オーストラリア ワーホリの解体新書!PDF~渡航前

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

header_material_01

 

どうも!ただいいまニュージーランドワーホリと田舎移住と+アルファを模索している島田です!!

 

今回からまたシリーズが始まります。そのシリーズとは・・・

 

◆PDFをスマホやIPHONEからダウンロードができないという問い合わせが相次いでいるた目にブログに書き下ろします。

ヘッダー画像 980 300.jpg 真きめ

さて、最初はこんな感じのタイトルだったんだね 笑 ちょっと懐かしいのを見つけたからさ、引っ張ってきてみた。

 

そして最近は10月って航空券が安いからワーホリに行きたい人や、今ぐらいからワーホリの準備をして、12月のボーナスをもらってワーホリに行く人、もしくは3月まで後任の引き継ぎをしてからワーホリに行く人、6月のこれまたボーナスをもらってからワーホリに行くからそれまでの準備に当てるという人いろいろです。

 

最近は問い合わせが多いですね。結構需要があって嬉しいんですが・・・・問い合わせが多いということは見づらいということの裏返しでもあるということですよね。

 

なので今日から急遽PDFをダウンロードできないというかたむけにブログ記事に書き下ろしていきます。結構ブログの内容とダブっている部分は正直あります。しかし、車の保険のかけ方とか(ラウンドするなら)書き下ろしていなかったような・・・(^^ゞ

それと確定申告の情報が古くなってしまい更新しようにもロリぽのサーバーからファイルを削除しなければいけないというめんどくさい自体が起きています(笑) なのでここで訂正をします。

 

それと並行してなかなかスマホと携帯、iPhoneからの閲覧が多く、そういう方からはダウンロードしても見れないという苦情が相次いているので今日からその内容をブログにも書いていくことにします。これならPDFでもっておいても、現地で電波が届かなかければ、PDFを見てもらっていいし、それが邪魔ならブログでも見てください。

 

それならパソコンからでもiPhone、スマホからでも見れるので読者さんのメリットが増えますね。なので、今回は渡航前編の公的手続きになります。

 

ではご覧あれ!

 

◆ワーホリ渡航前の公的手続き編

blog_import_54d8618581588

◆渡航前にやっておかないと痛い!海外に行く前の住民票の手続き◆
まず渡航している間にもしあなたの「健康保険税」、「年金請求」「住民税」・・・・

上記のようなものが渡航しているあいだにあなたに請求が来ているとうかうか海外にいいってられ ませんよね?だから税金関連お公的手続きはちゃんとしておきましょう!

 

・会社員の人へ

今までは会社の厚生年金、健康保険に入っていましたがそれらは国民健康保険、国民年金にな りますので切り替えが必要です。このとこを意識してくださいね。


 

 

海外転出届を出す
これを出さないと戸籍上は日本にいることになってしまい、住民税が請求されてしまうのでちゃんと 出しておきます。書く地域

の市役所や区役所の人に聞きましょう
◆海外転出届の出し方
海外転出届はとっても簡単で、住民登録窓口にパスポート持参して、移動届に記入するだけ。
この届を出すと住民登録がなくなり、住民票が取得できませんので何かしらの住民票が必要な手 続きが残っている時にはこの手続きは最後にしましょう。
転出届は出国予定の2週間前から届け出が受付され、転出先の住所が確定していない場合は国 名と都市名の記入のみ書けばいいので「オーストラリア」とだけ書きましょう。僕も実際そうでした。
この時に気をつけるべきことは海外転出届の提出については、各地域の役所によって対応 が違うのが難点です。基本は1年以上海外に滞在する場合が目安となっています。
一年以上海外にいるとまた住民税の対象とならなくなることから、海外転出届提出をしないように すすめる役所もあるのでちゃんと住民税の請求が来ないかどうか、その時対応した係員をメモって おくや一筆欠かせることをしたほうがいいかもしれません。

基本は住民票は抜いていくのがおすすめ

同じ市や区内での勤務先であれば、それほど気にはならないし気にする必要はないです。しかし ワーホリにいくまでとは別の市や区に仕事場が有り、ワーキングホリデーに行くということで実家に 移るといったケースの住民税は気をつけたい。
元々仕事場の近くに住んでいてそこから他県の実家に写った場合、どちらの県、もしくは市に住 民税を納めるべきか、また、2つの自治体から二重に請求されるのではないかと不安にもなること がありますよね。
◆そもそも住民税ってなんなのさ?
そもそも住民税とは、「都道府県民税」と「市区町村民税」を合わせたもの。総所得のうち、都道府 県民税4%、市区町村民税6%が住民税として徴収される。つまり、合計所得から所得控除を引い た額の10%を住民税として納めなければならない物です。

 

住民税は、1月1日に住んでいる(住民票がある)自治体から、前年の1月1日から12月31日ま での1年間の所得に対して課税される。 例えばA市に住んでいて、1月2日にB市に引越したとする。すると住民税を納付するのは、1月 1日に住んでいたA市であり、退職し、帰省した後も以前住んでいた自治体から納付書が届く。
実際僕も北海道に住んでいた時期が有り、埼玉に戻ってきてから北海道の道民税が請求されて びっくりしたこともありますよ。
新しい場所に移動したらもちろん住民票も変わる。住民票だけ移したとしてもその期一杯は、今住 んでいる自治体ではなく、住んでいない自治体(仕事を辞める前に住んでいた地域)へ住民税を 納める、いわば後払い方式なんですね。 住民税の二重払いはない
退職してそれまで住んでいた部屋を引き払い、引っ越したあと、以前住んでいた自治体に納税し ている年度は、現在住民票のある自治体(この場合はB市)から請求されることはない。また、役所 へ、転出・転入届の提出を行えば、住民税関連の手続きはとくに行う必要もない。
引越しにともなって、役所への転出・転入届の提出が義務付けられているが、もしもこの手続きを 行わないままでいると、住民税は引越し前の自治体から請求され続けることになるので、注意が必 要。渡航している最中も請求が実家に来るということは避けたいです。
なお、住民基本台帳法により、引越しをして住んでいる場所が変わった場合、速やかに転出・転 入届を提出することが義務付けられている。もしも違反すると最大で5万円の過料を取られる可能 性あります。 会社員は会社が処理してくれる
退職して引越ししたあと、以前住んでいた自治体から、納付書が郵送されてきます。中身は「全期 一括納付書」が1枚、「1~4期納付書」の4枚、記載されている住民税は前年度の所得から計算 された金額だ。どちらの納め方でも、損得が発生することはないです。

 

 
会社員の方の場合は、毎月の給与から12分割で天引きされていることがほとんど。その場合は、 引越し後に会社に住所変更を申請すれば、会社が処理してくれる。退職をする際は、今期分の住 民税を一括で支払うこともできるので、一度会社に相談してみよう。 住民税の滞納には気をつけよう!
会社員で給与から住民税が天引きされている場合は、滞納したり、延滞金がつくことはないが、個 人で納付する場合、うっかり納め忘れてしまうことがあるので注意その際に「国民年金」や「「国民 健康保険」にしなければいけないのでその手続きも忘れないでくださいね。
ちなみに、納付期限が過ぎると、20日以内に督促状が郵送で届き、かつ納付期限が過ぎると延 滞金が発生する。さらに、幾度も督促や催促を無視したり、分割払いの約束をしたのにもかかわら ず守らなかったりすると、財産調査が始まり、その結果、資産が差し押さえられ、強制執行される。
このようになるには、2~3年以上の滞納が続いた場合だが、住民税の納付は国民の義務の一つ でもあるので、忘れずに納めたいものですね。

 

 

引越し対応エリアか 海外転出届と国民年金

海外転出届を出すと、国民年金の強制加入義務がなくなりますが、任意加入することができます。 尚、任意加入しない場合でも、その旨の届け出が必要です。窓口で聞かれますがまず断るのが普 通です。AUSドルで年金は払いたくないですよ、やっぱり・・・

 

海外転出届と国民保険

海外転出届を出すと、国民保険の加入は抹消されます。また保険証の返納が必要となります。渡 航までの日数が少し余る場合にはその日数分を日割り計算で払います。
2 住民票を抜く
住民票を抜くということをちゃんと係員に伝えましょう。出ないと健康保険や年金の請求が来てしま いますので戸籍課に行ってちゃんと手続きをしましょう。この時に「国民年金課」と「健康保険課」に ちゃんと請求が来ないかどうかを聞きましょう。
僕の地元では海外転出届と戸籍を抜くのが別になっており、二つの手続きが必要でした。自治体 ごとに違いますので気をつけてくださいね。だから繰り返し書きました。地域の役所によってはこの 手続きは海外転出届を出せば自動的になるとこもあるようです。

 
☆小ネタ  オーストラリアでは健康保険証が日本のものが使えます。めったにいないと思いますが、海外で日 本の国民健康保険を使う人は一年以上オーストラリアに住民票を入れなかった時点でその国民 健康保険は無効になるので使えなくなります。
~帰国後のことについて
帰国して住民登録を復活させるには、新住所地の住民登録窓口にてパスポートと戸籍抄本、免 許証など持参の上転入届に記入するだけで済みます。しかし2週間以内に移さないと行けません ので注意してください。
◆確定申告はしておいたほうがいい◆

 

確定申告をしたことがない人は必ずやっておいて欲しいです。源泉徴収票は会社から必ず出るも のなのでそれを持って税務署に行けば税務署員がマンツーマンでやってくれるから実は簡単。
そして時期を確定申告時期の2/14~3/15に行かなければほぼガラガラだから本当に楽にできる ものだし、還付金も渡航資金の足しにもできる。過去5年さかのぼって出来るから帰国したあとにそ のお金をて元に戻すことができるので確定申告をするタイミングはあなたにとって都合がいい時に してくださいね。
ブラック企業に勤めてしまった人へ
確定申告で得られる税金の過払い金は絶対に渡航費用のプラスになりますし、絶対に無駄では ないですよ。しかしブラック企業や日雇いで働いた場合は高確率で確定申告に必要な「源泉徴収票」が出して もらえない場合があります・・・僕の場合はそうでしたから・・・
ワーホリの資金を作るために確定申告がしたいけど会社が源泉徴収票を出してくれない!という 方への内容です。。

 

まずは「源泉徴収票不交付届出書」について

海外生活の前にこれをしておけば不安や悩みはわずかながらでも軽くなりますし、これは税務署 でもらえるものになり、労基ではもらえずにびっくり!なにげに日本の構造って理不尽です。

 

 

まず源泉徴収票は法律で原則出さなければいけないのが決まっているけど、日雇い派遣は実は 経費が大きくなるのは嫌だから出したがらないの現実です。
だからこそ法律で請求しないといけないのですが・・・
◆手に入れるのはとっても簡単!税務署に行きましょう!◆
かなりの確率でこのようなことの遭遇することはないと思われますが、念の為に、もらえるものはも らっておくということで小耳に挟んでおいてくださいね。
税務署の窓口に「源泉徴収票不交付届出書をください」というだけです。
すると税務署員は「法律で源泉徴収票が出されるのは決まっているからそんなはずはありません」 と機械のように言ってきますが「出してもらえません!!」と強引に行きましょう。でないと永遠に出 ません。
そして請求するときは裏に「実名を出して請求」と「実名を出さずに請求」という項目があります。迷 わずに実名を出して請求を選びましょう。
じゃないと法律的な強制力がないので意味がないです。僕も一通だけ名前を出さずに請求したら 簡単にスルーをされましたから・・・
あとは源泉徴収票が揃ったら確定申告をして渡航資金の足しにしましょう!

 

さて今回から始まりましたPDFの書き下ろしシリーズ。この記事の更新は17時にしますね!では失礼!

 

資金は絶対に減らさないこと!と更新金を持っていくためにちゃんとレートを見るということしておきましょう!

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA