鳥取移住計画!新農業人フェアで隠れた地域おこし協力隊の情報見つけました!!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

DSC_0008

 

池袋サンシャイン(  -_・)?シティで行われた新・農業人フェアで意外な農業研修の情報に出会えて満足している島田です!!(“⌒∇⌒”)ちょうどJ-WORLD TOKYOUが開催されていてジャンプのキャラクターになりきって写真撮影ができるというアニメの巡礼地ちっくなことやっていました。

 

DSC_0229

 

そして迷い迷って農業人フェアの会場にたどり着く前になんでかジャンプのJ-WORLDの会場についてしまい、

 

 

迷いまよってようやく農業人フェアにたどり着く・・・

 

DSC_0232
DSC_0232

 

◆新農業人フェアにて新しい情報を発見!田舎移住で迷っている人は絶対に足を運ぶべき!

DSC_0233
DSC_0233

 

ワーホリの経験から言ってオーガニックな暮らしに憧れている次第でございます!やはり砂漠で過ごした6ヶ月は僕にとって忘れられない財産であり、やはりいまの僕の原点かもしれません(;´д`)

 

一応鳥取に移住希望なので鳥取の定住機構のHPはチェックしていますが、今回知った研修のことは全く出回っていません。今は林業か農業かで迷っていますが、(両方やりたいけど・・・)

 

 

 

元々僕の問題点としては。。。


 

1 金がない(ここ重要)スキーの

 

2 コネがない

 

3 職歴が無さすぎる(逆の意味では多すぎる)


ということがネックであり、それと古民家での暮らしを切望しているという現状。特に古民家は岩美町ではあると言えばあるけど持ち主が地元にいなくて空き家ネットにアップする交渉ができないという厄介な問題が。。。

 

基本的に情報の発信が弱いということなのでこういったイベントに出てこないことにこういうものに出会えないということなのでなかなかいい勉強になったと思いますしもし田舎移住に迷っている人がいたらぜひこういったイベントにこそ足を運んでいただきたいと思っています。

 

◆ネットで出てこない情報がわかる

DSC_0242
DSC_0242

 

中には産業体験というけれど自腹でさんかだったり、農家の研修で軽トラを自腹で買ってくださいとか・・・といった貧乏な人お断りな農業研修が多く、お金を用意する=覚悟 といった見方がされるんですね。確かに否定しないけどさ。

 

まず今回農業人フェアにいいって思ったことは

 

ネットで探せない情報がわんさかあるということ

 

今回ぼくがフラット期待しないで行った鳥取のブースは日南エナジーというところで鳥取での研修のいろいろなバリエーションがあるのを知ることができました!これは研修生というものは地域おこし協力隊という位置づけで扱われるということが多い。ちなみに旧 田舎で働き隊という名前だった。近年ではより方向性が明確になってきて地域おこし協力隊という名前になっている。

 

鳥取からは日南エナジーという財団のみだったけどいろいろ研修に関する情報がもらえたのが大きかったです。

 

ここに来た時に感じた感想は各自治体の移住定住機構のHPや各都道府県の移住に関するHPでは出回っていない、もしくはものすごく見つけにくいわけで・・・

 

そういうものに限って魅力的なので今回の新農業人フェアに足を運んだことは正解でした!

 

それでは今回見つけたのはこの内容!!

 

◆日南町の地域おこし協力隊?=農業、林業研修生?

DSC_0234

まず地域おこし協力隊というのは旧「田舎で働き隊」という名前でした。それが徐々に方向性が定まって今の「地域おこし協力隊」になっています。かつて青年海外協力隊に二度落ちたという過去をおモツ私ですが、やはり「協力隊」という名前には未練があるようですね。

 

基本的に地域おこし協力隊の募集要項自体は自治体によって様々で、ただの期間的なマンパワーだったり、起業家を一点に絞って募集していたり、自治体によって目的があったりなかったりしています。中には地域おこし協力隊としてはヘヴィーな地域で生業を起こすという任務のあります。

 

 

こういった募集こそどこかの社長だった人とかを募ったらいいんでない?て思います。いかが募集要項です。

 

DSCN0014

DSCN0015

 

ちなみにHPはこちら

 

◆地域おこし協力隊で技術を身につけて就農!地味にハロワの職業訓練と同義な値域おこし協力隊!これは使わないと損である!!

DSC_0235

 

基本的に地域おこし協力隊の求人に限ってはハロワの求人検索の方が探しやすいということがハロワやINDEEDという求人サイトで結構見つかるということが多く、近年では3年目は20万円くらいに給料が上がるという待遇の良さがいいものある。特に島根の海士町なんかは結構優秀な若い人が隊員として行くようです。基本的に起業家志望の人がその経験やそれまでの企業の経験をいいかしてチャレンジするということをしている模様。

 

あとこの街に限っては町長が自分の給料と役職手当をカットして貯金して、事業を興すための資金にしてそれに住民も協力したという歴史がある。同じ釜の飯ではなく、同じガマの口の財布を共有してこの島の仕事を作り、移住者を募っているという。そのため住民同士の結束はものすごく強いんですよ。行こうとしたけどうみがしけっててそのときはいけませんでしたけどね。

 

話は鳥取に戻しますが、地域おこし協力隊で林業研修生や農業研修生になれるのは職業訓練の給付金の要項を満たさない僕のような人間にとってめちゃめちゃチャンスなんですね。だってどこでも生きていける手に職をお金もらいながら学べて身につけていけるわけですよ。学生だってお金払って勉強するんですよ?

 

こうやって考えた場合はチャンス以外の何者でもないですよ。

 

しかも今回行った鳥取の日南という場所はこういった移住者や研修生に対しては受け入れの時期が早く平成21年からやっており、古民家の貸出も充実しています。確かに推薦のトイレではないにしろ、汲み取りのトイレなのでじつは水道代が安く済みますしね。

 

こちらは待遇がめちゃめちゃいいということで即応募です!でも気になることがひとつあるので明日電話で確認してからにします。

 

日南町の林業・農業の研修生の募集要項

DSCN0014


平成28年度農林業研修生募集

平成28年度農林業研修生の募集を開始いたします。

募集人数 農業研修生 3名
林業研修生 3名
研修期間 1年以上~最長2年

研修内容

農業研修生
基礎研修 農産物の栽培技術や農業経営に関する研修
実践研修 将来の自立に向けた野菜等の栽培研修及び
出荷販売研修
日南町内の農業法人や農家による実践指導
林業研修生
基礎研修 新植、枝打ち、間伐等を中心とした基礎研修
実践研修 必要な資格取得
林業法人での現場研修及び市場視察等
応募資格
〇農林業技術の習得を目的として、日南町が認定した研修先で、
1年以上継続して研修を受ける意思のある者
〇研修終了後に、日南町内で引き続き農林業に従事する
意欲のある者
〇普通自動車免許取得者
〇平成28年41日現在で18歳以上の者
生活支援
○月額120,000円の研修手当の支給
○住宅(空き家)の斡旋・住居手当・通勤手当・作業道具等の
経費の支援他
〇健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険加入
募集期間
平成27年11月2日~平成28年1月末日(応募書類必着)


 

 

あと上記では書いていませんが何故かトマト栽培に関しては夫婦の募集ということなんですね。なんででしょう?トマトは夫婦でないいけない理由は・・・なんでしょね・・

ワーホリ時代の記事目次

 

ワーホリ帰国後の鳥取移住編目次はこちら

 
こんな豊かな鳥取に住みたいですよ!!
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA