I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【無職でも空家が欲しいんじゃ!】秋田県の無料の空家を内覧に行ってきました!無料で買える空家が多数あるので狙って行ってきたけど・・・一歩遅かった

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

どうも、イズです。

 

ブログは結構久しぶりの更新になります。なんでかというと英検準一級のテストがあり、それがこの記事を書いている前日に終わりました。

 

今回はテイストを変えて過去問を重点的にやるということをして望みました!結果やいかに・・・

 

 

今回は英検の勉強の合間とひのはうすに滞在している最中に秋田県の物件を見に行きました。建物と土地がただで手に入るということだったので結構鼻息フンフンで行きました。実質土地と建物が司法手続きの所有転記だけの価格で買えるというチャンスでしたからね!

 

 

 

ではつらつら書いていきます

 

 

 

今回来たのは秋田県の五城目あたり

 

写真は秋田県五城目町の役場

 

 

西日本は大雨だったけど東北はいい天気

 

 

東京から車を飛ばして秋田県まで行ってきました。チャンス!と思ったのであえてフェリーの予約が始める前にわざわざ車を飛ばしていきました。これがなかなかイイ線までは行きましたが、空き家バンクでは先に利用者登録をしたものがち+内覧をしたものがちでした。

 

空き家バンクを使うときには自治体ごとに結構違いがあるんですけど、内覧をしない限り、家を購入するための交渉をするということができません。

 

これは主に広島、長崎がそうでした。

 

今回の秋田県の五城目に関してはそういうことがなく、結構緩い地域で、内覧中に気に入った物件であったら即買うことができる場所でした。そして、基本的に自治体で必要なのは

 

納税証明書

 

になります。これは既に僕は取り寄せて3通くらい持っています。気に入った物件があったなら即この証明書をおいて交渉権だけを獲得してしまうという僕の戦略です。過去大分の物件、広島の物件、秋田(直近)の物件はなんで、「じゃあ欲しいです!」って僕が言ったとき既に交渉を申して出てる人がいて、既に内覧も空き家バンクの利用者登録も住んでおり、交渉に必要な納税証明書を送るだけという人がいて、後発の僕はどうしても一歩遅く、買い逃してきました。

 

 

 

 

現地に行かないとわからない、売主の都合と家を手放したい理由と安く買える理由

 

 

写真は僕がその場で買います!って言った物件です。でも既に売主の方のつてでこの家を買いたいという人が申し出ていて、その人と売主が直接交渉を始めているところでした。役場の案内してもらった人は空き家バンクにアップしていない物件だということを言ってくれて、「こりゃ買えた!!」っていう予感がマックスであったんですけどねー・・・

 

 

この家の条件としては、

 

 

月4500円で賃貸+住んでくれたら無料で土地と家をあげます

 

 

っていうものでした・・・

 

 

家の損壊の状態としては2階のベランダが腐っていて、人が入ると落ちてしまうということ、あと玄関からチラっと見えましたが、少し玄関の正面のあたりが雨漏りしている?くらいでした

 

 

これくらいなら直せるし、転記にかかる費用で手に入るなら喜んで買うっていうのは当たり前ですね、今の僕にとっては。

 

 

そして地域の(特に秋田県の五城目とかの過疎地域に関して)空き家事情、特に空き家バンクを通すのか不動産を通すのか?というところに関してはちょっと複雑な事情があります。

 

 

基本的に過疎地というのは土地の単価が安いのでどうしても建物の値段が安くなりがちです。そして過疎地なので当然書いても付きません。ということは不動産会社を経由しても高く売れるということが望めず、安い価格で売りに出すということをせざるを得ないんです。当然不動産屋は両手(仲介することによって買い手からと物件の売主からのマージンバックのこと)で仲介手数料をもらえますが、売値が低いのでもちろんこの不動産屋がもらえる利益も低くなり、不動産屋もやる気が起きません・・・

 

 

っていう感じで過疎地では物件を売ろうにもなかなか売れないというケースが多いです。特に不動産屋なら多少は発信力や売れる見込みがあるんですけど、仲介手数料が高くとれず、取り扱うことができないと断れることもあります。

 

すると売主は困った挙句に「土地、建物つき、無料で差し上げます」っていうことになります。

 

 

 

 

無料だけれでも、条件としてはほとんどがボットン便所

 

汲み取り式のボットンはかなりマイナスだと思います。でも僕的には簡易水洗の様式に変えれば自分が使ったり済む分には問題ありません。あとは水回りのパイプがそのトイレに近いところにあるかです。簡易水洗に改造をするにあたって、水を引っ張ってこれるかどうか?

 

あとは汲み取り式のタンクであればそのタンクの容量です。簡易水洗にするとどうしても水を流す分、タンクのくみ取りの周期が早くなり、汲み取りする分の経費は高くなります。これはしかたないです。一回が2000円前後なんで気にならない出費といえばそうですが、ただシェアハウスとかで使うということになるとそうはいかないかな・・・

 

人によって水を流す量は違うので、人によっては次の人のために水を多量に使うでしょうね。ここらへんの見極めをしていきたいですね

 

 

で?秋田遠征はどうだったんよ?

 

 

 

ええ、惨敗でしたよ

 

 

なんでか既に交渉が地元の人達の中で進んでたからこっちだってどうもこうも太刀打ちできませんでしたよ。だってよそ者だからね。

 

 

 

 

だからもう一回大分に行きます

 

それをもうしないためにも気合を入れてまた7/6~空家を内覧しに行きます

 

そしてこの記事を書いている時に事件が!

 

 

交渉を先に入られていた秋田の物件になんとキャンセルが!!!

 

 

ちょっとこれはキープしていてまずは大分の方をさきにいってきます。即買いできるように納税証明書も忘れません。ちょっと動き回っていたことが噛み合ってきたようにも思います

 

 

 

秋田の旅のおもひで

 

鹿角というところにも実は家を見に行きました。ここは・・・ないなって思いましたけどね。その途中で寄った銭湯での景色。車中泊で言ったけど、車の中ってよく寝れるね

 

 

 

 

 

秋田県五城目のイオンにて。

 

どうやら秋田のたこ焼きは串に刺さっているらしい・・・

 

 

 

 

 

鹿角というところの道の駅で一泊しました。どうやらきりたんぽは八峰町ではないらしい・・・

 

もうどこが元祖来来軒かがわからないっていう感じです

 

 

ここ鹿角のお祭りは世界遺産なんだって

 

 

この道の駅はツバメの巣を大事にしている

 

 

 

 

でも中には何匹か落ちて死んでしまっているのもいる

 

 

 

 

お祭りのイメージキャラクター?

 

 

ちょっとガラの悪い秋田犬・・・

 

 

顔でかいな・・・

 

山車?がしまわれている倉庫が道の駅にはある

 

 

 

夜の道の駅は結構幻想的

 

fbt

 

写真はトイレ

 

 

 

 

 

 

中はこんな感じでまだ新しい

 

 

 

 

ここの自販機はなにげに高いけど美味しい。キャラメルマキアートは2杯飲んだ

 

 

 

 

Twitterでもつぶやいたけど、小便器を顔で表現するとこんな感じ

 

 

 

秋田の物件は家のすぐ裏がスキー場というなんとも贅沢。冬場働けそうにはないかな

 

 

リゾバよりはこう言うひっそりとしたのがいい

 

 

 

 

秋田から田沢湖?を一直線になんかしてかえるあ帰ってきました。この道はまた走ってみたい道です。なんせダムのそこから生えてる木が綺麗。いい景色でした

 

 

また大分で物件を見てきます。交渉権は渡さねぇぜ!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です