海外に滞在する裏技!オーストラリアワーホリ中に資金を調達する方法!

Spread the love
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •   
  •  
  •  

 

これからワーホリに行こうとしている人へ

 

人生初の海外長期滞在はワーキングホリデーでした!フランス、フィリピンと行ってきて、オーストラリアに1年と11ヶ月滞在していました。でお終が必ず来るのが少し寂しいですね。ケアンズにいたならスキューバダイビングをせめてアドバンスドオープンウォーターまでとっておけばよかったと後悔しています・・・

 

SANYO DIGITAL CAMERA

オーストラリアワーホリアドバイザー 島田です!オーストラリアワーホリにおいてブラックボックスな部分が多すぎる!

 

そんなことを思っていませんか?

 

 

 

・エージェントを使わずに自力で渡航したい
・インターンをアリススプリングスでやりたい
・有給インターンって本当に稼げるの?
・ワーホリに行こうとしたけどネットの情報ではイマイチ現地に行った時の動きがイメージできない
・仕事をきめるまでどのようにすごすのか、シェアハウスを決めるまでの過ごし方、語学学校をどうやって決めたのか???
・ワーホリに行きたいけどどうしたら、何から初めていいかわからない・・・

 

 

そんなあなた、もしくは実際に渡航している人でこんなことで困っている・・・そんなあなたへ!

 

オーストラリアの英語の探し方、シェアハウスの探し方、車を買った時の保険に関して、オーストラリアワーホリのファクトリーJOB、マイニングの仕事のホワイトカードの研修が受けれる場所、アニュエーションの申請の仕方、確定申告の仕方、など渡航から帰国までのことを僕の実際の経験から書き下ろした無料PDFを作りました!

 

ダウンロードの自動化に成功したので欲しい人はどんどんとっていってね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーストラリアワーホリのすべてがわかる!無料PDFを僕の体験から作りました。実際に使ったホテル有給インターンや銀行座の解説すべき3つの講座など実践的な嬢が満載のPDFです!僕の体験から必要なところだけを抜いて自動でダウンロードできるようにしました!

そのほかマイニングの仕事のつき方やローカルの仕事場所のURLも載せましたのでぜひ手にとってみてくださいね!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

無料PDF⇒ダウンロードはこちら

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


2年目の確定申告

◆まずはとこう資金を切らさないための術をあなたに教えます◆

断片的になるけどね
ワーホリにおいて誰がどこにいようとも、どこではたこうとも必ずすべきこと

現地での確定申告

アニュエーションの申請(帰国後)これを軸として、いかに違法なオーナーのしたで働かないか?

その違法なオーナーを見抜く術をこのブログに書いている

確定申告をしていけば旅の途中で資金ショートをすることもなく(資金不足)快適にラウンドできるし、そのお金で出国後世界を旅することもできる
まずは渡航して働いたら、確定申告をすることをおすすめする
7月くらいから前年度の申請が始まるからその時期になったら思い出して欲しい

 

 

 

ケアンズで確定申告したら8000ドル弱の還付金げっと!!
確定申告初年度

 

税金が高い分過払い金も半端じゃないのがオーストラリア!還付金は本当に取り戻したほうがいい。

 

ひとつ条件があるんですが、

 

・キャッシュジョブという現金で給料が支給されるタイプの仕事をしている人は不可能ということです

 

単純に違法労働がバレちゃうから・・・

詳しくは下記動画にて

 

おまけ

 

 

◆オーストラリアだろうがフランスだろうがニュージーランドだろうが、全力で駆け抜けてきたワーホリは星の数ほどある

SANYO DIGITAL CAMERA

 

(キングスクリークステーションからヘリで出発する3時間くらい前、ほんとはずっとここにいたかったんだけど)

 

◆企業から見ればホリデーだけど、その人の人生にとっては重大な一ページ

 

僕自身は・・・ちょっと情けないことを言わせてくれないかな?もともとワーキングホリデーの帰国してからっていい話を聞かないことが多い。でも一部だけ、本当にいいワーホリになったというブログやそう言う人に出会うことがで来てる。

実際に僕の今の現実としてはニュージーランドのワーホリの資金を貯めつつ、工場派遣で働いている。英語を使う仕事につくというのがもちろんはじめはあったけどね。でもこんなざまです。もともとデスクワーク系の職歴なんてなかったから土台無理な話だった。こういった時にワーホリの後悔がこみ上げてくるんだけど、僕の場合はそうは思わない。

 

ワーホリに行こうとしていた当時は本当履歴書が嫌で嫌で応募の同期なんてかけなkった。生きていかないといけないから働かあせてくださいではどこも採用なんてしないよね・・・(^^ゞもともと青年海外協力隊に二回落ちてたからその埋め合わせでオーストラリアわーほりにいったんんだけど。

 

でもいま我慢して働いているのも、今後地味にスキューバダイビングをしたいとか思っているのはワーホリに行ったから何かしら生きる目標ができたと思っている。こじんてきにね

ワーホリにい行く前なんて自殺したいとか本当に毎日思っていたから・・・

 

でも生きていくきっかけをてにいれることができたのもワーホリに行ったからだと思う。結構ネガティブなワーホリに対する意見が多いけど僕個人的な意見はこんな感じ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その人がやってきたことがワーホリであり、それに後悔があってもなくてもそれが全て正しい

実際に僕は全部の年を回るつもりが、アデレード、メルボルン、タスマニア、はいけなかった

でもいいよ、それが僕のワーホリだったから
ワーホリって十人十色
そうでしょ?
別にファームが好きな人ならファームにずっといたほうがいいんだよね

僕の場合はラウンドがしたかったけど、車の処分がめんどくさく、仕事を追いながらラウンドを兼ねるということにした

資金のショートがなく、帰国後のことも視野に入れながらワーホリをしていた

ぶっちゃけて言えば出稼ぎ+ワーホリ!!だったかな・・・

でもこれを好む人はいないでしょ?
ある人は4ヶ月か3ヶ月ごとに仕事を終わらせてどっかに行って旅先で仕事を見つければそこにとどまってまた同じことを繰り返したり、ファーストビザで貯金をしてセカンドをとり、一旦虚空外へ出て、セカンドで入国してその後、半年くらい働いてラウンドする
本当にワーホリに関してはいろいろあります
実際にブリスベンで出会った人が語学学校しか行かずに、今は東京の神楽坂で英語の学校を立ち上げている
その人はワーホリビザで一年だけいるとだけ決めて今に至る
ワーホリは確かにネガティブな部分が多いけどワーホリでポジティブになれるかもしれない(その逆も然りなときも・・・)
実際にワーホリの中で何か目標や目的を見出す人もいるかもしれない

 

目的によって様々だし
保証がないから難点なのかもしれない
確かに帰国後のことを考えてワーホリをやめてしまう人も多いのも事実
それも懸命だし、堅実かもしれない
でも心のつっかえているものはそのまま残るよ

 

行って後悔する方を選んだし、今はその後悔はいい意味で前向きになれる”何か”になってるから僕はワーホリに行って良かったと思っている。この記事を見てワーホリに行こうか迷っている人は是非行ってみてくださいね
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
sponsored link
sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA