I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【直島散策】リゾバで訪れているアートの島、直島を散策してみた

 

 

どうも、イズです。

 

そろそろ11月に入り、もう少しすると海苔猟も本格的になってきます。忙しくなってくるらしいのでその前に更新できるものはしておこうと思います。

 

さて、アートの島と呼ばれる直島に来ています。

 

ほんとに島中アートです。残念なのは黄色い小さいかぼちゃがここに来る前に台風で流され、割れてしまったらしいです。動画にもアップしましたが、本来あったはずのとこにないです。。。あの黄色いかぼちゃが。

 

 

いろいろ散策をしてみた写真を雑にまたアップします(笑)

 

 

 

アートに関しては本村という宮浦から反対側の方が面白いものが多いと感じる

 

 

直島自体はそれほど大きい島ではなく、歩いても2時間か3時間くらいでほぼ回れてしまう位の島。海苔の仕事が忙しくなる前は午前中で終わったりもしていたのでその時に歩いて見て回ってました。

 

距離はないのですが、勾配がきつい地形ですので車か電動自転車で回ることを勧めします。今ではなれましたが最初はきつかった。。。

 

 

宮浦港の方が飲食店やカフェは多くある印象でしたが、本村方面の方が実はお店は多めかもしれません。歩いて回っただけの雑感ですけどね。入り組んだ細い路地のとこにお店が連なってあるので本村の方がおすすめ。いろいろな遊び心のあるアートがありました

 

 

GO TO EAT 券をもらったので島ピザを食べに行きました!テイクアウトのスペアリブは絶品!でした(^^)/

 

 

 

 

せとうちレモンというジュースがあるということもこの店で知る。

 

 

本村エリアは漁港近くの場所

 

 

 

単純に家の壁や板にこのようなアートが書かれています

 

 

 

板の色とペンキの白がいい感じです

 

 

 

 

ほんとに黒電話が置いてあるんですよ。どこかにつながるかは・・・

 

受話器を取ってみてのお楽しみです。

 

 

 

入り組んだ路地に入っていくとこういう壁画やいろいろな遊び心のある家があるのでついつい迷い込むというかずんずん奥に来てしまう。

 

遊び心がほんとにあってユーモアがある街並み。

 

 

 

宮浦から本村までベネッセハウスを超えて頑張って歩いてくると海岸沿いをあることになり、かなり前に使われていた漁に使う資材を置いておく倉庫だったのかな?そんなところがあります。コンクリートで作られた小屋があります。

 

 

 

ここは最初どうやってここまでいくのかわからずでした(;´・ω・)

 

 

 

引き潮だとここに来やすいですね

 

 

 

 

愛媛のみかんアルバイターに行ってた時に思ったけど、なんか海っていいんですよ。山のスキー場に結構言ってたけど、なんか山は息が詰まるんですよ。解放感がありますよね、海って

 

 

 

直島は結構猫がいます。毛が生え変わるのか、シラミでかゆくてかきむしってこのようになってしまった猫なのかわかりませんがこんな奴もいました。基本野良でも毛並みのいい猫が多いですね。

 

 

 

中には巨大なゴミ箱も作られている。これは作品でごみを入れてはいけないんだって

 

 

 

宇野港へ買い出し。

 

船に乗る機会がかなり増えました。

 

忙しくなる前にもう一度年内の買い物を済ませるために車で宇野港へ出るかどうかを迷っています。車があると結構詰め込めるのがいいですよね。高いんですけど仕方ないです。

 

 

宮浦港側の景色

 

やっぱ海はいい

 

 

家プロジェクトというものもあった。これは神社を?リフォームしているところらしい。あいにく雨模様のが残念だったけど、いろいろ見て回れた。特に水晶っぽい階段があって、完成したら豪華だな~って思いました。

 

 

 

あと直島をじっくり歩いてみるとカニが多い

 

 

新月の夜とかはカニが海から一斉に上がってくるのかもしれない

 

 

そしてうどん県といわれる香川県のうどんを食べた気になっていたけど、岡山側の丸亀製麺を食べてうどん県のうどんを食べた気になっていたことになんか罪悪感がありました。

 

ってなわけでまだまだ出稼ぎは続きます!

都会の暮らしに疲れた人

引きこもった状態がつらい人

生き方で悩んでいる人

ブラック企業で磨り減ってしまった人

そういった人たちの人達のための何もしないをやりに来る場所、「ソトゴモリぷれいす」を作りたい・・・

 

 

資金不足で今年は頓挫しましたが、来年こそはオープンします!!

 

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です