オーストラリアのビールとワインを飲みまくれ!?booze lovers!ワーホリの末期は飲んだくれていた・・・

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

 

オーストラリアのマメ知識として、仕事中はビール飲んじゃいけないけど、なんでかしらないけどワインならいいんだって。酒好きのOZだけど、ワインはソフトドリンクの部類らしい・・・

 

なんかアメリカ人はピザが野菜だというようなことと同じような気がする(^_^;)

 

でも酔っ払うくらいに飲んではいけないらしい・・・アルコールに関してはオーストラリアは厳しい面が有り、居酒屋の入口とかマスターは、ちょっと酔っ払ってる人がはしごしてきたら、入店拒否をかならり乱暴にします。

 

店側も迷惑だからでしょうね。

 

 

日本の居酒屋もこれくらいはやってもいいと思う。トイレから出てこない人は結構寝てるか、ナイアガラリバースをしているか・・・

 

 

そんな感じなので、こういった店側の損失を防ぐという面では合理的だと思う。。。

 

 

まぁ、とにかくワーホリ末期ののんだくれのわたしが肝臓が悲鳴を上げない程度に飲みまくってきたオーストラリアのビールを紹介します!!!

 

 

◆ウールワースブランドの安いワイン

 

 

ワイン

 

ウールアースの隣にあるリカーショップで安く売っているワイン。

 

カナディアンの子達はかなり良く飲んでいた・・・

 

しかし酒に強い!!

 

そして ビールのヴィクトリアビター あんまり好まれない傾向があります。

 

やっぱりOZたちはもっぱらXXXXが好きなようです。4X(フォーエックス)はオーストラリア版のアサヒスーパードライといった感じのブランドビールですね。オーストラリア一飲まれているビールです。こうじょうけんがくのツアーもあるのでぜひ行ける人は行ってみてくださいね!行っとけばよかったという後悔があとを立ちませんが。。。

 

 

 

◆ビクトリアビター

 

 

 

ちょっと苦いんです。ホップがきいています。

 

 

あまり人気のない部類のビールなんですが、苦味の聞いたものや黒ビールが好みの僕はこれもなかなかいけるんですよね。苦味の効いたビールの中ではオーストラリアの中ではメルボルンビターについて好きなものですね!でもOZはあんまり好きではないのが残念・・・

 

 

ジンビームが好きな人達だから苦いのはあまり好まれないのかな?

 

 

 

◆HAHN スーパードライ

HAGHN

そして ハンスーパードライこのビールはアルコールの度数ごとに3種類があり、このハンより下の3.8パーセントのアルコール度数のものと、5.8パーセントくらいのものがあった記憶有。

 

 

カジノで見かけましたね。ほかに「HAHN Light」があってオレンジ色のラベルです。アルコール度数が3%くらいなので飲んでて飲みごたえのない感じだったので少し物足りないですね。でも24缶入りの箱が40ドルで買えるのはかなり大きいです!!SAVEアカウントを作って、ケアンズにいた当時は100万くらいあったのでほぼ利子でただ飲みができていたということが嬉しかったですね!

 

オーストラリアの銀行口座はCHECKだけだと損しますよ

 

 

◆ BOAGS DRAUGHT

そして ボグスドラフト?だったかな。ちょい忘れました。苦いビールでマイルドでした。

僕は黒系のビールが好きなのでこれは個人的にかなり好きかもしれません。アルコール度数が確か5%くらいと結構強めのビールでした。
不明

◆COLD 

 

YURTではウィルが好きでよく飲んでいました。結構薄いので強い人には物足りないかもしれません。女性にとっては比較的飲みやすいものなのでおすすめのうちの一つですね。

コールド

 

◆ボックスワイン

そしてオーストラリア名物のBOXワインその1」20ドルで買え手量から見ればお得なワインですね!嫌いな人は嫌いかもしれません(;´・ω・)

 

 

どちらかといえばクオリティというよりは量で勝負というニュアンスの強いものですので。個人的には赤よりも白の方が飲めたりします。赤はなんか。。。酸っぱいのとに苦い?のが混在しているから飲みづらいですね。個人的に赤が嫌いという部分もあるからしかたないかな・・・

BOXワイン

 

そして BOXワインの2赤ですね~、30ドル出せばいろいろ味が分かれますし、言うまでもなくおいしいです 笑

 

 

さっき赤が美味しくないと書いたけど、値段が高くなればそれなりに飲めるものが出てきますのでいろいろ探してみてはいかがですか?

赤ワイン

 

 

◆ メルボルンビター

メルボルンの地ビールになります。これも苦味のきいたものです。でもこれを好むのは少数派のようです。

 

 

基本的に地ビールというのは各都市にありますからさびれたお酒屋さんや特売品のところに行くと何かとマイナーな掘り出し物のお酒が見つかるよ。個人的に程よい苦味が好きなビール。オーストラリアの人たち、特にQOLの人たちは4Xはので全否定ですね・・・かわいそうなメルボルン・・・

MV

 

◆ SOL

そしてオーストラリア産ではないけどSOL。メキシコ産で世界で一番おいしいとされているビールです。何とも言えないマイルドさがあるビールです。個人的に一押しです(高いけど)

 

 

まぁオーストラリアの地ビールじゃないけど美味しくて、個人的に気に入ったからあげてみた。すごくマイルルドでの見ごたえがあるビール。でももっと量が欲しいかな・・・・っていう残念さがあるし、缶で作られていないのが残念。なぜか瓶は330mlで缶は360mlで実は缶の方が得なんですね!!だからかんで飲みたいビールでもあるけど仕方ないか・・・

ちなみに世界で一番売れてるビールなんだって。産地はメキシコ。


SOL

 

◆まずビールはこれだ!!

 

以上僕が出会ったビールたちでした。ほかにも出会っていると思うんですよ、

アメリカ産のTUNとか。

DSCN1061

 

なんかこのビールはたんさんとホップが経費から無理くり引かれているような気がする・・・なんというかか・・・気の抜けたビールになっているような気がするんだよねー。流石に安いから買って損した残念なビールですね。24缶飲むのって結構しんどかったよ・・・

 

これは炭酸が気抜けしていてなんかなー、、、3ドルビールはこんな感じか…っていう印象でした。

本当にまずいものはまずい・・・

それがはっきり分かれているのもオーストラリアなんだよね・・・

 

◆ケアンズGOLD

DSCN1386

 

 

DSCN1384

 

 

上のビールは地味にケアンズの地ビール。地元の住人ですら知らないケアンズの地ビール・・・かわいそうなくらい知られていない地ビール。だから僕が買ってあげました笑

 

結構アルコールの度数は4%弱という以外に強い度数の割に意外に飲みやすい、なんというか、暑いところ独特の飲みやすさを感じるものです。わかりやすく言えば、夏にシュワっとコーラを一気飲みするとスッキリするという感覚によく似たたんさんが強くのど越しがスッキリなイメージのお酒です。あまりぐるめではないからわかりやすく言えないけどね

 

これはふらっと立ち寄ったインフォメーションセンターで撮ったもの。確かGoulburnのインフォメーションセンターだったかもしれない・・・ここはかなり高めのお酒を置いてあるから余裕があったら行ってみてもいいでしょうね。

 

 


ちょっとポチっとしてほしいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

[当ブログキーワード] 田舎暮らし 農林業 ワーホリ帰国 30代ライフスタイル 人生崖っぷち 生きる目的 自分の幸せ探し

その他のコンテンツはこちら↓

 

———————————————————-

 

ワーホリ記目次

 

夢 100 リスト

 

当ブログ人気記事一覧

シドニーのYHAフォトギャラリーはこちら

 

キングスパークのギャラリーはこちら

 

ドニーブルックのギャラリーはこちら

 

ケアンズのギャラリーはこちら

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA