オーストラリアワーホリにおけるお金の話~エージェントに仕事を紹介してもらうとこうなる

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

 

 

 

エージェントの依存したワーキングホリデー・・・で僕のワーホリは終わってしまった感がありますね。

 

基本的に自力でやってきた人たちから見たらたわけが!!って感じだったと思います。

 

 

 

しかし、個人的にはなかなかだったような気がします。それなりの効率化を図るならいいような気がします。管理人の依存してきたワーホリの軌跡を綴ります(笑)

 

 

今回は写真や自体が崩れてしまった僕の過去記事をワードプレスに引っ越したあとにようやく直し終わってきています。そして一番よく聴かれた質問事項!それは

 

 

 

結局いくらでワーホリっていけるんですか?

 

 

 

ということ。

 

確かにお金も英語もあればあるほどいいということは誰でもわかっていると思うんですよ。

 

 

 

 

でもね、

 

 

 

 

 

お金がついて回らない世代ですよ、20代って笑

 

 

 

 

ストレス以上にお金がたまってくれればいいんですけどね。そうはいかないのが現実ですよ。なので僕がいくらで渡航したのか?を書いていくとともに、渡航している最中のお金の増減を書きますね!今思えば、渡航前、仕事のサポートをしてもらえる場所を探してここを決めました。今思えばもっと情報収集できたのかな?なんて思います。

 

 

しかしあの当時はここしか目に入らなかったわけですよ。だから仕方がないと思っています。

 

 

それと場所ごとの時給や労働環境の善し悪し、僕のの口座の金額の増えたり減ったりの状況もお伝えしますね!

 

 

 ・国内の有料エージェント IICからスタート!・


blog_import_54d86399459e3

 

 


 

 

さて、記念すべき僕の海外長期滞在の拠点となったエージェントですね。2011年のデータなのでおそらく金額は変わっているかと思います。ビザの料金の値上げや飛行機のサーチャージの関係で値段が一定というわけではないということを頭においてお読みくださいね!

 

2011年10月の時点で支払った金額


 

プログラム費用 435000+8000 ←ゴールドコーストにいってもいいけど結局ホームステイのサポートがブリスベンだから戻ることになる。

 

ゴールドコーストからの送迎費用が80ドルかかった!!

 

航空チケット およそ30000円、

 

AIU保険が148000(エージェントを使うときは強制加入!)

 

ワーキングホリデービザ代行取得代 25500円 

 

(ワーホリのビザ申請費込み!)

 

エージェントの費用のみで  672000円

 

 

それに付け加えて現地の生活費が必要なので+10万円持って行きました。

 

そして現地での交通費や無料の語学学校へ通う交通費がおおよそ50ドル弱や現地の派遣コーディネーターのもとに行く交通費がかかって、現地のの手持ちは

1100AUSスタート!!!

 


 

 

という感じです。今振り返るとファーストワーホリビザの料金が25500円というのは驚きですね!本当に!!今は420AUSドルですからね!!

 

手持ち1100ドルスタートです!当時の為替のレートに助けられていましたね。

 

 

・最初の仕事場セシルプレーンが決まる・

blog_import_54d86207cd66f

 

さて、渡航した後にはイタリア人の移民のアルフさんの家に行きました。ここは本当に過ごしやすく、毎日のサンドイッチは本当に男の料理と言えないほど美味しかったです。この人の家にもう一度行きたいです!!

 

 

 

僕の予算はギリギリのカツカツだったので最初がここでしたがもっと滞在費+交通費を持ってきたほうがいいのでは?というような感想です。

 

仕事紹介プログラムというのは原則渡航から2週間以内に仕事の場所が決まるというものですが、必ずとも給料がもらえるところが決まるというわけではなく、中には2週間にないに仕事が決まらないならフリーアコモに実費移動ということにも極極希になることがあるようなので少し多めに移動や滞在費を持っていきたいところ。

 

そしてシェイクハンドウィズOZから紹介された企業名と労働条件です。(なんとメモリーカードが死んでしまったために工場内部の写真がない!!)

そして12月にここで働いているとフェスティバルに参加できるよ!!


 

VICS timber

 

週休 2日(基本)繁忙期の年末は週7の日が結構続く

基本時給 16.84 ドル

年金

週 57.93 ドル(その週の週給に9%をかける)

控除 200ドル シェアハウス代!!

 

 

 

これが高い!!残業がなかった場合の週給は基本的に404ドルになると思います。おそらくSHWO(シェイクハンド)では420と書かれているとおもいますがこれは情報が古いためだそうです。

 

 

 

お金はもめるよね。当時はなんで契約が違うんだよ!ってみんな怒っていたしね。なにげに日本人が舐められているね。契約は約束と違うのにな。こういったところで舐められないようにしたいね。こっちに落ち度はないしさ。

 

 

 

blog_import_54d862066bcb2


 

環境

 

シェアハウスから徒歩5分のところに仕事場があります。みんなで切り出した木のパッキングを日本人全員で行うためにネイティブの環境ではないです。時たまジェイミーさんとかに呼ばれたりします。その時にネイティブ環境になります。重いものを扱うために結構体力はいると思いますが、慣れればそんなにきつくないです。

 

むしろ超ゆるい部類になります。ここで働けてもいざほかの場所なんかで働けるかどうかはわかりません。SHAKE HAND WITH OZの配慮でしょう。いかにここで腐らずに語学を独学できるかどうかが勝負の分かれ目ではないでしょうか?このあとにKCSに行く人たちが結構いますけど、そこに行くとガラリと英語の敷居が上がるので注意!

 

食料の買い出しは週一回、木曜日か金曜日に行きます。DALBYにランクルをかっ飛ばしていきます!!

 

 

時間はくれぐれも守ってください。遅れるとVICさんが怒ります・・・ 

 


 

セシルの街

20111024114813

 

人口はなんと250人という小さな田舎町。

ここには一軒のお店と一軒のホテル兼バーがあり、このバーで5ドルのビールを粘りながらちびちび飲んで英語を話しまくるというのもひとつの手段ではないかと思います。

なにげにカンガルーハントをしている人たちがいるのでバーで情報を入手してみては?

 

ここで稼いだお金

 

 

 3ヶ月弱の期間働いて 5500ドルが口座にたまりました

 

総支給額は10000ドル、源泉徴収で惹かれたのが1500ドル。

 

だいたい週200ドル惹かれるシェアハウス代が高かったようです。

 

ちなみ初回の仕事紹介料は400ドルを渡航前にエージェントに払うお金の中に含まれているようです。

 

 

セシルの街ってこんな感じ


 

 

 ◆ヨートファームに移動

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

 

そしてこの次はヨートファームだったんですがここはウーフだったので省略します。


 

そしてここから -400ドル 紹介料

-55ドル グレイハウンドバス

-26ドル バッパー代

-25ドルくらい(すまん!忘れた)ブリスベン空港までの電車代

-260ドルくらい シシドニーまでの飛行機代

-29ドル シドニーのバックパッカー代

-25ドルくらい ヨートファームまでの電車賃(行き先はgurlburn)

なんと820ドルというお金がかかります!!!

blog_import_54d8646d6ecda


ざっくりした計算ですが、基本的にSHWO(シェイクハンド)を使う場合は一回の移動に1000ドルはかかるというイメージは持ったほうがいいでしょう。

 

5500-820=4680になりました。

 

基本的に最初の紹介されたところは6ヶ月は働いた方がその後の移動に関する経費が気にならなくなるのでいいかもしれません。


 

 

この時までの管理人が気づいたこと

blog_import_54d8646b68f68

エージェントに頼りたくない!とういあなたはハーベストブックを現地で手に入れろ!初回で辿りついたところはよほどの悪所でない限り6ヶ月は働いたほうがいいと思います。確かにVICS TIMBER は退屈かもしれませんが、ここで自習して、英語力を上げて、6ヶ月勉強しておけばワーホリのその後が相当楽になります。

 

ワーホリの最初の6か月は資金を作りに当てて、

ウーフで確実にセカンドを取ることで2年目からが勝負になります。

 

語学学校の難しいコースに行ける資金力、授業についていける英語の基礎体力。本当にこのセシルの期間を大切にしていけばよかったと思っています。


 

 

◆事件が起きたパースのDONNYBROOKのフルーツピッキング!仕事紹介を使うならピッキングは絶対に行くな!

rp_o0500037513086790007.jpg

 

さて、ヨートファームが冬のあいだは閉鎖という衝撃の事実を知らされてパースのDONNYBROOKに行くことになりました。こっちが行くとも言っていないのに僕をフラグにして

 

ほかの人たちもそこに行くことになったから行けと、

 

 

しかも金は400ドル払えと行ってきた始末。泣き言で金取るんか?という怒りに駆られたのが懐かしい。

 

 

(`・ω・´)

 

 

そして結果を言えばシーズンがほとんど終わっていたから2週間で収穫自体は終わった。ハーベストブックを無料で手に入れられることを知っておけばよかったという強い後悔の念に襲われた時だった。

 

 

この時は仕事の紹介ではなく

 

「場所の紹介」

 

というニュアンスの違いを言われたけどそれじゃ納得しないよね~

 

 

基本的にIIC経由で行くとそれなりに誤解があるからおすすめしない。結局現地のゴールドコーストにあるA TO Zとこの仕事紹介をしているSHAKE HAND WITH OZはつながっているからA TO Z経由でここを使うことをおすすめする。そのときはなぜか仕事の紹介料が400ドルと1100ドルで差があるようだ。2015年現在ではわかりません。

 

さて、ここでお金の収支です

 

 

 

 


 

blog_import_54d86460d98e7

4680からマイナスが・・・

 

 

30ドルくらい  Goulburn – Sydney 間の電車代

 

バックパッカー宿泊費 28ドルくらい (レールウェイYHA)

 

航空チケット    360ドル

 

電車代 パース - Bunbary (ブンバリーだったとお思う) おおよそ40ドル

 

バス代  Bunbarry - Donnybrook 20ドルくらい

 

宿泊費 レインボーロッジバックパッカー  一週間 145ドル × 4週間+5日くらい

 

-1363ドル

 

バックパッカーズでの食事代  おおよそ 500ドルくらい

 

ドライバーへのガス代  165ドル(おおよそ)

 

支出計  -2028ドル

 

 

収入 (PAY-G参照)  2772ドル(GROSS PAY)

 


 

おおよそ700ドルのプラスでした。

 

ピッキングが終わった時点での収支は+724ドルで合計は5424ドルくらい(実際は5500ドルくらいなのであっている範囲です)

 

blog_import_54d8645fbcaa3  blog_import_54d86462c5659 blog_import_54d864638af96

 

 

◆パースの町に戻ってKCSへの強行突破を試みる

 

blog_import_54d86468f316c

 

 

はい次々に行きますよ!この時点でパースに戻り、おおよそ3週間ほどパースのYHA正面にあるセントラルバックパッカーずにいました。この時パースのシェアハウスを探していたのですが、なかなか見つからずに時間がたって言って焦りましたね。

 

ちなみにYHAはほとんど満室だったから部屋が取れませんでした(^^ゞ

 

そしてここでの収支を書いていきますよ!!

 

◆バックパッカーでの宿泊代とその合計

 

SANYO DIGITAL CAMERA


 

セントラルバックパッカーズ・・・・ 140ドル(一週間まとめて予約すると安くなる)×4+5日くらい

食費・・・一週間50ドルで粘った!!!  50×4+200ドル

 

この時点で4734ドル

 

その後、KENWICKに移動して・・・

—————————————————————-

シェアハウス代  BOND  86×3 

一週間の家賃 86ドル ×3週間くらいと5日くらい(2013年6月当時)

おおよその食費  200ドルくらい

work n holiday の入会金 195ドル

そして馬鹿にならないパースまでの交通費・・おおよそ80ドルくらい

 

work n holidayに関してはこちら

 

残金 3678ドル

 

だけど実際にはもっとギリギリで2000ドルをギリギリ切らないくらいまでの銀行の残高になってそこで初めてキングsクリークステーションから内定の連絡が来てアリススプリングスに行きました。(SHAKE HAND を使わず)ここら辺の収支はおそらくもっとバックパッカーズの宿泊費が高かったと思われます。詳しく分からずです・・・でも今生きています。

—————————————————————-

 

◆ケンウィックのシェアハウス

共益費は込み。ただし、電気代の追加料金としてヒーターを使いたい場合は別途仕様に応じた料金が掛かります。シェアハウス全体でインターネットの容量をシェアしているためにひとりあたりの使える容量はだいたい2GBくらいでしょうか。やっぱり制約があるのは海外ならではですね。

 

トイレットペーパーももちろん入っていますから安心です。あとは住民同士の冷蔵庫の問題があります。これは日本人同士だから問題ないですね。インド人じゃなければ笑

あと追加の情報として、west leederville にある教会で無料の英会話と無料でウールワースのパンががっさりもらえます笑

これで食費でお米を買うということはなく腹を持たせていましたね。こういったイベントも活用したほうがいいですよ

 

スティーブヤング牧師の無料英会話レッスンのブログ

 

ケンウィックのオーナーは日本人女性!

SANYO DIGITAL CAMERA

さて、ここがパースの無料エージェントで当時のシェアハウスのオーナーの方が働いている無料エージェントになります。ダイビングスクールとのオフィスシェアになっており、ダイビングスクールのオフィスの奥にこのエージェントがあります。最初に行くと「俺ダイビングしませんけど?」というような感じで戸惑うけど大丈夫。

 

必ず

 

どこか出会いませんでした?

 

と聞かれるのでそこんとこは面白い回答をしてください 笑

SANYO DIGITAL CAMERA

 

ちなみに9月らへんになるといちごのピッキングファームの斡旋も250ドルくらいでやってくれる。でもいちごは腰が悪い人、もしくは腰が悪くなるのが嫌な人にはおすすめしない!常にかがみっパないしということをるルームメイトとが教えてくれた。


 

 

◆週5で履歴書を送り続けて念願のキングスクリークステーションの仕事をゲット!

SANYO DIGITAL CAMERA

 

さて、ここに来るためにオーストラリアに来たというワーホリの最大の目的です。エージェントの紹介なしに来れるとは思ってもみんかった!まさかHPを探し出して自力応募するとかいう道筋で来れるとは!! 単純に仕事の紹介するエージェントも相手の求人の空きがないなら紹介しようがない。

 

ここの場合はシェイクハンドウィズOZが渡航者から紹介料を取ってかつ、このキングスクリークステーションからも労働者の派遣料をとっているんだって。だからその紹介料を払う必要ないバックパッカーの方が雇われる確率が高いということをが僕の体験から分かりました。紹介料というネックなものが渡航者と職場の両方にあるということが少し問題かも。

 

でも仕事を選ぶつもりがない人は使ったほうが楽でいいかもね。目的によるけど。

 

 

 

◆ではここでの収支報告!

 

 

 

一応使ったものがわからないので当時の記憶から2200ドル位からの移動でした。なのでこの記憶の金額でここからスタートします。


 

移動⇒アリススプリングス 360ドル(この時ダブルブッキングして返金してもらった思い出あります。

 

アリススプリングス YHA に一泊   26ドルくらい

 

その日のBBQ夕食代  5ドル

 

+返金(カンタスからの)   + 360ドル

 

2200ドル 残金

SANYO DIGITAL CAMERA


 

 

こういった住み込み式のアコモデーションがあるところへ行けば全然お金は増えるだけなのである種いいかもしれません。あくまで貯金が目的な人に限った話ですけどね

 


 

 

KCSの収支合計

 

ここは毎月、毎週の給料明細が出ないので、PAY-Gのサマリーを載せるだけにします。

 

キングスクリークステーションPAY-G

俺さ、20000ドルも稼いで税金で1/3もっていかれているってさ虚しいよね・・・あとはアコモデーションの控除は金額不明です。当時のアリススプリングスの最低賃金は29ドルという破格の値段でした。しかし税金のそこが高いというだけなので生活の質自体は変わりませんしむしろ悪いと思います。住み込みだから貯金できましたけどね。

 

◆ここの給料体系

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 

 

月にはおおよそ2200ドルから2400ドル入っていました。そしてここはちゃんと年金も払ってくれていますよ。その時に忘れてはいけないのでイアンの娘さんがここの会計をしてくれています。この人に年金をあずけているファンドを聞かないことには年金がもらえません。

 

ここのファンドはこちら↓

rp_blog_import_54d863734b3f9.jpg

 

それと当時キングスクリークステーションからもらったメールはこちら

 


 

Hi izumi,

 

Please find your payment summary attached.

 

Our Superannuation is:

 

Prime Super

Membership No: 

www.primesuper.com.au

 

Also below is a link to our super Fund compliance letter:

 

http://www.primesuper.com.au/Media/docs/Pages-from-16658-Letter-of-Compliance-FINAL-c193d93a-66cf-477f-8aea-6883586d6f88-5.pdf

 

 

Kind regards,

Megan

 


 

 

という内容が来ました。

 

今働いている人は見てみてくださいね!

 

 

 

◆ここを働き終わった時点で一旦一時帰国

SANYO DIGITAL CAMERA

ここで働き終わってなんとカメラがいかれるとか、持ち物がほとんどボロボロになって何かしらの補充が必要になるという事態が発生しました。なので一時帰国をすることに。

 

この時点で貯金高は  13000ドルくらい溜まっていて3000ドルちょっきりを当時まだ使えたTC(トラベラーズチェック)に換金して帰国しました。

 

一時帰国から戻った時点で10000ドルちょっきりの残金

SANYO DIGITAL CAMERA

 

 


 

◆一時帰国から戻ってからの収支

 

SANYO DIGITAL CAMERA

 

写真はイメージです!このくらいの勢いでお金が出いってしまいましたからね・・・

 

さて、シドニーに行ってそこから有給ホテルインターンをしてワーホリは終わりました。ここからが僕のワーホリが終わりへとちあづいていきます。思い出しながら書いても僕は切なくなってしまいます。

 

でも書いていきましょう!

 

今読んでくれているあなたへ何かしらのヒントになると思います。

20130218182318


 

 

シドニーについた時点での残高・・・10000ドルちょっきり

 

YHA (レールウェイスクエア) おおよそ3週間滞在 28ドルかける21日=588

 

その後シドニーのベッドバグ付きの安いシェアハウスに移動

 

そこで一週間 96ドルの物件 

BONDは良心的に 238ドルでした

 

入居にかかったお金は 334ドルです

 

この時点で9078ドルの残金

 

そして10ドルくらいがAuburn までの電車賃です。それと+5ドルでシドニーでのパスモ的なカードを作ったので書いておきます。おおよそ15ドルです

↓が当時の韓国人オーナーのデュークからのメールです


Dear Izumi

It was nice to meeting with you yesterday and thank you for choosing our Share House.

 

I attached a copy of the Rental Agreement signed by you.

 

You need to pay the following balance to my bank account, before you will move in on 24th February.

 

Your Bond: $288 – $50 = $238

Rent for Week 1 = $96

Total = $334

 

If you have any queries, please feel free to contact me.

Looking forward to hearing from you.

Have a great evening!

Duke

 


 

 

まだこんな感じでメールがあったんだね。びっくりですよ。でもいい証拠でしょ?

 

◆シドニーのシェアハウスでの暮らしの収支

DSCN0471

 

 

さて、ここについた時点で9045ドルです。結論から言えば4月の末にケアンズのFITZROY島に行ってしまったので滞在はそれほどしませんでした。

 

ここのシドニーでのシェアハウスにいたのが4週間弱です。

 

-378ドル 

ここでの職はトータルで300ドルくらいです。ほぼウールワースの最安の食材で済ませたのでこんなもんです。コーンフレークな日々が懐かしい ゚(゚´Д`゚)゚

 

そしてここから二つくらいシドニーに近づいた[Strathfield]のシェアハウスに行くことに。

 

この段階で10ドル電車代+378ドル+食費代300ドル

 

残金 8357ドル

 


 

◆Strathfieldのシェアハウスと暮らし

 

さて、やかましくウザったいインド人たちの生活にピリオドをうち韓国人街 Strathfield に来ました。

 

ブログでも書いたとおりここの韓国人オーナーは名大学出身の高学歴の持ち主。ここらへんが面白かったですね。

 

さてここらでの収支です


 

110ドル per week ×3 330

ボンド110×3週間=330ドル

3人共同部屋

 

そしてZESTYに登録料を払う   1500ドル

 

 

ケアンズまでのチケット  -260ドル

 

ケアンズでの宿泊費 24ドル

 

シドニーの空港までの電車賃   30ドルくらい

 

この時 5871位が残金


 

そして僕が来た当時は家賃滞納のインド人たちとのバトルでインド人たちのパソコンを没収しているという修羅場に遭遇笑

インド人は謝らずに出て行った。これ行こうインド人たちは出禁になってしまった・・・本当に屁理屈こねる天才たちだね。

結局そんなに済まなかったからBONDは帰ってこず(ミニマムステイの要件を満たさなかった)

 

そしてここで使ったのはアイエス留学ネットワークのホテル有給インターンを最後に申し込み、あとは待つだけの状態にしていた。本当はエアーズロックのホテルに行きたかったんけど安全な消極策を取ってしまっため、ここに行きました。時給が良かったのもあるしね。

 

そんでアイエス留学ネットワークからは韓国人系のエージェント、「ZESTY」を紹介してもらってマネージャースーミンのゴリゴリなプッシュで仕事が決まりました 笑

 

基本的にキャンベラのホテルを主な取引先としており、ほとんどが歩合制。キャンベラだったらお金払ってまで行く必要はないからね。基本ドリームアイランドとかそういうレアなところを当たったほうがいい気がする。競争率は高いけど・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

注意

有給インターンはお金を払ったからといって誰でもできるわけではなく、ちゃんと語学チェックの審査をとってからでないとお金も受け取ってもらえないし登録できませんし、紹介すらしてもらえませんから気をつけましょう!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◆ケアンズのFITZROY島の皿洗い編

DSCN1008

 

さて怠惰なOZのガキとのバトルが始まり、ストレスも最高潮の日々が始まったのが懐かしい。

 

ケアンズの5ツ星のホテルの時給を含めたパーソナルデータをごらんあれ!待遇は5つ星なんだけどねぇ(遠い目)

 


 

 

FITZROY島

rp_blog_import_54d85c47df5af.jpg

時給(曜日ごとに違いますから詳細を書きますよ!)

 

casual normal our ・・・21.3ドル

casual 土曜日 ・・・25.5ドル

casual 日曜日・・・28.1ドル

 

夜勤手当 7PM-12PM 時給+1.8$

 

部屋ごとの賃料

 

一人部屋 + 三食付き  181ドル per week

相部屋 + 3食付き  176.6ドル per week

一人部屋 食事なし  172ドル per week

相部屋 食事なし  167.55 per week

食事は一回に付き 7.25

 

 

部屋ごとの宿泊料

 

一人部屋 26ドル 一日

相部屋 23ドル

 

YHAより少し安いくらいだね!

 


 

だいたいこの時点での貯金は

 

5871ドル

 

このあとは三ヶ月と半月くらい働いて

8000ドル弱を稼いでおおよそ14000ドルをゲット!

 

それに付け加えて当時の確定申告はまだバックパッカー税が導入されておらず、ほとんど税金が還付されていたので+8000ドルくらいでした。

 

当時の確定申告の還付金の記事はこちら

 

だいたいこのくらいで22000ドルを越える貯金を作っていました。稼ぐということにはどうしてもワーホリビザという限界があるし。

 

だいたいワーホリ末期で僕はここまで貯金することに成功しました。もっと遊んでおけばよかった゚(゚´Д`゚)゚

 

一つ言いたいのは

 

もうこういった稼ぎ方はできない

 

 

ということを付け加えておきます。

 

基本僕は還付金目当てで稼いだということを書いています。しかしながら2016年以降は32.5パーセントの税金がかかりますので還付金は取り戻すことはほとんどできません。むしろキャッシュジョブの方が割がいいという残念な計算が成り立ってしまいます。自国の通貨が自国内で流通しないという問題がかなりあるのでオーストラリア政府としては仕方ないというところでしょうね。

 

これからワーホリに行く人たちは少し用心していくことが必要かもしれません。

 

この時点での貯金残高 21871ドル

 

確定申告の還付金を含む。(実際にはもっと多いんですが誤差は勘弁です)

 

本当の残高はこちら

 

blog_import_54d86485e629c

 

◆最後のシェアハウス!ケアンズのオアシス岩井邸!

21871ドル

さて、ケアンズで最高のシェアハウスにとまれたことを本当によく思っています。もしここにワーホリのしょっぱなに行っていたらどこにも住めないでしょうね。

 

本当にいいところですよ!岩井邸!ぜひ立ち寄ってくださいね!

 

 

◆岩井邸パーソナルデータ

 

ケアンズ 岩井邸

さて上の写真がそのシェアハウスです。少しケアンズセントラルから歩きますがその分カプランイングリッシュスクールに近いという利点があります

 

では早速収支の合計に行きましょう!


 

 

家賃 週90ドル(たしか・・・) しかも一人部屋!!

エアコン有り、別途支払いの必要アリ

BONDは たしか2週間分 で前払い制

 

そのほか食材のかご有り、めちゃめちゃ住民はいい人たちしかいません。オーナーの人は「ハローもしもし」という先制パンチで渡航者をお出迎え笑

僕はだいたい3週間くらい住んで帰国しました

 

なので

 

-270

ボンド返金なし(ミニマムステイの要件を満たさなかったから)

-180ドル

 

IELTS受講費 330ドル

 

ちなみにインターネットはあります!安い!!ですね。ちなみに僕は一回に済んだので安いです。二回は130ドルと高めです。それとゴミ出しと芝に水をやるという任務がないです笑

 

岩井邸 一人部屋


 

 

岩井亭の写真集

 

といった感じでワーホリが終わりました。

 

そして最後は年金(アニュエーション)を申請して250万弱が僕の収支でした。おおよそ20万円あにゅえーションを受け取って終わりでした。

 

ここまで貯金があれば帰国の時はビジネスクラスで変えることができました。

ビジネスクラスはこんな感じ

 

 

収支合計  渡航前

 


 

エージェントに払ったお金  435000円

ビザ取得代金  25500円(ファーストワーホリビザ2011年 10月時点)

AIU 海外旅行保険 145000円

パスポート代 11000円 5年分

必需品 3万から4万くらいで購入

航空チケット 35000円くらい

 

計 680500円+8万円のお小遣い

渡航当時は  1100ドル(現金は日本円で8万円)


 

 

収支合計渡航後


 

rp_blog_import_54d860e7807d2.jpg

 

24527.37ドル (帰国時)

+54.5ドル

+19万くらい(アニュエーション)


 

 

といった具合ですね。浮き沈みが激しい収支でした。

 

これに関しては誰でそうなるわけでもないですし、お金を稼ぐということが目当てになっていってしまったとしたら虚しいです。

 

あくまでエージェントというのはあなたの海外渡航で叶えたいことをサポートしてもらうためにあるので、目的に応じたプランやサービスを選んでいきたいですね

ただ行きたいではなく、何をどうしたいか?

 

これをはっきりさせた上でどういったサポートが必要なのかを自分の中ではっきりさせていきましょう!!

 

では長い記事になりましたがこのへんで!!

SANYO DIGITAL CAMERA

でもどうやってこの銅像に下着つけたんだろうね・・・

 

パースで探してみてくださいね!この銅像!!

 

 

シドニーのYHAフォトギャラリーはこちら

 

ちょっとポチっとしてほしいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

[当ブログキーワード] 田舎暮らし 農林業 ワーホリ帰国 30代ライフスタイル 人生崖っぷち 生きる目的 自分の幸せ探し

その他のコンテンツはこちら↓

 

———————————————————-

 

ワーホリ記目次

 

夢 100 リスト

 

当ブログ人気記事一覧

 

———————————————————-

キングスパークのギャラリーはこちら

 

ドニーブルックのギャラリーはこちら

 

ケアンズのギャラリーはこちら

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA