ワーホリ帰国からのアラサー男子のライフスタイル構築記

オーストラリアワーホリから帰ってきても生き方が下手で人生にしくじり中のアラサー男子がふわふわ日本をさまよい、通年雇用をされないでいかに生きていくのかを綴るという趣旨のブログに変更をしました。いつまでもしくじっていたくないのは山々ですが自分が分かっていないためにこのループから抜け出せません。もうやりたいことがなんなのかを明確にしてそれだけで生きて生きたニート気質なやつの生き様です。

【小銭FX】AUD/NZDエントリー ポジションは第一金曜のアメリカ指標の発表直前までしか持たないようにする

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

 

 

AUD/NZD

 

エントリー 日足基準
 

10日 SMA での売りのピンバー下値ブレイクでエントリー

週足を見てもダウントレンドなんで順張りのつもりです

 

一応今週はアメリカの指標が発表になるのでその前日の木曜日までポジションを持って、指標が発表されるまでにはポジションを決済する。

なんとなく下げの圧力を日足では感じるけどなんか抜けきれないのが少し不気味

 

 

レバレッジは 2000通貨

損切りは日足のPBのヒゲの先っちょ。

 

もし1.06145付近のレジを抜けるとすれば指標の発表のギリギリまでポジションは持ちます。でも指標が発表になる寸前はふわふわ上がったり下がったりしているのでじりじり上がってくるならスパット切ります。

 

 

でも日足を拡大すると直近の毛抜きぞこが気になるところ。ここらへんの底値を抜ければトレンドが週足ベースで続くというふうにみてそのままポジションを継続して持ちます。

 

 

 

 

ここらへんはバイトが終わり次第判断したいと思います(笑)

 

 

午前バイトで良かった・・・

 

 

 

利確の基準を作る–ミドルバンドとの距離とレジスタンス。

 

 

 

ミドルバンドまでの距離が遠ければ一旦ミドルバンドタッチで利確でいい。ミドルバンドがローソク足を押しつぶすように上がってきて、かつレジスタンスにローソク足が抑えられてそのままミドルバンドをローソク足の実態がミドルバンドの下に出るとセカンドターゲットを狙えるくらいのトレンドになる?

 

 

っていう風なことを独り言っぽく独り言を書いてみました。

 

 

なんとなく週足を見ていて思いました

 

週足のBBの外側の線にタッチしてミドルバンドまで戻るとしたら、トレンドブレイクは短い足では起きています。

 

週足のミドルバンド周辺まで落ちてきたらそこらへんでレジスタンスが短い時間足でもあります。ミドルバンドは長い脚を基準としてそれを抜けるかどうかを判断してみてみるという視点を持つということを自分自身の相場の見方に追加していきたいと思いました。

 

 

さて、今週の金曜はどうなるのか?

 

 

なんかFXブログになってきた・・・

 

 

だっていろいろな変化がないとこうなるなだな、ブログって。

ただ今僕がチャートを見るのに参考にしているものです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA