I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【軽貨物DIY】格安のユーザー車検を自力でやってみる!スズキエブリーのユーザー車検でかかった費用

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

どうも、イズです。今回は格安で受けれるというユーザー車検を受けてきました。

 

というのも実は、鳥取から実家に帰る際に、爆弾低気圧に捕まってしまい、岐阜かどこかのトンネルで通行止めを食らってしまい、引き返そうとしたとき、一時間くらい車の中で寝ていたと思いますが、50センチという猛烈な雪が降り、地面が真っ白に

 

そしてUターンをしようと車を動かし、頭を振ったら、歩道と車道の間にあるあのちょっと出っぱってる石亭?みたいなやつに乗り上げてオイルパンを飛ばしてしまったんですね。その時に右前のロワアームも少し曲げました(笑)

 

その時のロワアームも少し曲がったままでした。直近のスキー場バイトで右側後ろのドアの取っ手を壊しました(笑)

 

でも結果から言えば車検は通りました(笑)

 

ではユーザー車検の体験記を書いていきます

 

 

ユーザー車検はディーラーやどこかの会社に頼むよりもはるかに安上がり

 

今回僕はユーザー車検とナンバープレートの変更も同時にしていますそれらも込にしています。

 

結論から言うとそれらを合算したとしても

 

38750円!!

 

 

という安さです。

 

前回のイエローハットでの車検では8万円出ましたからね

 

これに比べれば2倍安いということです

 

 

これはやるっきゃないでしょ?

 

 

 

ユーザー車検は各都道府県の陸運局に行けばいい。ただ軽自動車は軽自動車協会に行かないとダメ

 

まず僕は最初は地元の軽自動車協会に行って車のナンバーを変えました。ちょうど僕の住んでいる地域の管轄でしたのでそこに行きました。でも別に日本全国どこに居ようとも、自分の本籍地の自動車協会に行かないといけないということはなく、予約さえ入れればどこでもいいしできますね。

 

ただひとつだけネックなのは自動車重量税の継続検査証明だったかな?

 

重量税を滞納していないという証明が必要なんですけど、これを今回はなくしていたので地元の市町村で発行してもらわねばならずに地元の軽自動車協会に行きました。

 

 

そこでまずはナンバープレートを変えてもらいました。ずっと鳥取ナンバーというのもなんだしいい思い出のあるところではないのでそれらを変えるためでもありました。ただ一つだけここでがっかりしたことがあります。

 

埼玉にはご当地ナンバープレートがないということを初めて知りました

 

ナンバープレートは3種類ほど有り、通常のもの、それか希望する番号を取得する場合、オリンピック仕様にする場合、それとご当地ナンバープレートです。

 

ちょっとウキウキしながらご当地ナンバープレートをお願いしますと受付の人に言ったら「埼玉にはご当地プレートはございません」という即答が返ってきました・・・

 

 

ここでかかった費用

 

 

ナンバープレート取得費用・・・1510円

 

 

重量税における住所変更の代行代・・・1000円

 

これは鳥取で買ったのでナンバーの住所が鳥取で、重量税の請求が来てたんです。それをカエル手続きをしてもらいました。正直行ってあの役場にまた電話をしたくなかったのでやってもらったという感じです

 

 

 

ユーザー車検にかかった費用は正直言って激安い

 

ナンバープレートは自分で外して軽自動車協会の担当窓口へ持っていくということをしました。これが正直言って新鮮で、ドライバーの貸出もしていました。

 

なのでナンバープレートを帰るときは大きめのマイナスドライバーを持っていくといいですよ

 

さて、今度はユーザー車検にかかった費用を書いていきますね

 

 

法定検定費用・・・1400円です・・・!?

 

 

自賠責保険加入料金・・・21140円

 

 

重量税・・・8200円(消費税上がったし登録年度が古いからその分高くなってる)

 

 

 

そして今回は予備車検場に行って事前にチェックをしてもらったのでこれが今回の車検代に含まれるかどうかは個人で別れますが僕はいれます

 

 

テスター使用料金・・・5500円

 

 

前回のイエローハットの車検は8万円もしましたからね

 

 

 

ヘッドライトクリーニングは予備車検上と呼ばれるところでテスターという車検の時に使う機会の使用料だけでしてくれました。

 

 

今回使ったファイブチェックという予備車検場はすごく丁寧だった

 

さて、今回使ったところはファイブチェックという予備車検上。八王子にはともう一つ軽自動車協会に近いところが有りCRFという場所があります。もし検査に引っかかるようなら多少のパーツの予備在庫は置いてあるらしい。

 

 

ファイブチェックは従業員が全員女性のところでした。めちゃくちゃ丁寧に教えてくれて親切なところでした。ヘッドライトのビームの調整をしていると、何やらドライバーをボンネットを開けたところに突っ込んでガチャガチャ動かして調整していて、車から降りて手元を見たかったけど乗ってろ!みたいに注意されてしまいました。(笑)

 

 

 

結論として壊れた車のとって

 

これでも車検は通りました

 

 

ディーラーに余計なことを言われなくても住んだことが幸いです。

 

 

あとはウォッシャー液とかの補充をしなくては。。。

 

 

 

車を管理するって大事ですね

 

 

まだまだ続く

  • 大分の先輩 より:

    ブログアップ乙です

    ユーザー車検って
    激安いですね

    後部ドアの取っ手もアレで通るのは
    驚きです
    そもそも「検査項目」にないってことですよね

    あるいは
    あるけど
    あの金具の補修によって
    機能はしてるから合格ってことでしょうか?

    • is より:

      検査項目にないからだと思うよ。ガッツリ見られてガッツリスルーされたからね(笑)

is へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です