I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

ジムニーを手に入れていざ青の洞門へ!ついでに村上食堂も堪能!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  •   
  •   
  •  
  •  
    1
    Share
DSC_0034

DSC_0034

 

さて今週くらいから鳥取までに移住をした経緯を書いていきますよ!

 

ただいま移住定住促進住宅への引っ越しとオール電化の部屋のために炊事に効率化を図るために初めてのノンフライヤーをハードオフで新品未使用が中古で売られていたので即買いしてしまっていまだに使い方が悪く、効率化がかえって不効率になってしまっているという残念な状況に陥っている島田です・・・・

 

油を使う量が少ないということがヘルシーな響きでしたが使いこなすまではまだまだ時間がかかりそうです・・・

 

さて、今回から大分の先輩との滞在珍道中になっています笑

 

鳥取へ行くまでの半月の間にあったことって結構あったんですよ。そして今現在も結構ありますよ・・・ジムニーが不調過ぎて泣けてくるし、オートマなのにいつの間にかのエンジンストールとかやめてほしい。。。。おそらくこのブログが掲載されるころにはジムニーをもって米子の日産へ行っていることでしょう・・・本当になんとかしてほしい・・・

 

ということで今回は青の洞門と大分は中津の水面下での有名唐揚げ店。村上食堂?(多分)あってます) のエピソードを載せます!んじゃ行ってみよう!

 

◆保険の問題が解決していざ青の洞門へ!

 

DSC_0040

 

一時の馬鹿な時間に至福の時を見出していたあの時・・・

 

っとまぁ、こういう馬鹿に付き合ってくれるのは個の人しかいないわけで(-_-;)

 

こういう友達がいるってほんと運いいよね。まぁこの人も毎日満たされないようで、近いうちに僕のところの農場の撮影スタッフに呼び寄せようかとたくらんでいます!動画の編集が本当にうまいから。それと少し精神を病んでいる模様・・・(‘◇’)

 

僕もこの先輩がいないとこまるから。心の薬な存在の先輩です。この人から譲り受けた魂のジムニーja22・・・オートマだけどエンストしまくっています。結構怖い車かもしれない・・・でもkings creek stationのブレーキが利かない車に比べたらいいかも。。

 

ここでは先輩とだらだら話しながら一発ギャグのDQN系のものを探していましたが、

 

 

「STAP細胞はあります!」

 

 

で大爆笑していて本当に楽しかった。

 

◆青の洞門の探索

 

DSC_0055

DSC_0055

 

ここは昔お坊さんが一本ののみととんかちだけで作ったとされるこの洞門。

 

どう見てもどう考えてもものすごく遠くなる年月が費やされたとしても絶対できないと思う。それにノミいっぽんでできるものか?これ・・・っていう感じです

 

でも本当にのみの後がるんですよ

 

 

 

でも掘り進みながら方向を間違ったらしい・・・そりゃ間違えるって。

 

 

 

※ウィキより引用

歴史[編集]

1750年(寛延3年)に第1期工事が完成し、最終的に開通したのは1763年(宝暦13年)であった[1]

諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚が、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、ここにトンネルを掘り安全な道を作ろうと、托鉢勧進によって掘削の資金を集め、石工たちを雇ってノミと槌だけで30年かけて掘り抜いたといわれる。

1750年(寛延3年)の第1期工事の完成後には、通行人から人4文、牛馬8文の通行料を徴収したという話が伝わっており、この洞門は日本最古の有料道路ともいわれている[1]

1854年(安政元年)から1856年(安政3年)にかけて制作された歌川広重の『六十余州名所図会』には、「豊前 羅漢寺 下道」と題し、この洞門が豊前国の名所として描かれている。

1906年(明治39年)から1907年(明治40年)にかけて陸軍日出生台演習場への輸送路整備のために大改修が行われ、車両が通過できるよう拡幅された。この工事の結果、完成当初の原型はかなり失われたが、明かり採り窓等の一部に手掘りのノミの跡が残っている

DSC_0077

DSC_0077

車が通れるようになってしまったことでかなりオリジナルの部分が減ってしまったようですね。でもそのぶんがあったらどれほどだよって思います・・・

 

どんだけこの人は掘ったのかがはかり知れません。

 

ちなみにこの習慣、先輩の

 

 

 

STAP細胞はあります!

 

 

で大爆笑していた・・・

 

◆そしてこの後は大分は中津氏の隠れ名店の唐揚げや!「村上食堂」へ

 

DSC_0028

DSC_0028

 

ここは亭主が気難しいらしく、注文もすぱっとしないといけないようだ。特に5本単位か金額単位かで注文するようです。そっちのほうが作業単価も効率もいいようです。確かに理に適っている経営論です。

 

かつてせどりもしていましたが、時間と梱包費とアマゾンで売るならそれに対しての20パーセント(倉庫でプライムでの発送を使った場合)とられるんで結構しんどいです。それにたいしては作業単価を上げるなら売値が高いものを仕入れないとダメですけどね。

 

作業単価を高くたもってあまり身を崩さない経営をしているので、今後農業を経営するものとして参考になりました。

 

主導権をもって商売はしたいですよね。ほんと。。。

 

DSC_0031

DSC_0031

 

 

濃い目の味付けが好きなんですが、この味を否定する人は食べなきゃいいと思いますよ?

 

挙げた手が本当にジューシーで絶妙の塩加減!!!

 

DSC_0034

DSC_0034

DSC_0030

DSC_0030

 

本当にうまい唐揚げでしたし、お米がほしい!

 

お米がほしい!!

 

本当にここの唐揚げはおいいんですよ。リピーターが多く、大きなロットで地方から注文があるほど。小さな単位では発送はしないとのこと。どれくらいかhわかりませんけど・・

 

 

ちゃんと身を崩さない堅実かつ傲慢ではないポリシーをもって商売をしている人なので本当に参考にしたいですね!

 

 

大分も面白い場所がいっぱいあります!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告

  • 日南町へようこそ。田舎生活のおもしろい情報の発信をこれからも宜しくお願いします。

    • 島田 より:

      返信遅れました。日南町のライダーハウスですよね!アメブロをちょいちょい見ていました。地味にこのブログで日南町の農業研修生の募集のことも知りました笑

      まだまだ日南町の出来事までの記事を書ききっていません(^_^;)

      まとめて怒涛の勢いで更新します!よろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA