I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【リゾバで直島海苔漁師バイト!】離島生活の雑感まとめを書いてみた

どうも、イズです

 

 

今は直島にてリゾバしてます。いつものサイクルですと、愛媛のみかんアルバイター⇒スキー場という流れを今年はやめています。コロナの影響の中でリフト係りとして接待業をするのは

 

  • ゴンドラなのに規制が入る(人数)からめんどい
  • 客が一人でゴンドラに乗りたがる(他人と乗ってコロナに感染したくないとかほざく奴が多すぎ(`・ω・´))
  • 「マスクしてしてください」の声がけがめんどい。「ああ、もってるよ」という客の返事が頭に来る(着用しろって言ってんじゃん<`~´>)
  • 消毒のアルコールをいたるところでやりすぎて手が乾燥しまくる
  • 一人用の乗り口で他人同士で相乗りになると客がもめ出すケースが多いからその仲裁がめんどくさい

 

ということが多々あったので精神衛生面に悪いのと今年はコロナでスキー場が営業停止になった時のリスクを懸念して冬のリゾバは様子見しています。まぁここまで緩和とワクチンの接種が進んでいますので、去年やおととしのように営業が停止になるということは考えにくいですけど何らかのトラブルは起こり得ると思います。

 

なので今年は四国にてリゾバして来年のソトゴモリぷれいすオープンのための資金をためておきたいのとそれなりに安定している季節のバイトである必要があるためです。

 

 

というわけで今は直島の離島にて暮らしていますので離島暮らしで気づいたことを書いていきます

 

 

 

まずはここ直島は高松と岡山にフェリーで行くという選択肢がある

 

ここ直島は香川県に属しています。

 

フェリーでは岡山県側か高松に行くかの二択になります。ほかのものとしては犬島とか小さい島に行く高速小型船がありそれに乗っていくようになります。

 

 

一応生活に密着した情報ということを軸に書く事を選んでいきます。

 

 

 

直島で暮らしたら岡山の宇野港に行くことのほうが多い

 

まずは岡山側から

 

 

基本的に買い出しは宇野へ行くのがベタ。なんでかといえばフェリーの往復料金が安く,徒歩であれば往復で600円でお釣りが来るくらい安いです。さりげなく冬眠割りが使えるというのもお得です。

 

 

直島側から往復券を買おうとすると必ず「住民の方ですか?」と聞かれます。そのため住民割引価格の往復券を買うことができます。これは宇野港、高松側の両方に使えるのでお得です。でも20円くらいしか安くなりませんが、無いよりは遥かにマシです。

 

 

そして岡山県の宇野港には主に、エブリ(新鮮do)、ひまわり(薬局)パチンコ屋、郵便局、ヤマダ電機、エディオンなどが買い物に行くスポットです。

 

 

そしてコンビニやディスカウントストア、ドンキホーテや業務用スーパーといったものは車や電車で移動しないといけないです。でも宇野港周辺で買い物は事足ります。

 

 

 

いろいろ書いたものがあるんですけど、歩きでは・・・それほど買い込むことはできずで、2週に渡って買い出しをしてきました。

 

あと絶対的な利点としては「フェリーの本数が多い」という点です。朝早くに行ってもいいし、惣菜の半額を狙って遅く出ても宇野港発の最終便で戻ってくることができるということです。20時台のフェリーで帰って来れるので半額の惣菜は十分に狙えます。

 

基本海苔漁師のバイトは6日勤務1日休日なのでそれほど時間はないので、これくらいでいいかもしれません。

 

 

あと宇野港側では、マスターカード、visaカードが主流でjcbカードは使えないところが意外とあるので気をつけてくださいね。新鮮doは使えず、買おうとしたものを全て戻すということを一度しています・・・

 

 

 

高松側

 

 

高松側へ行くことのデメリットとしては

 

  • フェリー代が高い
  • フェリーの本数が少ない

 

という二点です。

 

ただ個人的には高松側の方が面白かったり、休日の息抜きになると思います。

 

 

個人的にですけど、決定的に違う点は「マルシェ」が開催されているという点です。

 

高松はフェリー乗り場と駅がちかく、高松のフェリー乗り場の近くにいろいろなイベントが催しされる広場あります。そこで季節的に開催されるで店のイベントは歩いてるだけで楽しいですね。

 

 

こういう写真を撮ってこないのが俺なのでご容赦ください

 

 

 

 

高松はおそらく今の日本で一番景気が良くなっていく可能性が高い場所ではないでしょうか?

 

実は直島を含め、移住者が顕著に増えているのが高松です。直島だけでもかなりの移住者がいるんですね。

 

それと駅前の駅ビルも建設中ということに驚き!

 

今時そんな建設をしている県はどこかあるのでしょうか?

 

移住者が香川県に集まる理由ってなんでしょうね・・・気になる

 

 

さて、話は直島で暮らす上でのメリットデメリットに戻りますが、高松側は業務用スーパーがあります。少し歩きますが、安く買いたい、いろいろなモのを見たいということなら香川県側ですね。

 

 

ただ、少し距離があるので時間に余裕がないと洒落にならないんです。

 

 

JR香川駅の中を歩くとかいろいろ面白いところがあるのは事実。それならもっと快適に見て回れる足が・・・

 

 

自前で自転車を持ち込むことをおすすめしますね。自転車なら特殊手荷物扱いでそれほど高くなりませんので。車を持ち込むと、高松側は往復で1万円かかってしまうので出稼ぎ中にはおすすめしません。

 

 

観覧車がフェリーから見えるので、そこに行きたいならおすすめしますが。。。

 

 

 

 

直島暮らしの雑感まとめ

 

 

まず前提になるのが、島を出て買い物するならフェリー料金+アルファということを頭に入れないといけません。直島にはセブンイレブンが一軒、生協が2件、内一軒は早めに閉まってしまう+宮浦からはかなり遠い(元々はデイリーヤマザキ)

 

そして物価は高めです。特にアルコール類はかなり高いです。セブンイレブンの独自ブランドのBREWですら20円くらい高かったですし、ほかの菓子パンなども10円ほどは高いです。

 

若干ながら、高めの物価と飲食店はありますが観光客向けで高いです。

 

あと車持ちならガソリンは+20円は見ておいていいでしょう。値段が書いてあるガススタンドはまずないのでここら辺はわかりませんでした。

 

 

でもまぁ、散々高いと書きましたがそれほど響くことってないですよ。毎日なにかしら買いあさってたり、缶ビールを週2,3で2本くらい買っていたとしたら響きます。

 

あと買出しに行ったら卵や紙パックは変えませんので、生協とかで買うことになります。

 

 

節約は考え方次第でできます

 

 

直島で外食してしまうと・・・厳しいですけど。

 

 

要はやりようですね!

 

 

 

都会の暮らしに疲れた人

引きこもった状態がつらい人

生き方で悩んでいる人

ブラック企業で磨り減ってしまった人

そういった人たちの人達のための何もしないをやりに来る場所、「ソトゴモリぷれいす」を作りたい・・・

 

そんな思いで出稼ぎ中!

 

 

出稼ぎ前に割れた窓を直しました・・・

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です