世の中のGメン!中でもお遍路Gメンっているのを知っていますか?(トイレGメン?)

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

このブログを見てくれている30数人の読者様!ぼくが知る限りのGメンって万引きGメン、温泉Gメン、マンションGメン、税金Gメン(国税庁)、祇園四条のG麺・・・とありますが、

 

ところで四国のお遍路Gメンって知っていますか?!

 

ただいま鳥取のだいせんホワイトリゾートの積雪が全くないということに悶絶している・・・

1448518947796

島田です!!

 

 

新年明けてしまいましたね・・・・おめっとさん!前回の記事でなんと正月休みは鳥取のだいせんホワイトリゾートが営業できないということを電話で言われて結構焦っています笑 自然の都合ばかりはどうにも出来ませんね・・・繋ぐ予定が繋げなくなりましたね・・・まだまだ待たないといけませんね。年明けの5日に期待です!!

 

そしてわいモバイルを解約したので更新ペースは落ちます。ノマドまへ行くのが先か、スキー場がさきなのか?天気的には多分中国地方のスキー場はオープンしないんではないか?っていう危機感とともに過ごしております。

 

 

そして話は本題。林業の研修中にお遍路参りをしている人がいて、そこで知ったんですが、お遍路で生活しているという強者がいて実際にその人と話してそのお遍路Gメンの存在を知ったらしいです 爆笑

 

そのお遍路Gメンとは???そこら辺の暇つぶしのネタを書いていきます。おそらくスキー場バイトが終わった3月中にお遍路を済ませると思いますからね。なんとしても歩き遍路認定証を取得し、履歴書の資格欄に追加したいですね!!では僕が調べた限りの「お遍路Gメン」の存在を書いていきますよ!!

 

◆お遍路さんの中に実はお遍路だけで生きている人が実在している

おへんろG

お遍路の中にはバスで回る人もいるけど本当に遍路たるものになりたければ「歩き遍路」をしたほうがいいということを研修中に熱く語ってくれた人がいます。その人はおそらく遍路は歩いて根性で終わったと思います。遍路をやっていく中で人からの施しを受け、気持ちをもらいながら寺へお参りができない人の思いを届けて歩く。これが人生観を変えることになるということを教えてくれました。

 

そしてあるときに野宿をした時に出会ったのがその人。年齢は35歳くらいで(2015年11月現在)29歳の時に全てが嫌になって財産も全て投げ打って今の生活にどっぷり使っているそうな。

 

 

◆でも生活ってどうやってやっているの?

お遍路地図

その人いわく遍路さんは結構道行く農家の方や人たちから食べ物をもらえるらしいんですよ。そして、それらは絶対に受け取らないといけないというルールがあります。

 

気持ちを受け取るということです。

 

しかしそれだけで生きていくということはできません。歩き遍路の地図には実は野宿ポイントが存在しています。そこで雨風を凌ぎつつ、お坊さんがやっている「たくはつ」ということをして少ないながらお金を得てなんとそれで生活しているという強者。個人的に気なるのは社会保険とか国民健康保険とかはどうしているのだろうか?そのせいきゅうは実家に行っているということになるから僕は興味あるけど出来ると思わない。中途半端に社会的に存在してはいけない気がするんですよ。そうやって生きるなら。親に迷惑だから。

 

でも実際どのような請求が来ているのかはわからない。転出届で一旦席を抜いたとしても2週間で戸籍が戻ってしまう。行き先が国内だった場合だけどね(ここらへんは曖昧なのでわかる人!コメント求む)

 

海外だった場合はわかりません。おそらくそうすれば社会的に存在しなくなることは可能です。一時的に。

 

そして話は「たくはつ」という行為に話を戻します。これって実は出家したお坊さんの修行僧の人しかやっちゃいけないんだそうです。

 

◆たくはつは実は仏教における修行の一環

おへんろG

このたくはつって出家したおぼうさんが修行をするためにやる行為。よく駅の入口とかでお椀持ってチリーンってしているよね?これなんです。でもその金は自分の利益ではなくお寺のお布施という扱いなんだってさ。

 

仏教の世界では恥ずかしいとか嫌だとかそういった自分の感情を受け入れるための修行なんだって。でもこれって実は・・・

 

出家していない人間はしてはいけない

 

んだって・・・・

 

 

そしてそれを取り締まるのが実は「お遍路Gメン」なんですね。

 

 

◆その人は基本的に怯えながら生活している

DSC_0259
DSC_0259

基本的のその人は摘発されたら生きていけないわけですよ笑

 

だから極力人とかかわらずにお遍路を回っている。そして話しかけられると結構ビビっていたりする。そしてこの記事のせいでその人が摘発されないことを僕は祈っている。

 

まぁそのときはその時だ、観念してくださいね!!

 

だっていけないことはしているからね・・・

 

という小ネタでした。

 

 

もしもこの遍路Gメンの情報を持っている人!情報求む!!

その情報の断片のサイトはここで見つけました

 

ワーホリ時代の記事目次

 

ワーホリ帰国後の鳥取移住編目次はこちら

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA