I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【素人DIY】スズキエブリー62V 軽貨物車 5MT 車のミッションオイルを頑張って変えてみた時の記録

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

どうも、イズです

 

最近はイベントが盛りだくさんでブログの更新が滞っていました。大分へ空家を見に行ってみたり、なんか朝散歩していたら10兆円起業を作るとか日本を食わすとか、元は蘇我入鹿の子孫?だったかな?伊勢神宮に喧嘩売ったとか自称年収2000万だとか・・・そんな事を言ってくるおっさんの車の助手席になんか乗せられて空家を2000千万でかうとかetc・・・

 

そんな起業コンサルとして企業下とか言いそうな恥ずかしいおっさんの車の助手席で話を聞きながら朝飯だけ集ることに成功しました(笑)

 

まぁ、ここ檜原村は結構下心なのか野心なのかわからないモノを持った人達が集まっているので退屈しません。のちのち書きますが(笑)

 

 

今回はとうとうシフトが入りづらくなってきたので初めてのギヤオイルをかえました。なんか入りづらいということは薄々感じていましたが、ゴリゴリシフトレバーを動かすと音がしだしてました。記憶にはギヤオイルを変えたということはないです(;´Д`)

 

ということは駆ってからはや4年、もしくは前のオーナーがちゃんと変えていなかったと考えると、12万キロ走ってようやくギヤオイルを変えるということになると推測されます。

 

なので急いで大分への空家買い付けツアー第二弾の前にオイルを変えないといけません。

 

 

久々に愛車エブリーちゃんのために奮闘しました

 

 

 

 

最初はイエローハットでやってもらえると思っていた・・・

 

最初はもうめんどくさいのでお金を払ってイエローハットでやってもらおうと思ってピットに行きました。するとピット係のお兄さんの衝撃の一言が・・・

 

すいません、最近シフトのは入りが悪いのと、ギヤオイルを変えた記憶がこの車を買って以来ないんです。下手したら前のオーナーも変えてない可能性があるので早く変えたいんですが可能ですか?

 

お兄さん

いいですよ、作業工賃かかりますがよろしいですか?

 

はい。

 

 

数分後・・・

 

お兄さん

 

あの~・・・

 

ギヤオイルの粘度がわからないのでできません

 

 

?????????

 

お兄さん

 

年間違ってシフトが入らなくなったとか言うとまずいのでうちではできません、すいません

 

 

(き、期待させやがって・・・)・・・

 

 

後日、時系列は秋田の物件を見に行った時に戻り、秋田から帰ってくる最中に寄ったスズキのアリーナのサービススタッフの人に年度のデーターを印刷してもらいそれをもらって帰ってきました。

 

 

そしてようやくギヤオイル交換DIY始まります

 

 

 

スズキエブリー62V のギヤオイルは75W-90GL-4がスズキアリーナは推奨

 

 

写真は粘度はあってますがグレードはあっていません。でも粘度さえあってればいいやって感じで入れました。今までエンジンオイルの失敗からいろいろやってきて、粘度さえあっていればとりあえずのところは動きますし、グレードは気にしないようになりました。いろいろ自分でやっていくって大事ですね

 

 

このエブリーちゃんも12万キロを走っています。なのでオイルに関してはちゃんと変えていこうと思いますし、今回ギヤオイルを変えたことでデフオイルも変えていけるということに気づきました。なのでまた出来ることが増えた感じです

 

 

 

まずは準備

 

シビアを通り越したコンディションで乗っていたので早急にオイルを変えてあげなくては行けません

 

 

まずはオイラーというモノを用意しました

 

これはホームセンターで100円くらいで買いました

 

 

そしてちょっと注ぐ口が長かったので切りました

 

 

車のしたに先に潜って確認したからなんですけど、ギヤオイルを入れる場所が結構窮屈なところにあって、あんまり注ぎ口が長いと注ぐために必要な角度がつかないから注げないんですよね。だから切りました

 

 

前輪をかさ上げして

 

 

これらを揃えました。

 

最後の錆止めは、毎年言っているスキー場の影響でサビがひどいシャシーに塗ります。後はアルミテープは媒体の一部が演歌るで剥がれかけているのでそれらをつなぐために買いました

 

 

 

 

 

では早速変えていきます

 

 

まずは車体のしたに潜り込んでギヤオイルの注ぎ口、抜くドレインを探します。

 

 

 

 

一枚目のこっちがレベルと呼ばれる、ギヤオイルを注ぐ場所になります。ちなみに僕の車はスズキエブリー62V、軽貨物車。この場所は車の助手席から潜り込んで写真を撮っています。正直ジャッキアップポイント全部を上げないときついですね。。。

 

 

こちらがどれんボルト。ホームセンターで売ってるレンチで外せます。そして僕はやりましたが、 このボルトは取ると高確率でボルトをポイパックの中におとします (笑)

 

 

 

別アングルからレベルのボルト。

 

 

ドレンがこちら

 

この間にお湯をケトルで沸かし、入れる新しいオイルを湯煎して温めておき、注ぎやすくします。オイルの粘度が高いためです 。

 

 

ここでつかっている じょうごは100均の料理用品が置いてあるところで買ってきました。

 

 

オイラーに温めてあったオイルを入れます。粘度の割にサラサラ入ってくれてありがたかったです。常温でも結構入るのでは?って思ったので今度は常温でやってみようと思います。

 

 

 

下に潜り込み注ぐとこんな感じです。もうちょいノズルを短く切っても良かったかな?っていうくらいに狭い・・・

 

写真株に僅かにオイルがのこていますけど、オイラーの中のオイルを全部注ぎきるということができずにもったいないです

 

 

 

あ、漏れてる(笑)この記事をかきながら写真を見て気づきました・・・

 

1リットルを三回に分けて入れました。最後までオイルを入れるのが苦労したのでオイラーまた買おうか考え中。

 

この車のレベルを撮る前のボルトなんだけど、このボルトは締めすぎるとガチガチで取れなくなるくらい閉まってしまうようです。理由はわかりませんが。それにしてもオイルが漏れるくらいに緩い締め方だったんでビビりました。

 

 

どれんボルトはパーツクリーナーで洗って占めます。多分、内容量は1.2リットルなんですが、おそらく少し足りないくらいの量かと思います。(意外とこぼしてたから・・・)

 

デフオイルを変えるときに継ぎ足そうかと思います。

 

 

最後に媒体?触媒だっけな?あマフラーのカバーが腐って剥がれているのでアルミテープで巻いて終わりです。

 

オイル抜くとか結構写真が撮れていなかったのでここで一部始終を見てくださいね。

 

今回使ったもの

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です