オーストラリア ワーホリ前の語学留学は必要か?

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  


DSCN1006

どうも、最近はオーストラリア ワーキングホリデーの前にフィリピンやフィジーの語学留学が流行っていますね?

確かに管理人があってきた人達の中にも数人いました。
ワーホリ前の語学留学について書きたいと思います。


あくまで個人的な感想ですよ?(~_~;)

最近ではオーストラリアワーホリ前にフィリピンとかフィジーに行っている人が多く、僕も数人会いました。確かにそれなりにしゃべています。しかし実践的か?っというとそうでもなく、可もなく不可もなくといったところです。

大体TOEICを狙ったカリキュラムで授業は行われるようです。なかなかスパルタなところではある一定の中間テストのようなものが有り、それに受からないなら外出禁止令がでるんだって!

まぁ、それはそれでいいんかもね。単純に遊びにいくよりは・・・
しかし、ワーホリに行く前に語学留学というのは結構それでお金が落ちます。僕なんて予算は80万より若干少なく行った気がします。

物足りないかもしれませんが、各エージェントもそれなりの英会話レッスンはやっています。
10万+航空券とか雑費がかかってもっと高いですよね?
個人的には日本の語学学校の方がよっぽど長く通えるとおもいます。

でも追い込むという意味ではやはりいいのでしょうか?個人しだいです。
僕使ったところでも渡航者の前のレッスンがあります。それはそれで結構抑えるべきところは抑えています。

rp_blog_import_54d85ff9902c9.jpg
wage→時給

hourly wage →すいません、これも時間給になります

salary →月給

take home pay →これは僕がちょっとか来てみたアドリブです。手取りになります

day saraly →日給

そのほか絶対に抑えたほうがいいのは

withhold ,

pay slip, →日本で言うところの源泉徴収で、一箇所での総所得額がきさいされてて、確定申告の書類を送ってくれ       って雇用主に言うとまずこれを送ってくる

帰国後のアニュエーション申請にも影響ありなのでなくさないで取っておく

super  annuation →年金 このお金をて元に戻すのは帰国後、ワーホリの終了顔になりますが、渡航している最中            には、この年金を払っているかいないかが実はちゃんとした雇用主であるかどうかのバロメータ            ー。これがもらえるかどうかを基準にすれば違法な仕事に付かないで済むというような基準に             もなりうる

などなどあとはbond →シェアハウスに入居するときに払うお金。退去時には戻ってくるお金

 

blog_import_54d862dcba816

lent →週ごとに発生する家賃

くらいでしょうか?

たしかまだまだあります。

deduction →控除

は抑えるべきですね!

基本的なスタンスとしては「求めよ、さらば与えられんではないですが、主張で成り立っている文化なので聞かないことには全て答えは出ません。

しかも、知らなければ聞けないどころか質問すらできない、というか疑問すらできないのがオーストラリアです。
不親切かもしれませんが日本の過剰サービスっていいなって思える日は来ますよ?

ワーホリを体験できれば・・・
ちょっと話はそれましたので本題のオーストラリアワーホリ前の語学留学に関して。

僕の後悔としては、やはりカッチリとしたコースに入っておくべきと思いました。それと英語を勉強するための英語の基礎がなかったためにそれほど伸びなかったということが挙げられます。

blog_import_54d862d58a784
IELTS5.0というのは「limited user ]という部類に分類され、コミュニーションは出来るけど間違はかなり多いという部類です。

5.5で移民申請ができるレベルです。
僕が渡航をした当時はSVOを主に使って1ヶ月が経ってきたらand を接続詞のような感じで使えてきて、4ヶ月くらいでようやく関係しをぼちぼち文面で使えるようになってきました。

まだ時系列の使い方はできません。
10年前からあった場所 the place where has been in 10year みたいな使い方。
実際は間違っています・・・わかる人、突っ込んでください。

その後KCSで無線での英会話を経て関係しを少ししゃべれるようになりました。結構スパルタでしたね、しゃべれないなら首だし・・・
やはり短期集中でできるほど英語は甘くないと思います。

両親がハーフで日常から英会話が飛び交っている家庭で育った人なら話はべrつですが。
あとTOEICの対策コースはやめたほうがいいと思います。

現地の語学学校の先生はTOEICを軽蔑していますし、インド人は知らないです、完璧。
そもそもTOEICや、英検等は趣旨が受身的なもの、英語簿記や貿易において事務作業に使うための資格であり、だからこそ「スピーキング」というテストがありません。

現地に行く前にとっておきたい英語の資格があるなら絶対にIELTSかケンブリッジをおすすめします。ブリティッシュイングリッシュイングリッシュ圏では重宝します。

IELTSであればじつは日本でやったほうが点はでやすいと現地のエージェントのカウンセラーは口を揃えて言います。

なので、決論として


フィリピンやフィジーに行くのは否定はしませんが自力でできる部分は結構有り、それだけでもむしろ基礎になることがあります。現地の語学学校のコストパフォーマンスと比べると現地の語学学校は行くべきではないと思います。

上記の話はあくまで「ジェネラル」に通うことを前提にしています。何らかの対策コースに行くと世界は変わり、英語熱が同じ学校でもエライ違います。

週320ドルが相場のオーストラリアの語学学校は(バイロンベイはもっと高い)1ドルを100円で換算したとして32000円です。日本のレッスン教室なら3ヶ月も通えるようなところがたった1週間しか通えない、しかも相手は英語が全く話せない韓国人、台湾人、最悪の場合日本人になります。僕は極力最初のうちは英語熱の低い人を避けていました。

それと文法を最初から覚えることが理想ですが、気持ちが早まって先に言っちゃた人(僕みたいな人)はむしろ自分が言いたいことを先にGOOGLE翻訳などで調べてフレーズで覚えていくことのほうが早いです。

実際は仕事でいやでもアウトプットするし、調べてからアウトプットするまでの時間が以上に早いですよ?言わないと首だから・・・

blog_import_54d861f5115ba
2 日本で最低現1500円出して中学の英文法と単語くらいは覚えてから渡航する
実際行ってから何とかなるというのはその人次第だし、英語がわからないとワーホリの幅も狭まります。
仕事の紹介エージェントを使っとしてもすぐに首になるし結局はお金の浪費にしかならないです。

おとなしく日本のグループセッション方式の英会話でひたすら喋っていたほうがよほど自力はつくと思います。
実際語学学校に行くタイミングとしてはとこう初期ではなく、後期がベストと思っています。

実際にその人のプランによりますが、最初の3ヶ月は絶対にセカンドを取るということに充てたほうがいいと思います。それかホテルの仕事を紹介するエージェントが無難です。

その場合は6ヶ月は拘束されますが、6ヶ月も働けば10000万ドル近くは溜まっていますので無理にフルーツピッキングしてストレス貯めてお金を手放すよりもウーフでゆるくセカンドの日数をカウントして勉強を自習でやったほうがいいです。

そのあとセカンドを取ったらもう6ヶ月エージェントでホテルの仕事をやれば20000ドル確定し、ラウンドし放題,もしくは語学の学校で高いコースに行ける,もしくはニュージーランドでもカナダでもいけるんですね!

渡航前の語学力が絶対にものをいいます。

我慢して語学を磨いてから言ったほうが身のためになるということは確かです。

☆補足☆

単純にワーホリを否定している人もいます。なので学生ビザでチャット集中して語学のコースに通って資格だけ取るというのも実は一番効率はいいかもしれません。

ただあなた次第です
明日は明日の風が吹くではなかなかうまく進まないのがワーホリって思います。

失礼しました


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA