I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【ターンズの学校説明会】Travel Hub mix で行われた空家リノベのクラスの説明会にいってきた!愛媛の前に秋田に行ってみようと思う

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

ようやく三連休に入り、生きた心地を感じて噛み締めている私です!

 

そろそろワードプレスのテーマも変えようかと思っているけどめんどくさくて進んでいない!

 

 

そう、

 

夏のせいで

 

 

 

 

暑くてなんもやる気がしないのは危険すぎる暑さのせいだからさ!

 

 

 

まぁ、あとはようやくこの配達のバイトも9月の末で終わるのでようやくカウントダウンに入っている次第です。

 

 

そして8月の上旬から愛媛のみかんアルバイターの募集が始まるので募集が始まるのを待つこと、そしてそれと同時にやはり自分の煩悩を開放していくということに素直になるという努力をしています。

 

 

自分の生き方にずっと困り果ててるのに飽きたんですね・・・

 

 

あと2ヶ月の辛抱で愛媛に行き、それまでの空いた時間で秋田のリノベーションの学校のクラスにより、本格的に古民家のDIYをしているところに体験と経験をしに行くことをします!

 

 

 

 

このクラスは10月なんですが、その前に都心での講義のようなものが再来週にあり、それも言ってみるつもりです。

 

 

まずは個人でやっているDIYよりもちゃんと行政が空家の持ち主から借り上げてから行うDIYの方がじつは摩擦がないからいいんですね。ここらへんの事情は地域により全く異なるのでこう言うところに来てみて良かったと思います

 

 

まぁ、だらだらと前置きが長いので早速つらつらと書いていきます

 

 

 

■大手町であったターンズの学校入学説明会

 

 

 

7/14日、東京の大手町にある「Travel Hub Mix」で行われた Turns 秋田の学校入学説明会に行ってきました!

 

 

 

 

大手町の地下で結構迷い迷っていきました。

 

こんなところがあるんですね、東京って。

 

 

中はすごく綺麗

 

 

 

 

このイスが並んでいるところが会場で移住の先輩のゲストも来てくれていました!

 

■僕の目的は空家のDIYと権利のこと

 

 

以前の鳥取の日南で気になる空家の制度の違いがあり、ここらへんをガッツリと聞きました

 

 

秋田の日本酒を飲みながら(笑)

 

一番気になったのは宅建協会の介入があるかどうか

 

 

 

話を聞くと、空家のDIYというものは土地の権利と空家の建物の権利は別で、そうそう簡単にできるものではないんです。最低限住宅の権利を持っていないといいようにいじれないんですよね。

 

 

そして空家バンクは全国にあれど、空家の紹介の過程は自治体によって様々なんです。

 

 

前回ぼくがいった鳥取県の日南町は家主とその家を借りたい当事者に丸投げのスタイル。全国の空家の紹介は宅建協会が契約の時に介入をするというスタイルのところもある中で、ここは本人たちの示談に任せてあります。

 

 

ここらへんは結構大きな違いがあります。

 

 

例えばこの案件

 

 

使った部屋数で家賃が変動するという結構見ない家賃の変動・・・・

 

 

一軒が借りれるわけではなく、間借り料金?という理解でいいかな・・・

 

 

という結構ユニークな?ところもあるので、契約ということに関しては個人的にはちゃんと宅建協会が介入した上で、契約の事項を確認し、納得した上で借りたいですね。

 

 

秋田の八峰町のDIYの担当の人に聞きましたが、八峰町に関しては、一旦家主から行政がその空家を借り上げて、行政と借りたい人が契約をするというスタイルです。

 

 

 

このDIYは移住者の人のための改装という位置づけです。

 

 

そして移住をしたい!と決めた人たちは、最大450万の費用で地元の設計士と大工さんでDIYを施して、理想の物件に住めるというシステムです

 

 

 

要は空家のオーナーの管理をしているのが行政という感じ。行政は民間で言う管理会社の役割をしています。

 

 

このほうが絶対にトラブルってないんですよね。

 

 

特に所有物だから手放したくないし、結構持ち主の権限で支配的になるケースもあります。あとは草刈をやらされるという条件もあったり。

 

 

ここらへんは結構クリーンです。

 

 

 

 

結構ワイワイ盛り上がって根掘り葉掘り聞いてきてしまいました(笑)

 

 

しかしこの八峰町、場所はここら辺

 

 

すぐ下には、山王工業のモデルになったという能代市があります。

 

 

新幹線では秋田 東京間は二時間、そこから汽車で3時間かかります。

 

 

結構行きにくところで、移住をした人たちの会話で印象的だったのが、

 

 

 

目指さない限りはここにはこない

 

 

という一言。確かにそうだな、っとうなづいた。

 

 

 

 

■今後の予定(確定、未定を含む)

 

8月上旬・・・愛媛のみかんアルバイターの募集に応募(これくらいに始まるということをかくにんしています)

 

 

9月末・・・配達のバイト終わる

 

 

10/6-8・・・秋田の現地のリノベ体験会で八峰町にいる

 

 

10月の第二週くらい・・おそらくこのあたりで愛媛のみかんアルバイターの合同面接が都内とかであると思われる

 

 

11月上旬-12月の中旬・・・愛媛のみかんアルバイター+他の地区に移動する見込み。これがおよそ3月まである見込み

 

 

 

というところまでです。

 

 

確率が低いですが、来年の4月から富良野とかの農作業リレーに参加をするという選択肢もありますがこれは限りなく低い選択肢です。

 

 

でも100万くらい貯めたら空家をどこかテキトーなところで買いたいですね。

 

 

100万以下でも買える所があるので家賃の節約には家を買うのが一番いいですね

 

 

とはいうものの、結局はそこを拠点としてフラフラしていきたいのが本音かも。適度に人に無関心で適度に時が来たら人間関係をリセットで来て、でもまた季節が来たらそれを戻せて。

 

 

ようやくなんか自分のあり方のそれなりの方向を見つけ出せた気がする。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


このブログを書いてる人が今までに作ったホームページたち

 

 

Working Holiday in Northern Territory

 

 

 

豪麦酒!!

 

 

オーストラリアワーホリアル!仕事と生活の仕方

にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

広告


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA