同僚です

あれから2年が経ちました。彼は僕と同い年で、オーストラリアの後はカナダのワーホリを最後に日本で働くということを決意していた矢先にあんな目にあってしまいました。その後ケアンズに彼の両親と家族が来て挨拶と彼の部屋の整理をしていきました。彼が生きていたなら今頃カナダのワーホリか帰ってきて、日本での暮らしに戻っていたと思います。

 

彼が生きているはずの、彼が行きたかったはずの今を僕は生きているということを肝に銘じて生きていきます。

 

本当に気をつけてくださいね

 

ハードかつ理不尽な仕事の内容

DSCN0949

    仕事の内容ははっきり言って雑用です。

最底辺のあつかいでした(笑)基本的にんシェフの雑用です。倉庫から食材のストックを持ってくる、皿を洗う、キッチンの備品、特にペーパータオルは必ず切らしてはいけない!

ここはしまなのでもちろん食材も船で頻繁に運ばれてくる。そのため船から食材を15時くらいに出しに行く。この時に車の運転が必要になるために車の運転免許があったほうがいいです

そして積んだ食材を冷蔵庫に種類ごとに振り分ける、その後はなぜかじゃがいもの皮むきやいろいろなマッシュポテトを潰すなど怠慢なシェフのケツをふく(笑)

レストランがオープンしたら皿洗いと賄いを運び、時間を見計らって下げる、そして皿を洗う・・・

という繰り返しだけどその間が忙しい・・・

レストランがすいていればいいけど混んでいると一人で二つのレストラン皿洗いをしなければならずフライパンを必ず洗って間に合わせないといけないからこれがまた重労働。

そしてトドメがレストランが終わったあとのキッチンの掃除です。

これがまた本当に終わらない。

周りのウェイターとウェイトレスが本当に不親切にモノを置いていくからこいつらのせいで終わらないし、時間が過ぎる。

そのくせ時間が長いと文句を言われる・・・

文章がものすごくネガティブではありますが、本当にポジティブなことは何一ついうつもりはありませんし、お世辞にかけることはないです。

それくらい5つ星ホテルの裏側というのはそんなもんだ、ということがわかりました・・・寂しいけど管理人が見た現実です。

 

シフトのパターン表です。

 

8時-17時、2時-22時、17時-22時があります。これは管理人がここをやめる末期のあたりのシフトです。

徐々に管理人は仕事を入れてもらえなくなりました。特に日曜日は時給が高いので余計は入れなくなってきてストレスですし、月曜日は朝から怠惰なOZの尻を拭うことが多く本当に嫌でしたね。

RDOは休日のことです。

    ありえないくらいの怠惰な同僚

F1000010.jpg

OZの当時17歳の同僚は仕事ができないくせに態度と口がデカく、間が悪い!

思い出したくないくらい何もできないやつだった・・・

もうひとりの出戻りのおっさんOZはなぜか昼間のシフトにしか入らず夜のハードなシフトにさらにハードな仕事を押し付ける!

管理人が切れてヘッドシェフともめて少ししか改善されず、僕がやめるよりも先にこのじじいがやめた!

(多分や
めさした)

基本16:30分、ひどい時には16:00には既に帰ってシャワー浴びていた!しかも中途半端に仕事を投げ出して・・

一番頭にきたのは16:00時終わりでも日勤の定時上がりの17:00で勤怠をつけていたことに管理人ブチ切れ、ヘッドシェフに直訴。どうやらお尋ね者になったらしい。

こういうところで主張ができる英語力が欲しいです。

管理人はとにかくムカついて仕方がなかったから辞書を引きまくりました!

どれくらい辞書を引いて調べたかどうかだということがわかりました。絶対に自己主張で負けないことです。

こういうところでは。
多分時期が悪かったと思いますがこういう時もあるということです。今この怠惰なOZがいるかどうかはわかりません。

多分いると思いますが・・・

もちろんこのことはエージェントにも言いましたが結局クライエントの機嫌を損ねたくないから対して何もしません(笑)そんなもんです。派遣って。  ストレスを溜めないためにはドライになる必要がありますね!

F1000029.jpg

上の写真はじゃがいもを向いている時に見つけた珍しい形のじゃがいもです。こんなこともあります。

こういうことを心の栄養にして働き抜いて採算があったらとっととどっか行きましょう!

 

僕がオーストラリアワーホリまでにあったきっかけです。

北海道のトマムの記事

 

北海道稚内のボラバイト編

 

フランス滞在編

 

青年海外協力隊に落ちた時の話

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA