I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【ライフスタイル】沼袋のカフェ、潮の路に行ってきた。ホームレスの人たちへの支援をしている居心地にいいカフェでした

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

ゴールデンウィークというものが久々にゴールデンになっているということを感じています!

 

配送の委託のバイトも午前中だけと土日祝日は休みなので結構自分の予定が立てやすいということを実感しています

 

 

そして僕の近況として、このバイト(委託?)は3ヶ月の更新になっています。

 

 

今年は11月にみかんアルバイターに行くということを決めています。

 

 

だから今月の更新の時に一回目の更新はするけど二回目の更新はしないということを告げています。もともと決めていたことなので。

 

 

決めていくということをしていくことで動いて行くという今年。

 

 

みかんアルバイターの交流会で、季節の仕事を通年で繋いでいる人たちと交流して、情報交換して行きたいです。そうすれば自分が行きたいように生きている人たちと一緒に生きていくことで自分の自己実現もできそうな気がしています。

 

 

自分に素直になることが肝要ですね。

 

 

さて、前置きが長くなりました。

 

 

ちょうどこどもの日が祝日でバイトもないということだったので前々から行こうと思っていたカフェ「潮の路」に行ってくることができました。

 

■初めて行った沼袋駅。ここはなんとなく懐かしい商店街がある場所

 

初めて乗った西武池袋線。この日は交通費を抑えるためにメトロパスを使い、高田の馬場経由で行きました。

 

すると以外に時間がかかってしまい少し残念な結果になってしまいました(^_^;)

 

 

でもまぁ、気にしない。

 

 

初めて行ったにも関わらず初めて行った気がしないくらい暖かい場所でした

 

 

 

 

沼袋駅北口を出て、踏切を渡り、ひたすらまっすぐいくと右側に青い看板があります。

 

 

一度ここを通り過ぎてしまい、少しウロウロしていました(笑)

 

 

 

 

道中商店街を歩いていると、マンションの中になんか発見・・・

 

 

 

 

 

このマンション・・・

 

 

神社を取り壊してでも作ったというのかな?

 

 

でも縁起がいいんだか、初詣が楽そうで便利。さすがは東京・・・

 

 

 

 

 

そしてカナダ雑貨を通り過ぎていき、

 

 

 

 

この病院の前まで来たら写真できれているところに潮の路はあります

 

東京繕いファンドというところが運営していて、クラウドファンディングを利用して資金を集めて作ったところです。

 

 

ここ!一回はコーヒースタンドのみ、二回が飲食ができるところです。

 

中は一軒家を改造して作られたところで、最初は靴を脱ごうと思ったけどじつは 土足オッケイということにびっくり(笑)

 

コミュニティカフェとしてはものすごく繁盛しているところと思います。いろいろな人達が談話していました。

 

■日替わりランチのカレーを注文

 

スリランカカレーを注文。

 

このカレーは水分を使わず、野菜から出る水分でカレーにしているから、野菜の甘みがおいしいカレーになっていて、食べやすい。辛いということはありませんでした。今度の日替わりはなんだろうな。

 

そして二回に上がると地味に満席!

 

 

でも一番手前のお誕生日席を提供していただきました(笑)

 

 

ここでの会話は結構バラエティに富んでいます。宗教や仕事のことやカナダからの永住をした人もいて、最後にはイベントのカメラワークの打ち合わせとか。。。

 

 

そしてここを開いた人たちは落語が好きで結構詳しい。

 

 

ここで黄金餅という落語を教えてもらいました。

 

 

この黄金餅という落語は触りだけ聞いても結構ぞっとした落語。

 

 

概要は、隣り合う人たちのお話で、一方の家の人が死の病に伏していて、一釜の隣の人は元気な人。

 

 

度々死の病に伏した人に呼び出されて、あんころ餅を買ってきてくれと言われてそれを買ってきてあげていました。

 

しかしなんであんころ餅なのかというところに疑問を持ち、隣の人がそのあんころ餅を食べるところを覗いてしまいます。

 

 

するとその人はあんころ餅に今まで稼いだお金を埋めてそれを持ちごと食べたんです。

 

 

それを見た隣人はもちを買ってきてくれという頼みがあれば買ってきてやりました。

 

 

しかしその糸は、もうすぐ死ぬから、火葬をするときに半焼きにして、埋葬の前にそのお金を取り出せば大金持ちになれるという邪なもの。

 

 

そしてとうとうその隣人は死んでしまい、葬式をすることになります。

 

 

その葬式を取り仕切る役に打って出て、火葬場の人に金を握らせて、遺体を半焼きの状態で焼くことに成功します。そしてまんまと胃の中からそれまで餅ごと飲んだ金をとりだして、その金を元手に商売を始めてうまくいきましたという

 

ハッピーエンドなんです

 

ただただハッピーエンドなんです

 

 

普通はなんかバチが当たっておしまい、ちゃんちゃんみたいなものですがそれがないんです。フツーにないんです。

 

 

後味の悪いハッピーエンドが落語を聴き終わたあとにじわじわと来るんです。


 

この落語のユーチューブは見ましたが、実際に生で見ると結構怖い落語ですね。

 

すんなりとふつーに成功して終わるんですよ。

 

 

人の業がすんなり通ってしまうということ。。。

 

 

さすがは潮の路・・・何がだ?

 

 

こう言うとこが近場にないのがなー、なんて思いました。

 

 

ここに行くと結構面白人たちが面白い話を聞かせてくれます。

 

 

愛媛にあったイスキアみたいな場所。

 

居心地がすごくいい。

 

また行きたい場所が増えてよかったというどうでもいい日記。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

このブログを書いてる人が今までに作ったホームページたち

 

 

Working Holiday in Northern Territory

 

 

 

豪麦酒!!

 

 

オーストラリアワーホリアル!仕事と生活の仕方

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


  • 大分の先輩 より:

    なんかe休日だったじゃん

    さらっと落語を要約して
    説明するなんて、すっげー知識人じゃん

    最近全く、俺以外の人のコメントがないのは
    俺のせいだろうか・・・・

    俺のせいだったらm(__)m

  • 埼玉の後輩 より:

    いやいや、単純に誰も見てないんでしょ(笑)

    一日28PVとかだしね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA