I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

バイクツーリングを鳥取でするならここ!「ライダーハウス日南」がおすすめ‼練馬から移住を果たした池田さんと対談してみました!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 5
  •   
  •   
  •  
  •  
    5
    Shares

IMG_20160528_120114

ライダーの皆さま!鳥取県でライダーハウスが日南町にあるということを知っていましたか?埼玉生まれの、オーストラリアワーホリ帰りの島田です!今回は移住を果たした海外組ならぬ田舎への移住組としての対談動画を取ってきました!

 

実際に田舎へ移住したい、田舎への移住を考えているという人はたくさんいます。

 

国のアンケートでも以下のように結果が出ています。

 

実際に国土交通省HP ヒト・モノ・カネ情報の流れ地方移住等地方へのヒト(定住人口)の流れ 参照

移住したい人

 

内閣府「都市と農山漁村の共生・対流に関する世論調査2005年11月」

 

農山漁村に関する世論調査(2016年六月)より引用

 

 

写真の図からわかるように20代前半から地方への移住の欲求があるということがアンケートからわかります。年齢をとるにつれて変化に対するストレスなのか、移住の願望が下がってきているのは仕方ないこととおもいます。労働人口と呼ばれる年齢のうちに地方への移住をしたいという願望を持った人が格段に増えたという結果ですね

 

◆ふるさと怪奇センターへの来場者数も増えている

 

ijuusitaihito

 

そしてしらべて個のふるさと回帰センターは実は国土交通省の管轄ということが判明してびっくり・・特に右肩の上がり方が半端ではないですね(;’∀’)

 

 

まぁ労働人口なんだけど使えないアラサー男の僕はここ、鳥取県の日南でトマト農家の修業中です。やはり自分おありかたとして人の下ってなんか嫌ですね。自分で仕事を作っていくということのほうがしっくりきますから、何かしらのナリワイを作るや収入源を作ること、一つの仕事に収入や生活の糧を依存したくないという人こそ地方へ行くべきと思います。

 

 

◆そんなんで今回は鳥取県の日南にライダーハウスをオープンさせようと奮闘している池田さんにインタビューしてしてきました!

IMG_20160528_120157

 

 

池田さんは練馬ナンバーのバイクを乗っています。ここ鳥取県の日南町で練馬ナンバーを見かけたら絶対町がいいありません!池田さんです!!声かけてくださいね(笑)

 

池田さん自身も地方での生活をしており、都会の人も田舎暮らしを体験すべきといっています。

 

 

都会とのギャップといえば便利さ。TUTAYAもコンビニすらもないこのどいなか。夜になれば該当なんてないから真っ暗です。その分星がよく見えて流れ星もたびたび見えます。かつてキングスクリークステーションで見たミルキーウェイとまではいきませんが、夜空というものが本当にきれいに見えます

 

 

電車のすし詰めの日々

 

電車が少しでも止まれば遅延届を取るために長蛇の列を作って自分の身を守るためにそこに並ぶわびしさ

 

つり革、エスカレーターの手すりの広告

 

金曜日の山手線の中に時々いるげろにまみれて飲んで飲まれてはいても飲まないとやってられないという会社員の人

 

自殺防止のドアが整備されない駅でたびたび起こる人身という名の飛び込み自殺

 

 

 

海外を歩いていた時、海外では三万人が強盗やレイプ、何らかの事件で新で言ったりしていることを聞きました。これは確かアフリカのことです。しかしながらその三万人という人たちが殺されるとかではなく、自分で自分を殺すということをしているこの国。

 

 

年間約3万人÷365日=約80~100人(お国柄の問題で3万人)

世界基準の方法で計ると日本は

年間約10万人÷365日=270~300人が自殺しています

時間に直すと前者は15分に1人

後者は4分50秒に1人

 

という計算になります。スラム街というところにもフィリピンのボランティアツアーで行きましたが、このスラム街が会社、学校などの公共の場所になりつつあるという結構怖い先進国なんだなってふと思ったことがあります。

 

 

しかし、ここ日南町ではそんなことってないです

 

 

電車だって小動物との衝突により電車が遅延とかいうレベルですからね。都会と個々の田舎とではギャップがあります。とにかく平和です。ちょっと話がそれましたから戻すますよ!!

 

 

 

移住をして田舎での生活を満喫している池田さん。バイク好きな人たちのためのライダーハウスを本格的に作るということへ動いています。今は取った許可も食品衛生の許可もとってらっしゃいました。喧騒から逃れてここへ移住をしてきた池田さん。ライダーハウス開業までの準備ちゅうの古民家ライダーハウスを紹介します!

 

 

 

◆ライダーハウスといってもまだ旅行業の許可を取っていないから看板出せない状態です(;’∀’)

IMG_20160528_121648

 

 

今はブログから連絡を取って内内の人たちでの使用になっているようですね。宿泊を業務として許可を取っていないために看板を出して営業するということが今の段階ではできません。今年中にその許可を取るということを言われていましたので今後のブログの更新に期待です!

 

でも今はいい具合で散らかってらっしゃいました・・・今後ちょくちょく片づけるそうです(笑)

 

今池田さんは林業の研修生としてここ日南町にきました。今は林業の研修職で働かれています!

 

元もと長野の山奥での生活もしていたこともあり、その中で都会の人たちも田舎で暮らすことをすべきということを思い、このライダーハウスを立ち上げるということを思いつきここを作られました

 

 

 

IMG_20160528_120919

 

 

今は食品の衛生の許可を取らないと料理を出せないということなので許可をとり、今度は宿泊業を営む許可を今年中にとってライダーハウス日南という看板を出すのも今年中にしたいとか!!

 

僕も農家として独立就農をするのが三年後からです。それまでに個人的にやんないといけないことはまずは狩猟免許を取ることです。今年の7/3日にさっそく申し込んできました!米子で試験に挑むぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

◆空き家をライダーハウスをするために国道沿いに借りた!田舎の仕事事情にも精通しているから移住をしたいライダーの方はここで池田さんとあってみたほうがいいよ!!

 

 

IMG_20160528_121237

 

あとは旅館の宿泊許可が取れれば万事おっけい!!簡易宿泊か旅行業の宿泊業を営む許可さえ取れればいよいよ日南にもライダーハウスがオープンですね!

 

 

バイクツーリングが趣味の池田さん。やはりここでは副業をしていかないと生活をしていくということは結構厳しいです。書くいう僕も嘗てはスズキ イントルーダー400を乗っていましたが学生を卒業するのと同時にレッドバロンに売ってしまった(´;ω;`)今思えば北海道で暮らしているときに冬の間乗れないということを計算して売ってしまったけどもったいないことした!

 

ここ日南でも冬場は雪が降るので同じことなんですけどね。

 

 

あと池田さんも林業をしてきているのでここ日南町の求人のことはわかります。移住してきた人がどうしても何足かの草鞋を履かないことには生きていけないということは十分わかっています、役場とかの公的な情報よりも生の体験からの経験を聞いたほうが地方への移住に役立つとは思います。

 

やはりたただ見た、聞きかじったものよりそのっ現実を潜り抜けてきた人のほうがちゃんと現実を知っていますからね

 

 

IMG_20160528_121249

 

こんな火鉢もあります。ここ田舎ならではの家具を満喫できるこのライダーハウス!これからバイクツーリングがハイシーズンになるで池田さんにぜひ会いに行ってくださいね!

 

 

◆まずはライダーの方はブログからコンタクトをお願いします!!

日南ライダー

ライダーハウス日南のブログは→こちら

 

アメブロなのでコンタクトをとるのに必要なことはあめぶろにとうろくするということですがそれほど国名はならないでしょう。別に登録したからブログを書くのが義務ということになりませんしね。お気軽にコンタクトをしてくださいね!

 

池田さんご自身もツーリングが大好きなので話は絶対に合うでしょう!中国地方のツーリングスポットも教えてくれますよ!

 

 

今はまだ旅行業の祝は巣強を営む許可を取っていませんが、年内には取得ということを目指して池田さんは動いています!

 

 

ライダーの方々!!

 

 

ぜひぜひ応援してあげてくださいね!!

 

 

 

 

実際に取った対談弾道が第一弾を動画をお楽しみください!

 
その他のコンテンツはこちら↓

 

———————————————————-

 

ワーホリ記目次

 

鳥取移住編目次.

 

管理人プロフィール

 

夢 100 リスト

 

当ブログ人気記事一覧

 

———————————————————-

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA