オーストラリアのワーホリをトータルで考えよう!渡航の時期について

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •   
  •   
  •  
  •  
    1
    Share



どうも!ただいいまニュージーランドワーホリと田舎移住と+アルファを模索している島田です!!


建前は気まぐれで変わります(笑)そこんとこは勘弁で・・・

さて、今週はシリーズで書いているよ

 


留学エージェントを使いたくない、自力で渡航したい、お金がないけどワーホリに行きたい!

 

そんなあなたに贈る!!このシリーズ!!

エージェントは不要だということに渡航してから気付いたあの焦燥感・・・(ノД`)・゜・。

そしてお金が無駄になったという事実・・・

 

そんなことにならないために、あなたにとってのオーストラリアワーキングホリデーがトップの写真になるようにあなたに捧ぐこの

ブログとシリーズ!

 


読んでやってくださいね↓

 


★まずはオーストラリアの渡航時期は?★

DSCN0163

 


まずはオーストラリアにある大型の連休に関して知っておいたほうがいいですね。オーストラリアには・・・というか海外にはホリデーが結構長いあいだ続きます。もちろんこの間はホテルなどの人事部は動きませんので応募しても返事が来るの箱のホリデーが終わったあとになります(連休です)


別にこれが現地での仕事探しに影響するのかどうか?はおそらくシドニーあたりに影響するし、知っておいて損はないですよ。もし、これにハマればハマリっぱなしですから(-_-;)

 


★年末年始の休みは要注意!!★


オーストラリアはスクールホリデーやバカンスなど、長期の休みがかなりある。中でも知らないと厄介なのが12/25~1/25までの長期の休み。

これが本当にワーホリメーカーの渡航時期に影響を及ぼすから要注意!しかもこの期間は地元企業の人事部も動かないから都市部では仕事を取ることに対して少し不利になる


しかもシドニーでは年を越すための花火があるから一時的に地価が上がって宿泊費が高くなるからね( ゚Д゚)シドニーは観光客でごった返すけど、仕事を、特にクリーナーとかは仕事がとりやすいということがある。なぜなら台湾人とかは花火を見るために仕事を年末でやめるから(笑)


具体的に言えばアリススプリングスの「キングスキャニオンリゾート」は年末は必ず人がいなくなっているんだって 笑


期間的な滞在者に、ワーキングホリデーメーカーに労働力を依存している国ならではの現象かもね

・7月の確定申告時期を考える・


カンガルーをはねるとこうなるよ!!

以前も書いた通り、オーストラリアにも確定申告がある

しかも税金も高く、過払い金も半端でないくらいに持っていかれているから本当にやめてほしい・・・

でもね、


帰ってくるお金も半端ではなく大きいからやっておいてほしい


問題はタイミング


基本的にワーホリで来ている人は7月から10月までに確定申告をしなければならない,
でも巷にある確定申告の情報ではなく、僕の体験からすれば2週間でその過払い金は入ってくる
ーrの

 

ただその時点ですでにワーホリが終わっており、日本の口座への送金を希望する場合ではその類ではないです
2年目の確定申告
確定申告初年度

上から一年目、下は二年目の確定申告になる。
1万ドルを戻してもらったから、しかも7月あたりまで仕事をつ続ける気になれば、仕事がそこで終わっても一か月以内には過払い金が入ってくるし、二年目に関していえば8000ドルあるわけですよ
このお金があったら何をしますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
語学学校では少し料金が高いIELTSのコースに行けます
趣味で習い事したければそれができます
むしろ節約したければタイにいったん出ていってマッサージの資格を取ってオーストラリアにセカンドビザで戻ればすぐに仕事にありつけるでしょう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


お金=選択肢でもあります

 


一生に一度で、最初で最後のオーストラリアワーキングホリデーの場合もあります

 

世知辛いですが、こういうことを留学エージェントっていってくれるんですか?


ちょっと留学というか遊学しただけのカウンセラーがどうしてワーキングホリデーのすべてがわかるんですか?


少なくとも僕はオーストラリアの機能はほぼ掘り起こしましたよ。ただ歴代このことを知った人がたくさんいたとしてもはっしんしているひとは希でしょうね


だからこそ留学エージェントを使うなというわけではなく、現地のエージェントの機能を必要なだけ使うことも視野に入れてワーホリをしてもらいたいわkですよ


そういうことなら僕はわかります


もし何か情報を探している、悩みがあるという人はこちらのフォームからご相談くださいね

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 

注意!

2016年より短期滞在者の労働の時給に対する税率が32.5ぱーせんとになっており、6ヶ月同じ年に滞在して所得を18200以下に抑えて所得税の全額返還ができるという裏技で稼ぐということができなくなっています。!!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

オーストラリアワーホリのすべてがわかる!無料PDFを僕の体験から作りました。実際に使ったホテル有給インターンや銀行座の解説すべき3つの講座など実践的な嬢が満載のPDFです!僕の体験から必要なところだけを抜いて自動でダウンロードできるようにしました!

そのほかマイニングの仕事のつき方やローカルの仕事場所のURLも載せましたのでぜひ手にとってみてくださいね!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

無料PDF⇒ダウンロードはこちら

 

◆ほかの記事もどうぞ

北海道のトマムの記事

 

北海道稚内のボラバイト編

 

フランス滞在編
青年海外協力隊に落ちた時の話

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA