オーストラリアワーホリの小話!×2 アニュエーションと永住狙っている人へ

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

DSCN0067

どうも島田です!


このシリーズの読み切り最終話!オーストラリアはじめてでも自力で渡航+貯金してその後は・・・


好きにしてくださいヽ(*´∀`)ノ


というシリーズ

 

注意!


 

2016年より短期滞在者の労働の時給に対する税率が32.5ぱーせんとになっており、6ヶ月同じ年に滞在して所得を18200以下に抑えて所得税の全額返還ができるという裏技で稼ぐということができなくなっています。!!


 


まずはワーホリに行く前は「履歴書配ってカフェなんかで働くんだよ」・・・なんて言われてきてみれば

 

「全然仕事の面接の話こねぇ・・・」

 

しかも履歴書のコピーだけで金がなくなっている・・・


なんていうことは無きにしも非ず!エージェントの情報操作にやられているから

 

◆今回は帰国後のお小遣いをオーストラリアから手に入れるというお話!

まずはオーストラリアの法律から見て絶対にあにゅえーションはもらっておいたほうがいい
帰国してから20万円弱が帰ってくる(これは人によって違いがあり)というのが大きいからね
本当に!!




アニュエーションは帰国後にこのような形で帰ってくるし、じつは違法な雇用主を避けながら働いていかないとこれはもらえないということになる。じつは渡航して最初の仕事場から始まっているんだけどね、でも人によっては目的などはさまざだからこれにこだわる必要もない

 

◆アニュエーションを日本から請求するには?

rp_blog_import_54d85b40741fd.jpg

 

 

まずはオーストラリアにいるときから条件が始まります!

 

1 まずはアニュえーションの口座を開設しましょう

この条件はなくてもいいのですが、のちのち面倒な手間を省くことになりますし、最初で最後のオーストラリアワーホリなので面倒なことや難しい手間を省いて帰国後の新しい生活までの資金にできるまでの時間が節約できるのでやっとえおいて損なしです。

 

一つ条件があるのですが、最初に渡航した時点では作れないという欠点があるということ。

 

なんでかというと、最初の仕事場が決まっていないと何故か作れないという決まりが有り、一発目の仕事が決まるまではこの口座は作れません。なので、最初の仕事が決まったら住所とその仕事場のABNを(オーストラリアンビジネスナンバー)をオーナーに聞く、もしくは給料明細やtax withheld をもって銀行に行きましょう。そっちのほうが話が早いです。

 

帰国して申請書類をATOに出すときに書く項目が少なくて済むからです。

 

2 オーストラリア滞在中に働いた場所での住所、給料明細、オーナーの名前、電話番号、PAY SLIP、PAY-g-Gは絶対に持っておく

rp_blog_import_54d862a6d8faf.jpg

 

上記に記載した書類は従業員ナンバーや会社の所在地、年金が支払われたかどうかが記載された証拠になります。実際帰国したあとにアニュエーションの申請書類に滞在中に働いた場所の住所、電話番号、ABNを各欄があるのでそこに記入するのに必要な情報がここにあります。

 

blog_import_54d8637685f8b

 

 

最後には上記のサイトからPDFをダウンロードしてプリントアウトしてそれをATOに送ることになるからです

 

◆上記のことを揃えるとこんな小切手が来ます。それとファンドからちゃんと小切手を貰いましょう

rp_blog_import_54d863734b3f9.jpg

 

少し省略してしまいましたね。オーストラリアには年金を収めるファンドというものがあります。実は銀行にアニュエーションの口座を作っていなかった人はここに雇用主が年金を預けています。なのでこれは自分で支給する必要がありますし、何度、もいいますがこの年金は8兆円ほどオーストラリアに眠っていると言われている埋蔵金。ちゃんと申請しましょうね。

 

上記の申請書類をかき、ちゃんとATOに送ったら28日以内に銀行小切手が来るので銀行に行って換金しましょう。個人的には東和銀行という地方銀行が一番安異受取手数料で受け取れます。お住まいの銀行で料金は違いますから調べてみてくダサいね!!UFJは5000円、東和は2050円と僕が調べた中では最安でした
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
永住を狙っている人へ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

blog_import_54d8631a6f4fe

 

オーストラリアでは結構スポンサービザが出されるという話は結構ある話

でも業種は?っていうところになるけど、じつは「介護」はなかなか人がいないからスポンサービザが出やすい
オーストラリアでは[aged care]といい、care giver と言わない。実際に僕はcare giver で探して見つけられなかった!おそるべし、ブリティッシュイングリッシュ・・

じつはこういう仕事であればシドニーとかブルームでもある。僕はアリススプリングスの介護施設からの電話を会話ができずに

不採用になっているから

時給だって結構高い!


日本で介護職をやっている人は狙ってみてもいいものかと思う


ちなみに僕はヘルパー1級を持っているけどもうやんない・・・

 

オーストラリアワーホリのすべてがわかる!無料PDFを僕の体験から作りました。実際に使ったホテル有給インターンや銀行座の解説すべき3つの講座など実践的な嬢が満載のPDFです!僕の体験から必要なところだけを抜いて自動でダウンロードできるようにしました!

そのほかマイニングの仕事のつき方やローカルの仕事場所のURLも載せましたのでぜひ手にとってみてくださいね!

 

注意!


2016年より短期滞在者の労働の時給に対する税率が32.5ぱーせんとになっており、6ヶ月同じ年に滞在して所得を18200以下に抑えて所得税の全額返還ができるという裏技で稼ぐということができなくなっています。!!


 

確定申告の部分は当時と情報が違うので飛ばしてください!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

無料PDF⇒ダウンロードはこちら

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA