I'z log ~イズログ 人生をイージーモードに

雇われすぎず、働きすぎず、食うために生きない。生きるついでに食っていこうよ。だって腹減るじゃん的な生き方をするブログ

【リゾバ終わりました】長野県のスケートリンクでのリゾバ終わりました!ただいま岡山のギークハウス真庭にて潜伏中です

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

さて、更新が一ヶ月以上飽きましたね。イズです。これまではなんか無気力でした。というのも、真庭に着いた途端に真庭の人たちにみかけられては酒を奢ってもらっていました(笑)

 

なんか今までを振り返ると、なんかやらないとなんかいけないという感じがあって、自分に何かしらを課すということをしていたような感じでした。35にもなり、ぼくはヤングハローワークに通うということができなくなりました。だから立派な人生が詰んた、正社員にも戻れない人生の負け組になりましたよ\(^^)/

 

でもなんか胸中に何となくの不安はあれどそんなに不安がないですね。っていうのは嘘ですが、結構それなりに抜け道ってありますよ?

 

っというわけで?先月、8月の末まで長野県は野辺山でアイススケートリンクの製氷という仕事をしていました。結構ニッチな職歴が追加されましたね。でも今後の人生では全く役に立たない・・・のかな?でもリゾバで今後来る人もいるであろうことなんでちょっと書いておこうと思います

 

 

■長野の野辺山というスピードスケートとフィギュアスケートの聖地でのバイトはこんな感じ

 

リゾバでここに今年来ました。使った会社はアプリです今では会社名がダイブに変わりました。今年の1月と2月はウィングヒルズリゾートでスキースキー場バイトしていました。リゾバのいいところは一回登録してしまえばもう面接とかもいらないということでしょうか。結構職歴がもう加算で加算で仕方がないので面接とかめんどくさいという人はこういうところを使ってみてはいかかでしょうか?

 

僕がここ長野の野辺山に来た時は50代の人もリゾバでいました。なのでリゾバって20代の人しかできないと思いきや実はそうではないということを分かってきました。このブログの趣旨としては季節労働を見つけてそれを一年のサイクルで回して自分の収入源を作るという二足のわらじを根底に置いて生きていくということなんでそれの参考になればと思います

 

 

・仕事時間

繁忙期、おもに5月のゴールデンウィーク、7月から8月までの期間で変わってきます

 

早番→朝一の利用団体の開始時間から逆算して1時間くらい。僕がいた時の早番担当の人は朝の3:30とかか結構ありました。朝一の利用者の人たちはなんか5:30とかありましたからね。結構早いですがその分午後の時間は余裕があります

 

日勤→9:00から18:00固定。

 

遅番→一番最後の利用者団体の利用時間から逆算して9時間を引いた時間が出勤時間になります。一番遅い時は深夜の1時とかありました。結構遅くまで滑ってる人いますね。

 

それと遅番のネックとしては風呂に入れる時間が読みにくいというところがあります。ここの浴場の利用時間が23時までなんでそれまでに入らないといけません。そして遅番の欠点としてはこのお風呂の時間に入浴できないということです。ぼくはおもに遅番でしたが、中間製氷というザンボニーを乗る時間ないのを見計らって入っていました。風呂に入って仕事に戻るっていうのは正直言ってストレスでしかなく、ここらへんが辛いところです。

 

 

・業務

 

スケートリンク内のごみ捨て

スケートリンクの維持と管理(遅番は氷の厚みを出すのに必要な時は水をまく)

リンク内の掃除

というのがアプリの求人の内容だけど実際はもっとマルチに働きます

  • 宿泊施設の客室清掃(人手が足りないとき)
  • 施設周辺の草刈
  • 施設ないの電球の交換(ぼくはこれ一番嫌いでした。だって鉄パイプを切ったやつを脚立のあしにつけて高さを出すとかありえないでしょ)
  • 車検の切れた軽トラでゴミ捨てとかいろいろやる笑
  • 4月くらいはここは編成風が強くて周りは高原野菜農家の農地になっているために砂嵐がすごいです。お客さんの送迎用のハイエースの車の掃除、送迎用のバスの掃除も然り(砂を取る)

 

 

後はメインのザンボニーのメンテナンス。これが結構難しい。特に氷の表面を削るブレードの取替が難しい。二人いないとダメと思います。でも他の人はひとりでもやっていました。

 

リンクだけと書いてあるけど実はリンクの外でも結構いろいろやります。

 

 

 

■でもこの製氷って名誉あると思いきや幅の広い雑用的な側面もある

 

製氷という仕事ってとういうもの?っていうと、僕なりにわかりやすく言うと、野球で例えるなら、5回の裏が終わったらグラウンド整備が入りますよね?グラウンドキーパーと言いますが、それのアイススケート版です

 

 

上の写真の機械を操りつつ氷を製氷します。製氷というのはスピードスケートか、フィギュアスケートの試合とか大会で荒れた氷の表面を削りつつ、その削ったところに水を入れてその溝を埋めて平らにするということです。実際はなりませんが。

 

ここ野辺山のスケートリンクの特徴としては、フィギュアスケートとスピードスケートをごっちゃまぜで予約を取るという珍しい運営方法をしていることが挙げられます。ぼくは野球出身なのでスケートのことはわかりませんが、基本スケートリンクという施設はフィギュアスケートの団体だけしか予約を入れない日とスピードスケートだけの予約の日を分けるんだそうです。でもそれをここはごちゃまぜで予約が入るんですね(;´д`)

 

だからフィギュアスケートの後、スピードスケートの団体は滑りません。

 

というか結構危ないんですね

 

なので結構削れと言われますが、ザンボニーという製氷車で削れるのはせいぜい2ミリが限度です。これ以上刃を表面に喰い込ませて削ろうとすると逆に引っかかりすぎてザンボニーが動きません。なので結構どうしようもないとしか言いようのないバイトかもしれません。フィギュアスケートの上級者、中級者クラスの人たちは2センチとかを平気で削っていきます。特にジャンプをする団体の競技者の人たちは脚力があるのでジャンプの時の踏切と着地の時に深く氷を彫り込みます。この溝が半端じゃなく深い(;´д`)

 

製氷ということ自体は稼働して15分か30分です。利用団体の間の製氷、要はグラウンド整備の時間のようなものがあり、それが15分ないし30分あります。その間なんで、製氷という仕事の名目の稼働時間は一日の間ではせいぜい2時間から3時間くらいでしょう。

 

その間は待機という名の仕事になります

 

おもにはリンクの施設ないの掃除がメインになりますが、女子トイレは結構時間がないのでやりづらいですね。なんせ男手しかないので夜の最後の利用者が終わったあとにしかやるタイミングがないです。

 

後はなんかここの場合は溶接をしておいてとかいろいろいわれるので結構焦ります。溶接なんてきいてねぇよって感じですね。リゾバの求人の内容にありませんもん。ここ野辺山で働くとDIY力はつきますね、確実に。

 

それと製氷の求人ってカナダではポピュラーなものですね

 

indeedで「resurfacing zambony」と検索してみましょう。意外と出てきますし、カナダにワーホリ行く前にここで職歴を作っておくとカナでも製氷の仕事ができる可能性は正直言って高いですよ笑

 

 

indeed canadaで見つけた製氷の求人の内容を貼っておきます

 

 Aviator Sports and Events Center, a premier sports and recreation complex which includes a 175,000 sq. ft indoor facility featuring state-of-the-art ice rinks, a 15,000 sq. ft gymnastics center and rock-climbing wall, wood floor basketball courts, nine party rooms, along with a food concession, golf putting range and golf course is currently looking for motivated, friendly and hard-working individuals to join our growing team.    We are currently searching for full-time Zamboni/Olympia Drivers and Ice Resurfacer.

 Ice Rink – Maintenance – Zamboni/Olympia Driver
  • Responsible for operating and driving the Zamboni ice resurfacing machine, edge conditioning, and other motorized equipment
  • Maintain accurate records of ice cuts, blade changes and preventative maintenance
  • Close the ice rinks after schedule games and public skating to ensure that staff and hockey team are off both sheets of ice
  • Responsible for cleaning ice during public skating sessions and during hockey games.
  • Performs custodial work in offices and building interior/exterior to include sweeping, mopping, waxing and polishing floors using industrial vacuum cleaners, and scrubbing and buffing machines
  • Event set-ups and breakdowns when necessary
  • Communicate regularly with maintenance staff about repair and maintenance needs on all equipment and assigned jobs.
  • Relate to public and to customers in a professional, courteous and respectful manner, appropriately responding to complaints.
  • Assist with sweep outdoors and removing snow or perform other incidental seasonal tasks.
Qualification/Requirements:
  •  Willing to work as a team player
  • Experience working and operating a Ukko or Olympia Ice Resurfacing Machine
  • Excellent Customer Service skills
  • Able to lift 25 lbs without any limitations
  • Knowledge working with facility equipment
  • Must be able to work flexible schedules including weekends, nights and holidays.
All qualified applicants will receive consideration for employment regardless of race, color, religion, sex, age, national origin, or disabling condition.
まぁ、ざっと見ると、やはり拘束時間が不規則ですね。それと海外の求人あるあるですけど、時給が書いていませんね笑
オーストラリアワーホリの時もそうでしたけど慣れました。
なので実際は製氷だけではなくて、ザンボニーの手入れ、ブレードの交換やその施設の維持と管理と施設の開け締めです。それでいて、時間通りに製氷ができないとダメという結構立場弱い割に技術的な、職人的には高度な要求をされる仕事です。多分やるならカナダの方が楽いかも?深夜一時まで滑りたい人たちはおそらくいません(;´д`)
アプリ(株式会社ダイブ)はたらくどっとこむではこの製氷の仕事を2019年から扱い始めたので営業担当もわからないようです。(だってニッチすぎるよね・・・)そして仕事の時間は繁忙期と閑散期でかなりのギャップがあります。
特に5月のGWの営業が終わったあとには一年の氷を溶かして新しい氷を作るという解氷と製氷という作業があり、これは24時間ずっと水をまきっぱなしという過酷な作業です。僕がいた2019年3月から8月までは人手が3人いたので交代制ができましたが、この前の年は人手がいなかったために結構ひとりあたりの残業時間が長くなっていました。
まぁ、リゾバのお金的な話をしていきますね

■稼げるかどうかはその時期による

 

上の写真は歴代の製氷係が残していったという作品です(笑)

 

溶接したりいろいろ直してとかDIYに必要な工作力はここではついてきます。それとちゃんとお金も貯まりますよ。

 

一応閑散期はそんなに仕事がないので期待はできません。3僕が来たのは3月の後半です。いろいろ駐車場の雪かきやリンク回りの整備、冬の準備で出したものを片付けることや、宿泊棟のベッドの入れ替えや施設の掃除など結構やることはあります。スケートの閑散期は12月から2月までで、この期間は僕ならスキー場に行っています。閑散期は8連休とか入ってしまうので、(調理場は入るって言っていました)これは自動的にリンクも予約は入りませんのであります。

 

 

稼ぎたいなら4月から8月までいるというのが僕個人はオススメです

 

 

その理由はこの二つです

 

 

1 まずはザンボニーの操作に慣れるという課題がある

 

 

僕がここに赴任したのは3月の25日です。予約はなく、ガラガラでしたが、この期間を利用して、ザンボニーを乗り放題で練習できるということができました。乗ってみると、求人では運転免許があれば大丈夫と言っていましたが、正直言ってそのレベルではないです

 

なんせ、氷の上を走るのですべるすべる。この時は今までやっていた正社員の人がいたのでその人の運転を目の前で見て、実際に指導をしてもらって出来ましたが、今はその人は一身上の都合で退職しています。現職の人に教われたというのは正直言ってでかいですね。

 

その人いわく

 

「氷を感じるんだ」

 

って言われましたが、イニシャルDでない限りむりっす(;_;)

 

マリオカートで言うならバニラレイクを実際の車で走っているかのようで面白いほど滑ります

 

そりゃ氷の上ですからね。この車両感覚を磨くのに、繁忙期に来てザンボニーが運転できるかというとそうではないです。15分ないし30分に二回入るという、一回の製氷は15分なんでコースを全面走るというのに15分で走りきるということを練習してからではないとはいれないっていうのが現実です。

 

 

意外と敷居の高い仕事かもしれません

 

 

■仕事の時間が夜遅くまであるので深夜割増がつきやすい

 

 

 

遅番は夜の0時くらいまでかかることがほとんどです。

 

基本的に最終の利用時間に1時間半を足したくらいが遅番の終了時刻です。なので深夜割増つくのでここらへんはちりつもで大きくなります。解氷と製氷の間の夜中の放水もこれになります。後は結構リゾバの中でも待機が多い業務なの身体的なしんどさはさほどないものと僕の経験上は言えます。

 

後は臨機応変佐賀モノを言うかもしれません。

 

7月と8月は遅番と早番は残業が加算できますのでここらへんが稼ぎどきかもしれません。前の人も言っていましたし、ここを過ぎると夏休みのシーズンが終わるので通常の8時間に戻ります。

 

 

後は利用団体の使用時間によりけりなんで拘束時間が長いですここらへんがネックでしょうか

 

 

 

後は住んでいる寮は夏はエアコンがないので結構きついですね(;´д`)

 

 

3食無料なところでしたのでここらへんは大きいですね。後はいかんせん山間部なんで車がないと休みの日がどうもこうも時間を潰すことや気分転換ができません。ここが注意事項ですね。

 

 

リゾバの中でも珍しいものと思うので是非一度はやってみてください。くれぐれもここに赴任する時期は4月か3月を選んで8月くらいまではいるようにしたほうが無難です

 

長野 製氷で検索すると出てきますよ



広告

  • 大分の先輩 より:

    >現職の人に 襲われた というのは正直言ってでかいですね。

    >臨機応変 佐賀 モノ を言うかもしれません。

    変換ミスもなれると面白いね

    なんか別の意味っぽい

    DOですか?エンジンかかってますか?
    明日の元気は今日の元気!
    元気になりたきゃ、くそをしろ!
    お金があれば賄賂がおくれる
    人生二度あることは三度目はない
    手で思い、足で考えるんだ!

    さぁ迷ってる暇はない
    すすめ、来た道を・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA