引きこもることが問題ではなく引きもるまでを考慮しないのが問題と思う

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  
なんとなく人生の再起をかけて申し込んだ職業訓練の結果がそろそろ来るということにそわそわしている島田です
未だに私は廃人している今日この頃
さて、僕も引きこもってる最中なんでちょっと引きこもりの人権を叫んでみようという次第です!
では、さくっと書いていきますよ!

◆引きこもるということは自分を守るということである

この本の中でも基本的に引きこもりやニート先天的な原因でそうなるということは書かれていません。
ニートや引きこもりになるまでの原因が有るということを書かれています。
厚労省の引きこもりの定義にも引きこもるという行為、行動の部分しか書かれていません。
相手だって人なんだから、それまでの家庭から理解するべきっと思います。
ニートをしたくてしてるわけではない
申し訳無さだってひこ持ってる側はある
でも焦ればせるほど空回りして職場での居場所に、コミュニケーションに困ってまた食という居場所を失う
そこに世間体の正しさが追い打ちをかけてより一層焦らせてまた同じことを繰り返す。
打ちのめされていった果に残るのは、自分を責めた挙句の罪悪感と申し訳無さ。そして社会復帰への恐怖。
そこにさらにさらに追い打ちをかけるのは親からの期待とそれに答えたいけど答えられなかったという罪悪感にまた苛まれる
感情の間で今という瞬間にとどまることができないから一旦社会とも親からも離れるという自己防衛の手段として引きこもるという手段に出る
これはこれで正しいと思うんです。だってそう簡単に死にたくないから
今まで書いたループがたまりに溜まっていくと人だって壊れていくに決まってる。
孤独がそれにまたまた輪をかけて打ちのめしていく

その打ちのめされている間に世間の正しさが・・・・

 

 

親の期待が・・・

それに答えれない申し訳無さが・・・

この無限ループにハマるしかないこの状態が正直歯がゆいね
僕はブログを書くしかできないけど、ちょっとこれに対して言い訳する

 

◆人が引きこもってしまう僕なりの後天的要素

人間を木に例えてほしい
木の幹が人の心とか脳みそで感じるようなもの
その幹からはもちろん栄養を吸収するための根っこが生えてる
の根っこから吸収されるものを「経験」とする
そしてその経験という栄養を与えるのが世間とか社会で、それを土壌とする
そして根っこから入ってくる「経験」という栄養の中にもちろんバイキンも入ってくる
「やな経験」とか、後々にトラウマになりうるような「虐待された」とか、「いじめられたと」そういったたぐいのもの。
これが寝に吸い上げられてしまうと病気になる
でもこの病気を癒やす手段って薬とかではないんだよね
環境を変えるというレベルのものだったり、それができればいいけどそれができない人の場合がほとんどだ
それにこの病原菌に晒され続けるしかできない環境が準備されていて、どうにも逃げ場なんてない。
些細なことを言えば、学校の変わらない教室、席順、出席番号・・
その近くに必ずいるいじめてくるやつ。
なんでか知らないけど毎日そいつにいじめられに行かないといけないという毎日。
そりゃ、不登校になりますよ
人間という心の木の根っこが日々病原菌に晒され続けるんだから病気になりますよ
品種改良でもして病気に強い品種になれるならしてほしい
テレビの放送から何年たってるかわからないけど、10年以上もジャイアンにいじめられ続けているのび太くんのメンタリティに尊敬をせずにはいられない
不当にもならず、ノイローゼにもならず、うつにもならず・・・
強いですよね・・・
職場でのやり取りだってそう。
嫌な上司に毎日出勤という義務の下、その職場にいき、ガミガミ言われる
溜まったストレスは最初のうちは土日とか休みでそれなりに発散するけど、その日が終わるに連れて「明日」が来るのが嫌になる
結局ストレスをためては発散しての繰り返しができる人はそれでいいと思う
ただストレスの根本が断ち切れていないからこそその人が潰れていくんだよね
だって休みとかで一時的に逃げれても「またあそこに行かねばならない」ということがストレスで仕方ない
引っ越しの日雇いや介護の仕事は正直そういう感じで日々出勤するということが嫌になっていったから
大人のほうが毎日上司という名のジャイアンや、ストレスにしかならない場所に行くということに対しての耐性がないんだと思う
実際これが普通だと個人的に感じる。
僕の場合は職場に行くということ自体がストレスというある意味社会不適合者なんだと思う
特に工場派遣とかは嫌だった
生まれて初めて左足がしびれて動けないほどの腰痛になって、整体に行ったほどだもんね
自分がよくわかってなのが行けないけどそんなのがわかってる人どれくらいいるのかわからない
そのうち仕事やめんせつにいくのもいやになってくる。特にブランクの辻褄あわせや面接官に説明して説得して納得させないといけない
面接という時点でこちらの立場っていうものはなし崩しなのかもしれない
あと個人的に言えば職場に恵まれないという才能が僕にはあるのか・・・
大卒で入った職場は給料未払いとか、入社三ヶ月で潰れたコムスン。。
大体裁判で揉めてるという会社に入ってしまうというくらいに社会や世間を見るセンスがないという自分を恨む
直近は群馬のキャンプ場。5日でやめたけど、ちょうど労基の指導が入ってて、労働条件の明治とか全然していないという場所
おそらくハローワークを通して応募したのが俺が初めてだったからそれなりにちゃんとしていたのかもしれない
でも求人広告は月給で、実際の契約は時給。。。
タイムカードを切っても何かしら仕事の指示が来る。
研修中ダカラ仕事を覚えてもらうためにしてるとか言われたけどそんなことあるかボケ
タイムカードを切ったあとに働くということは有りえないし、これを記録として残しておくということがつかれるからやめてしまった
ハローワークの労働法の基礎セミナーに行ってこの事を話したら、
「ありえない」
って、ちゃんと一等両断してもらえた(笑)
ったりめーだ(#^ω^)
職場運がないんだよね。職場を選ぶというセンスもない。いきにくいしな・・・
こういう経験から引きこもるに至ってる私

 

◆引きこもりやニートになる原因は後天的です

人だって常に打たれ強さを発揮するという事じゃない
僕の今のポリシーとしては企業戦士にはならないということだけ
企業戦士は家庭のために戦えるのか?
サービス残業するけど家族サービスってできるのか?
やはり契約だけの間柄がいいなって思う。会社とは。
そんな都合の良い事ばっかいってるからだめなんだな、おれは
僕が今年ニートの日であったPHAさん。ちょっといき方を見習ってもう一度プログラミングを勉強してみようかと思います。
まだ未定ですが職業訓練でプログラミングの学校に応募しました
これがうかっても・・・通う金を捻出せねばな・・・
バイトしたくない


ちょっとポチっとしてほしいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

[当ブログキーワード] 田舎暮らし 農林業 ワーホリ帰国 30代ライフスタイル 人生崖っぷち 生きる目的 自分の幸せ探し

その他のコンテンツはこちら↓

 

———————————————————-

 

ワーホリ記目次

 

夢 100 リスト

 

当ブログ人気記事一覧

 

———————————————————-

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA