◆職業訓練後記 さよなら、浦和クリエーター教室と浦和の街

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

まだまだ職業訓練のときの小ネタを書いていきます。

 

この職業訓練は内容も人も濃いというなんとも面白すぎた期間でした。ポリテクセンターの面接の時にも何人かいましたが、周期的に失業保険を目当てでポリテクに来るという強者もいるのでそうならないようにPHPを頑張って勉強しようと思います。年末年始はひたすらプログラミングでECサイトのショッピングカートくらいは組めるようになっておきたいかな?っていう感じです。

 

 

あとはこのメインブログのテーマも早く作らないといけませんね。更新ばっかりで子テーマを作るのがだるい(;´д`)

 

 

さて今回は職業訓練のちょっとした小言をまた書きます

 

 

では早速行きます!(めんどいので前置きなします)

 

 

 

◆受講最終日に事務員さんが写真を撮ってくれた

 

 

実はよると昼の事務員さんがいて、夜の人は気さくで僕におすすめのコーヒー屋さんとか教えてくれたりする人。夜の受講生が卒業して、夜間クラスがないときは夜間もクラスを使わせてくれたりして、お世話になった人です。

 

 

 

事務員さんおすすめのカフェで、カフェラテ12オンスでがっつり飲み干しました!

 

自営業でやっているのでフランチャイズのお店なんかよりもはるかに味が独特で飲んでて楽しかったです。ちょっとその店は後回し。

 

 

受講最終日でも実はまだ写真素材の加工が間に合っていなく、ふつーに6時限目まで残っていた私。イラレとフォトショが職業訓練が終わったあとは使えなくなるので、がめつく加工していました(笑)

 

すると入れ替わってきた夜の事務員さんがひょっこりと来て、「最後か!写真撮ってあげるよ!」ってな感じですんなり写真を撮ってくれることになりました

 

 

 

真面目にしているふりをしたり

 

 

 

何もしていないけど真面目なフリしたり・・・

 

 

 

 

 

何もしなフリしてる最中にダウンロードが終わらずに内心焦っていたり

 

 

 

あはは、終わんない

 

 

って開きなおったりした瞬間のポーズだったり

 

 

 

もう最後だからいいや!的にダウンロードを親指立てて

 

グッ!ってな感じで諦めた時とか(笑)

 

あとは普通に済ましていました。

 

 

これらを写真でとってくれてありがとうございました

 

◆職業訓練おこぼれ話~消せるボールペンを初めて知る

 

正直言って消せるボールペンというモノの存在をここで初めて知ったんですよね。

 

新鮮でしたし、誰かが日直で消せるボールペンを使った時になんか結構な騒ぎになっていました(笑)

 

でも消せるってボールペンなのか?

 

それと世間のトレンドに対して全く乗れていない自分がいました。

 

半年間通ったこの商店街の通路も今はもう通っていません。

 

通い慣れたこの道をもう通らずにいるのはなんかしっくりきませんね。

 

 

あとは土日も関係なく、コードをうっていた図書館も今では感慨深いものです。ひたすら何も考えずにコードとサイトの構造を体に入れるためにやっていた事ですが、そのおかげでflexだろうがfloatだろうがそれなりに対応できるようになりました。

 

 

 

 

六ヶ月の振り返りをしてみれば、いろいろな出会いや、その出会いの中でも個人が抱えている葛藤、この職業訓練に来た理由。全てがその人たちの道であり、お互いがそれを見ることによって自分を考えるきっかけになったって思います。

 

 

サイトを作りたいだけでここに来た僕

 

イラストレーターだけを目的だ来た人

 

フォトショップだけを目的で来た人

 

ウェブ業界に転職したくてきた人

 

告知用のサイトを作ったミュージシャン?

 

いろいろな人達が来ました。

 

 

そしてポートフォリオサイトで自分のライブや告知のサイトを完成させたミュージシャン

 

 

いろいろな人たちがいます。

 

 

これも縁。

 

 

そして自分の目的のために初めて学校に来たというこの職業訓練。

 

 

本当に濃い半年間でした。

 

 

そしてなによりも自分から求めて、講義の内容へも貪欲だったということは正直言える。

 

 

目的を持つことで突き動かされたのは初めてでした。

 

先生の最後に僕ら受講生にくれた言葉

 

 

頭脳警察 裸にされた街より引用

祈りを忘れたシスター

言葉を忘れた詩人

笑いを拒んだ子ども達

叫びを捨てたロックンローラー(rock’n’ roller)

 

先生の言葉の一部を引用しました。

 

 

祈るということはシスターである事の証で

 

言葉を忘れるということは詩人にあらず

 

笑うことをしない子供は子供ではなく

 

叫ぶことをしないロックンローラーはロックンローラーにあらず

 

 

目的をわすれ、考えることを放棄した人間は、考える葦という人間にあらず

 

 

自分を見失わないで、生きていってほしいということを言ってくれたんだって僕は思います。

 

 

さて、サイトを作るではなく、「メディアを作る」という目的のために僕は動いています

 

 

今はコンテンツの中身を作るためのライティングを勉強しています。

 

 

あとはもう、なし崩しにしてまで自分を崩さないでいく。

 

 

PHPがんばろっと・・・

 

 

 

ちょっとポチっとしてほしいな♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

[当ブログキーワード] 田舎暮らし 農林業 ワーホリ帰国 30代ライフスタイル 人生崖っぷち 生きる目的 自分の幸せ探し

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA