ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

【小銭FX】トレンドの考察。月足、週足を考慮して短期のトレンドを掴んで乗っていくために考える

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

今はワードプレスのテーマも初めて自分で作って(正確にはリメイク)このブログを書いています。ああ、アドセンスが入ってこないな・・・・更新頻度を上げないとな。でも働き出して生活のサイクルや行動範囲が決まってしまうと考えることとが一定になってしまってネタに詰まるということがわかりました。こう言う時でもネタを絞って書いていけるかということがブロガーとしての自力を鍛えていくんだなって日々感じています。

 

さて、この記事を書いている今日は閑散としていて全く値が動かないので相場の考察をしていきます。

 

絶賛資産が減っているという残念な結果ですが、実際に利確に失敗をし続けているということだけで利益は増えているっていうことを確信しています。負け犬の遠吼えですけどね。

 

利確という事の難しさ。

 

 

いくらあったら自分はまんぞくするのか?

 

 

自分との自問自答と、自分がこのFXをする理由が弱いからこそ利確ができず、かつうかつなエントリーをしてしまうということを痛いほど今振り返って思いました。PHAさんの本でも書いてありましたが、なんとなく入ってきたお金はなんとなく消えてしまうっていう一文がありました。

 

なんとなくお金を増やすという響きでFXに手を出したということは事実です。

 

だからこそなんとなくエントリーをしてなんとなく損切りやなんとなくの利確、そしてその利確をいい気分にしてそれ以上負けて買った分を吐き出してしまう。

 

 

そんな情けないしかわからずですがあうとぷっとがてらつらつら書いていきます

 

 

 

■まずはエントリーからの損切りは実は以外に少なかったということ

 

別に自慢ではないです。

 

矢沢永吉ではないですが「この商売は(歌手は)自分が天才だ思えないとやっていけないんだよ」ということを自伝の本で見たことが有り、この記事を書いているのは自分hあFXの転載だと言っているわけではなく、エントリーは少なくとも間違っていなかったという自分を励ます程度の感じです

 

エントリー後の損切りはじつはそうエントリーの3割です。

 

でもその3割でお金が減っているということは・・・

 

倍プッシュだ!!ということをして損切りに遭っていたという一番やってはいけない

感情に任せたエントリーをしていただけ

 

 

という端的で愚かな事実が見えただけです

 

 

ただエントリーのポイントは間違っていなかったということで自分を励ましてます。

 

 

ただエントリーで買っていたものや負けていたものがあるのが事実。

 

 

この裏にある事実として、

 

長期のトレンドの中での短期のトレンドを見間違っていたために負けたという僕の考察です

 

 

 

■月足を考慮して週足を見始めました

 

図書館に行って昔の本を読んでみました。

 

一時期情報商材に溺れ、情報が古いということで全てを軽蔑していました。

 

でも新しかろうが古かろうが本質を突いていさえすれば時系列は関係ないということに気づいたのは最近です。

 

これらのノウハウが通用しない事態になるということはそれなりに地政学的な何かが起きたかなにかんです。そいういう突発的な何かに対して冷静になること。これがFXは重要なんだって思いました。特にイギリスは地下鉄で結構テロが起きやすく、その都度大きく下げていました。

 

 

こんなことを予測なんて出来るわけないんで。

 

 

でも月足のトレンドって不思議で、何かしらのサイン、トリプルトップとか足が揃うとなにかしらの出来事が起こるんですね。

 

なんとなく根拠ないですけど、こう言うことを信じてみようと思います。

 

ベースのトレンドは月足に置き、その中での逆張りなのか、月足に対しての順張りなのか?

 

 

ここを考慮することで利確をちゃんとできるようになり、かつエントリーも自信を持ってできるって思っています。

 

 

そして週足の中での日足の動きを見てその中での4h足のトレンドを見る。トレンドブレイクなのか、ウェッジブレイクなのか、トライアングルなのか・・・

 

逆張りのトレンドならいつ利確か・・・

 

 

こう言う事を考慮していくといろいろ俺はダメだということが出てきすぎるんです。これを端的に受け入れて改善して行くことでしかおかねがふえないな。。。

 

 

 

■長いトレンドのかの短いトレンドを意識てからの利確の方向性とピンバーのウソホント

 

なんとなくですけど、ローソク足のリズムってあるんだって感じています。

 

 

特に週足のトレンドが出て、BBとかのミドルラインにローソク足がコマ足で寄っていくっていう周期は第一金曜日にむかってとか、その日の周辺では相場シーンって静かになるとか。

 

指標の中でもFOMAの指標は結構影響力がお大きんだっていうことを今更ぼんやりと感じてきたんですね。

 

そしてそう言う波の時の全長にあるピンバー。そう言う時にできたピンバーは結構信頼度高いんだなってチャートノックをしていて思いました。特にミドルバンドに刺さったとかレジスタンスに跳ね返されたとか結構ここらへんを意識して行きたいです。

 

後はチャネルラインでのピンバーや毛抜き天井はいい戻り売りやいい押し目買いの時だって思いました。

 

 

まだまだチャートノックは足りてない。。。

 

 

意識するもの

 

 

月足のトレンドをベースにした週足、日足のローソク足の形

 

 

4hのローソク足とレジスタンスを注意してみる。

 

そこでピンバーや宵、明の明星が出ていないか。ピンバーならMAのミドルラインから離れすぎていないかどうか、MAに刺さっているか。

 

 

ここらへんを見ていきたい。

 

 

愛媛・・・

 

全ては愛媛のため・・・

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA