I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【空き家探し】妙高と富山の射水に行ってきた。今後のスキー場リゾートバイトの候補地でもあり、英語の練習をする場所でもある

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

はいどうも、イズです。

 

さて、ようやく英検のほうも一息つき、2級の二次はまぁ落ちてんじゃね?っていう出来でした。風邪が抜けきらないうちに受けるものではないし、体調管理はちゃんとしていきましょう(笑)

 

そして英語力の問題とそれらを改善するためにも環境を選ぶ必要があるという必要性があるって思います。やはりオーストラリアの日々が懐かしいからね。後は喋れるようになりたいわけではないけどそれなりに面接や英検の準一級はスピーチがあるのでそれなりに喋っておかないとダメっていう結論に至りました。

 

 

かと言ってワーホリの時みたいにディープな英語環境というのも疲れましたからね。調度のいい加減ってないのかなー、でも日本の中の英語圏だからいけるっしょ?みたいなノリで言ってきました

 

 

■妙高の赤倉温泉に下見をしに行ってきた

 

なんで妙高なん?っていうところからちょっと書いていこうかな?

 

全ては僕が今年立てた目標に起因するんですが、(今年の目標はこちら

 

多少は修正を今月にしていきます。ちょっと目標は高すぎましたね

 

 

そして僕が立てた目標のうち、英語に関することです。自分の資質や今までやってきたことでそれなりに収入になる、もしくはなりそうなことを洗い出してみた結果、そのうちの一つとして英語というものが浮上してきました。ワーホリから帰国してすぐに渋谷のヒカリエにある派遣会社に登録をしてきましたが、面接で落ちました。派遣担当が英語を離せないくせになんでそんな奴に英語ができるかという尺度がないくせにそれで測れるのか?っていう疑問が拭えずそこをあとにしました

 

それっきりせどりを始めてみたり起業塾に行ってみたりして結局ダメでフラフラしてきました

 

 

でも今ではココナラやそのほかの翻訳サイトで登録してみて、自分のやりたい範囲、出来る範囲から始めれるというサービスがあるのでここら始めてみようと思います。

 

 

そして今の段階では自分自身がそんなにできているわけではないという自身のなさや自分の現在位置を自分で認めざるを得ないし、その場所があまりにも低い。だから英検でもなんでも、そう言うサイトにプロフィールを載せたとしてこの人なら・・・っていう感じで依頼が来るようなそれなりの実績を作ってから始めるということを決めました。英語は話せる人は確かにいっぱいいるけどちゃんと訳せる人ってそんなにいないし、アマゾンの翻訳ソフトのレビューを見てみてもそんなにいいものがない

 

 

ということはAIでもまだまだログが溜まっていない状態です

 

 

翻訳というのは機械でされるよりも人の機転や裁量によって善し悪しが決まる部分が多く、気のかない機会がやったとしても多分受けないと思います。翻訳アプリはあれども、アマゾンとかで並行輸入品を買うと必ずと言っていいほど日本語の取説は入っていないのでこう言うところをつついて行こうかな?って思います。

 

ただ英語の環境も多少は欲しいので妙高にちょっと絵をつけています。

 

 

そして妙高に気になった記事を見つけました

 

これがその記事

 

 

日本の中でも英語が必要なのは北海道のニセコですが、正直ニセコは時給が安く、北海道まで行く気にならないんだよね。今となってはさ。昔はなんかウキウキしたけど今はしない。歳とったんだなってかんじる。

 

 

日本の中でも多少の英語環境は必要だからね。冬の間だけでもそう言うところを見つけて毎年5月くらいにTOEICや英検を受けれたらいいかなって思う。今年はTOEICと英検をまとめて受けるということをしてみたけど、正直言ってきつかった。

 

 

TOEICと英検は質が違うし、個人的には相性がいいというか、英検の方が時間に終われないだけじっくり取り組めて自分でも納得ができるから英検の方向を伸ばしていこうかと思う。TOEICはS/Wだけを伸ばしていこうかと思います。そのためにもそれなりに英語を使う必要がある、かつそんなに英語の難易度が高いということで働きたくないということで妙高のスキー場を選んでいます。

 

ちょっと街を見ていきます

 

sdr

 

妙高に着くとこんな感じの細い道がいくつもあります。僕が車を止めたところは足湯があるところです。ここを起点にして赤倉温泉付近を散策してみました。

 

ホテルからすぐにゲレンデ、しかもクアッドリフトがあるというアクセスぶり。これはニセコのホテルにある、スキー靴をはいたままホテルの廊下を歩いてそのままホテルの自室に行ける、スキー具つ履いたままホテルの部屋かからゲレンデに行けるという本当に便利な作りです。

 

 

dav

 

赤倉温泉が開放している足湯

 

 

17時にはここはしまってしまいます

 

 

 

 

そしてちょっと空家も見に来ています。こう言うところは温泉の権利料が発生するので正直かあないけど暇つぶしに・・・っていう感じです。Airbnbで経営を自動化してしまえばいいだけなんで、気になる物件があるなら不動産屋に聞いてみてもいいっていう感じのスタンスです

 

でも温泉地だから地価が高くで諦めモード・・・

 

sdr

 

 

けっこ

 

建物は結構古いものが多い印象です

 

修復の費用が高そう・・・

 

街を歩くと正直言って日本人を見かけません。OZのような夫婦がそれなりに頑張ってDIYで民宿や建物の直していました。

 

dav

 

上の写真は空家っぽいです。結構屋根の痛みが気になりましたけど面白い作りです

 

 

 

裏に回ってみると隣のホテルの庭とつながっていました

 

意外と傷んでいないという印象です

 

積雪がすごいのか、窓は板で雪の圧力で割れないようにバリケードのレベルで補強してありました。

 

 

 

 

 

dav

 

それと地下室?への入口もあり

 

面白いですね。あとは温泉権利料っていくらするんでしょうね。NHKの受信料のようなものなんでしょうか。温泉地における温泉権利料って(笑)

 

 

 

■結構街の建物は限界なんでは?っていう印象

dav

 

 

町に残っている建物は取り壊されているものが一軒、あとは屋根が結構崩れている建物が多かったです

 

上の写真の建物は結構きていました

 

 

dig

 

たいふうかなんかかな?

 

 

傷んでいる建物が多く結構危ない?印象でした

 

 

 

建物の入口や表向きの部分はしっかりしていましたが、裏に回るとこんな感じの建物が多かったですね。こう言うところをOZの資本家が買い去っているんですね。正直ベッドバグで住めなくなった家よりは遥かにマシなんですけどね。シロアリよりもベッドバグの方が柱とかかじってんじゃね?くらいの倒壊家屋もいいところのものが多かった。指でつついたら倒壊するくらいのギリギリな家もあったし

 

 

でも中には綺麗なものあります。でもコンクリの基礎を見ると全部にヒビが入っているので空き家を探すのは妙高市あたりになりそう。坂の斜度がきつくて俺のエブリー62Vではすめないな、ここ(笑)

 

dav

 

むしろこんな感じの家なら作れる臭いから住みたいね(笑)

 

 

dav

 

この団地なら1棟くらいかってみてもいいのかな?って思う。期間限定でリゾバの従業員を住まわせてみても面白いかもね

 

 

一応妙高市の方にリゾバの求人が冬場に出るんでそっちを狙ってみようって思います

 

あとは英語の資格というよりも在宅ワークをするためのステータスを取得して行くって感じか。英検の2級の二次で落ちてしまっ他レベルの面接だったもんな。風邪ひいたまんま行くべきではなかった(;_;)

 

赤倉は冬場以外の仕事作りが課題とも記事に書いてありました

 

 

冬場の仕事だけでもなんとかなれば俺はどうでもいいって感じ。そう言うスタンスからすると季節の仕事を探すという俺の都合からは合格なところだね

 

でもまだまだ場所は見たほうがいいな

 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 



 

 

 

ワーホリしている時のことをまとめたブログ?

 

 

 

オーストラリアワーホリアル!仕事と生活の仕方

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA