I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【スズキエブリー62V】みんカラでよく見るエブリーの燃料系の不具合。満タンに入れてもすぐに半分になったりする原因は「抵抗が大きすぎるから」

どうも、イズです。

 

今日は昨年から気にかかっていた俺の愛車、エブリー62Vの修理の方向国をしていきます。

 

 

昨年、長野の野菜のカット工場で働いていた時、どうも車の調子がおかしいということでスズキのディーラーに持って行きました。すると見積もりは11万円以上もするものでした。

 

 

 

 

てっきり11万の出費を早々にしなければいけないと思いきや、それが必要なくなったことに歓喜していました(笑)

 

 

そして今回はおよそ2万円弱で車が直せたことは大きいですね!

 

 

なので今回の修理下部品を写真でアップしておきます。

 

 

 

 

今回の修理は燃料計の交換、給油口あたりのボムパッキンだけで済みました。上記の写真が正規品の部品番号です。スズキの純正部品って個人で買えるのだろうか?

 

 

 

 

給油口の?ゴムパッキンはカピカピの乾燥ゴム!危うく燃料が漏れるところだったとエンジニアに言われた

 

 

 

これが原因の燃料系。通電をチェックしたら、F付近とE付近しか通電しておらず、その他の部分は抵抗が大きく、通電していないということが分かり、交換が必要ということを説明してもらいました

 

 

 

燃料計ってこんなにちっちゃいのか~とか思いながら眺めています

 

 

でも何はともあれエブリーちゃんが走れるようになって何よりとお金の節約ができてほんとに良かったです。

 

さて、またDIY記事に次から戻ります

 

 

まだまだ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です